吹けよ風!打てよアレン!!

カープと趣味の日記

4/23 ●「これは実力」(カープ2018)

中日ドラゴンズ3-2広島東洋カープ

6回戦(カープ3勝3敗)

ナゴヤドーム

 

勝利投手 ガルシア 3勝

セーブ投手 田島 4セーブ

敗戦投手 大瀬良 2勝2敗

 

本塁打

(C)バティスタ2号①

 

先発、大瀬良は失策絡みなどで序盤に失点を重ね6回3失点。

打線は、「タナキクマル」の無安打が響いて2得点に留まる。

連日、接戦を落とし今季初の同一カード3連敗。

---------------------------------------------------

5連勝の勢いをかって、5連敗中の相手に表ローテで挑んだにも関わらず最悪の結果となりました。

ドラゴンズファンである私の知人は「奇跡だ!」と喜んでいましたが、私に言わせればこれはたんなる「実力」の問題です。

 

打線は、頼みの1番から3番までのいわゆる「キクマルタナ」が揃って無安打で、相手先発であるオネルキ・ガルシアはここを徹底的に抑えればカープは並以下のチームである事を改めて明らかにしました。

結局のところ、ここを除けばたいして打線に迫力も厚みもないという事です。

しかも、そこで起爆剤になる選手がいないのは、悲惨極まりない数字が並ぶ西川龍馬や、美間優槻や、まともに野球が出来るのかすら怪しい鈴木誠也が未だに1軍に名を連ねている時点で分かる事です。

こういう打線では好投手相手に対峙すると打ち勝つには至らないのは当然でしょう。

当初は逆転勝ちを演出し続けた打線ですがその勢いは完全に死んだと言えます。

 

投手陣に関しては大瀬良大地が、今日もまずまずの投球でした。

しかし、それでもせいぜいQSを守るのが精一杯のレベルの低い投球。

この大瀬良に限らず、今週は先発に勝ちがついたのが中村祐太のみという事実を見れば「良くてまあまあ、悪ければ徹底的に悪い」という先発しかこのチームにはいないという事がより鮮明になりました。

また、この3連戦で決定的になったのが先発の立て直しを待たずにリリーフ陣もかなり調子を落としたと言えるでしょう。

度し難い愚行により、チームの勢いを完全に殺した「戦犯」中田廉に限らず、とにかく信頼の置けない不安定な投手ばかり。

何より、この期に及んでまともな投球が何一つ出来ない薮田和樹のような投手が未だに1軍にいるのですからこのセクションもまた「下から上げるべき投手が皆無」という事が分かります。

そもそも、こんな疲れ切った投手を接戦の場面でマウンドに上げる理由が私には理解出来ません。

案の定、四球連発で、降板で危うく試合をぶち壊すところでした。

ベンチは「投げさせながら調子を取り戻させる」という意図があるようですが、そんなものは「水素水の効能」以上に非科学的で馬鹿げた考えに過ぎません。

本当に彼の調子を取り戻させたいのなら、彼が向かうべきはマウンドではなく由宇でしょう。

 

ところで、今日はその薮田の愚行の尻ぬぐいを見事に果たしたのがアドゥワ誠。

彼が開幕1軍と聞いた時は3者連続被弾というオープン戦での心証の悪さから「なるほど。そんなにこのチームは投手が育っていないのか…。」としか思えませんでした。

なので、この日記においてもさほど言及すらしていませんでしたが度重なる登板にも関わらず未だに自責点はなしと最近の予想外の活躍ぶりでそうも言えなくなりました。

結果的には、九里亜蓮などが抜けて空白になったミドルリリーフとして良い活躍をしてくれています。

まあ、明らかに投げすぎなかつ、体力も無さそうなのでそろそろ派手に打たれる予感もしますが…九里が戻ってくるまでは何とかこのセクションを守って欲しいものです。

4/21 ●「『逆転だけ』の限界」(カープ2018)

中日ドラゴンズ4-3広島東洋カープ

5回戦(カープ3勝2敗)

ナゴヤドーム

 

勝利投手 鈴木博 1勝

敗戦投手 ジャクソン1敗

 

本塁打

(C)バティスタ1号①

(D)モヤ1号①

 

先発、ジョンソンは7回に力尽きるも3失点と好投。

打線は序盤に2得点も中盤以降は繋がらず3得点。

8回にジャクソンが被弾し連夜の逃げ切り失敗で2連敗。

---------------------------------------------------

敗色濃厚の試合をことごとく拾って5連勝を果たしたカープでしたが、この名古屋では連夜の勝てる試合を落とす展開で2連敗となりました。

クリス・ジョンソンは前回と同様にずば抜けて良くもないが主戦投手としては悪くもない投球。

こういう投球が出来る投手が投げていれば、中盤以降に爆発が期待出来る打線がいる以上は有利な展開でしたが、相手のある程度の投球をされるとやはり苦しいもの。

珍しくプラトーンが決まって、あの野間峻祥がなんとあと本塁打1本であわやサイクル安打達成というまでの活躍を見せましたが、ことごとく後続であるジョンソン自身の酷い打撃で全てフイになってしまいました。

 

また昨日、結果的には半ば試合を捨てるも同然に「投げるガソリンタンク」こと中田廉を投入してまで温存したセットアッパー、クローザーでしたが、ジェイ・ジャクソンがあっさり被弾して意味をなさなくなったのも残念。

もっとも、だからといってこれが昨日の采配への批判になるのは単なる結果論。

確かに、投手を温存して大切にしたからといって必ずしも良い結果になるわけではありません。

しかし、シーズン通して、より良い結果を継続するように仕向けるのが昨日の狙いですからこればかりはやはり仕方ないと思います。

 

それにしてもこの2連敗で分かるのはいかに「逆転のカープ」と言われてもそればかりでは取りこぼしが多くなるという事。

やはり、上位を狙うチームたるもの最良の試合運びは先発が十二分に試合を作り、その間に序盤から打線が加点するというもの。

逆転勝ちの試合はエンタテインメントとしては、見ていて楽しいものですが長いシーズンを考えれば昨日、今日のように限界は出てくるという事でしょう。

この辺りが早く改善されないうちは負け数はもっともっと増えると思います。

4/20 ◯「ぶち壊した奴ら」(カープ2018)

中日ドラゴンズ11-7広島東洋カープ

4回戦(カープ3勝1敗)

ナゴヤドーム

 

勝利投手 伊藤準 1敗

敗戦投手 中田 1敗

 

本塁打

(C)菊池4号①安部1号①

 

先発、野村祐は6回まで11被安打4失点で試合を作れず。

打線は7回に集中打で5得点と逆転に成功も直後に中田が5失点と試合をぶち壊す。

20被安打と投手陣が荒れた末の惨敗で連勝が止まる。

---------------------------------------------------

奇跡的な逆転劇で勝利した昨日と同様に大逆転を終盤に見せたのは良かったものの、最終的には恥ずべき馬鹿げた試合となってしまいました。

勿論、紛うことなき戦犯は、まるでガソリンをそこら中にぶち撒けて火を点けるような最低最悪な投球を見せつけた中田廉

3点差もつけて貰ってマウンドに上がりながら、よくもあれだけポコポコポコと打たれ続けたものです。

その姿はまるで打撃投手そのもの。

あまりの酷さに彼には廉恥という概念がないのかとすら思えてきます。

 

確かに、「3点差で何故今村猛ではなくこんな投手を?」という点でベンチの責任を疑う声も分かります。

しかし、ここ3試合が接戦続きだった事もあり勝ちパターンの投手はいずれも3連投と消耗していました。

そうである以上は、この中田や一岡竜司を起用して少しでも誰かを休ませるのは妥当極まりない判断でした。

また、「中田を何故逆転されるまで代えないのか?」という意見もあるでしょうが、2死で走者がいるという場面で投手の逐次投入は極力避けるのは当然でしょう。

何より、このチームには「左のリリーバー」という概念がまったく存在すらしないのですから。

従って、中田のこのイニングでのあまりに酷い投球は采配云々以前の問題という事ですし、ここに関しては「全部中田が悪い」で良いと思います。

 

また、中田のあまりの酷さに霞んでしまいましたが、これまたこの試合のもう一人の戦犯は、前回に続いてこれまたチンタラと適当に責任感のまったく感じられない投球を見せ続けた先発の野村祐輔でしょう。

前回のローテーション一巡で敗れたのは自身だけでなく、昨日はあれだけ劇的な試合をして盛り上がっているチームの雰囲気すらぶち壊してくれました。

野村祐輔がエースならトンボ、チョウチョウも鳥のうち」と言っていいぐらいにエースと呼ぶにはまったく説得力のない投球しか出来ない彼ですが、この2試合は本当に酷くて主戦投手と呼ぶ事すら恥ずかしくなってきます。

 

結局のところ先発が脆弱ながら5連勝を飾っても、この勢いを活かして先発陣に立ち直りのきっかけどころか新たな懸念ばかり増やしてしまいました。

そして、リリーフ陣がそれを補わざるを得ない状況である以上は勝ちパターン以外の投手も高い水準での活躍が求められてしまう訳ですが、今日の中田の恥ずべき投球を見て分かるとおりさほど強靭でもなければ我慢強くもないのが分かってしまいました。

これではいくら打線が奇跡を繰り広げたところで長いシーズンを考えれば大変難しいとしか思えません。

 

その頼みとなる打線についても今日のオーダーを見る限りでは、今後も勢いを活かしきれるか不安です。

というのも昨日、決定的な適時打を放った松山竜平を外してあまり4番の経験がないサビエル・バティスタを4番に据えたり、昨日は決定的な場面で役立たずだった堂林翔太をスタメン起用したりと相変わらずのプラトーン偏重だからです。

この試合でもっとも活躍した一人が左打者である安部友裕であることからも分かるとおり過度なプラトーン偏重は無意味で返って打線の勢いを削ぐだけにしか思えません。

継投に関してはやむを得なかったベンチですが、この点に関しては大変不満ですし不安です。

というより、そんなにプラトーンにこだわりたいのならいっその事、鏡越しに試合を見ればいいのではないのかとすら思えてきます。

4/19 ◯「勝負はついた筈が…。」(カープ2018)

広島東洋カープ5x-4東京ヤクルトスワローズ

6回戦(カープ5勝1敗)

広島市民球場(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)

 

勝利投手 今村 1勝

敗戦投手 風張 1勝1敗

 

先発、岡田は初回から失点と安定せず4回4失点で降板。

打線は6回に集中打で1点差に迫ると9回2死から菊池の同点打で追いつく。

最後は延長12回に下水流の適時打で今季初のサヨナラ勝ちを納め、カード3連勝。

---------------------------------------------------

相手先発のデビッド・ブキャナンは今季開幕から好調で現状ではリーグ内では打ち崩すのが難しい投手の一人。

正直、初回から無様な投球を見せた挙げ句、4回4失点という投球を見せた岡田明丈がマウンドを降りた時に「勝負あった」と思っていました。

従って、打ち崩し難いと思われたブキャナンから6回に集中打で3得点し9回2死走者なしから田中広輔と菊池涼介だけで同点に追いつくという離れ業には驚きました。

あれだけ圧倒的に不利な材料が並んでいたにも関わらず敗れなかったという時点で素晴らしい事。

 

その後、延長は再三の好機を逃し続けたのは頂けませんでしたが、最後の最後でようやく下水流昴が決めてくれました。

打率自体は高い数字を残しているにも関わらず、プラトーン起用偏重のチームにあってなかなか出番が回って来ない選手の一人でしたので、その点も加味して溜飲が下がる思いです。

 

しかし、それ異常に驚愕なのがあれだけ先発がボロボロでその後の継投でも出てくる投手出てくる投手が中崎翔太を除いて悉く与四球を記録という酷い投手陣をもってしても敗れなかったという事実です。

しかも、リリーフのうち3人(中田廉、アドゥワ誠、ジェイ・ジャクソン)が先頭打者を歩かせるという惨状でしたが、相手の拙攻に助けられた側面は見逃せません。

とにかく、全体的にカジュアルに走者を出しすぎなのです。

サヨナラ勝利自体は大変気分の良いものですが、正直こういう試合ばかりだとチームの消耗も早くなるばかり。

今の岡田…というかこのチームの先発全員の実力だと好投手相手に投げ勝てなんて難しい注文はしません。

昨年の自身を見れば分かる通り最低限試合を作りさえすれば打線の援護で棚から2桁勝利が転がり込んでくる可能性は高い訳ですから、頼むからちゃんと試合を作る事だけはして欲しいものです。

4/18 ◯「『魔の水曜日』の筈が…」(カープ2018)

広島東洋カープ3-2東京ヤクルトスワローズ

5回戦(カープ4勝1敗)

広島市民球場(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)

 

勝利投手 中村祐 1勝

セーブ投手 中崎7セーブ

敗戦投手 ハフ 2敗

 

本塁打

(S)廣岡1号①山田哲4号①

 

先発、中村祐は7回2安打1失点と好投。

打線は、3回に好機を作るも大量得点ならず以降は沈黙。

終盤の相手の致命的なエラーが効いて逃げ切り4連勝。

---------------------------------------------------

今季に関しては水曜日というのは大変憂鬱な日が続くと予想されました。

というのも、先発の質に不安を抱えるこのチームにあって言ってはなんですが、この曜日に投げる投手は特に質や実績で劣る投手が投げる日だったからです。

実際、ここまで高橋昴也、中村恭平と立て続けにマウンドから降りると共に1軍から消えた投手が続いていました。

そういう訳ですから正直、今日の中村祐太にもあまり期待はもてずせいぜい「5回までもてば」というぐらいにしか思えませんでした。

しかし、いざ試合が始まればそんな薄情な懐疑論などものともせず、初回から3者連続三振に4回2死まで無安打投球と序盤の投球だけなら今季のカープの先発で最高ともいえる投球を見せてくれたばかりか、決勝打まで放ってくれました。

昨年、シーズンのところどころでローテーションの谷間を上手く埋めて優勝に貢献した中村祐太。

今季、最初の登板でこれだけのものを見せてくれた訳ですから、たんなる穴埋め以上の活躍ができるかどうか今後に期待したいものです。

 

一方、普段ボロボロの先発陣にあって珍しくまともな投球を見せる若手先発が出てきたにも関わらず低調だったのが打線。

3回こそはどこかのチームの二桁右腕のように「一度崩れたら歯止めが効かない」とも思えるデーブ・ハフ相手に好機を作るも活かせず。

そのまま、まんまとHQSを達成されてしまいました。

まあ、「キクマルタナ」が揃って無安打ではこのチームの攻撃力はこんなものだと改めて分かったという事でしょう。

まあ、逆にいえばそれだけ打ち難い相手に勝ち抜けたという事にもなるのでしょうが…。

 

更にジェイ・ジャクソンや中崎翔太の低調で、危うくあの7回裏の中村悠平青木宣親のまったく信じられないようなミスで単なる盗塁失敗が得点になってしまわなければ逆転負けしていたかと思います。

特に何とか同点にこそは追いつかれていない結果は残しているものの、クローザーとしては防御率、WHIPともに考えられない数字になっている中崎はやはり心配になってきます。

 

中村祐太の素晴らしい投球でしたが、逆にそれが潜在的な危機も見えてくる勝利だったとも思えてきます。

4/17 ◯「『週の頭』からこれでは…。」(カープ2018)

広島東洋カープ7-4東京ヤクルトスワローズ

4回戦(カープ3勝1敗)

呉市二河野球場

 

勝利投手 薮田 2勝

セーブ投手 中崎 6セーブ

敗戦投手 原 3敗

 

本塁打

(C)松山2号②

(S)山田哲3号②

 

打線は、先制された直後に松山の同点弾が飛び出すと田中の3打点の活躍もあり7得点。

先発、九里は初回から制球が定まらず3回1/3でKO。

2番手薮田和樹も不安定な投球も相手打線の拙攻に助けられ逃げ切りに成功し3連勝。

---------------------------------------------------

先発が崩れた試合だらけながらも、何とか5割で切り抜けたのが先週。

穴だらけの先発ローテーションで今週の「頭」を任されたのは九里亜蓮

人材不足で仕方ないとはいえ、非常に微妙極まりない人選ではありましたが、結果的には案の定と言うべきでした。

ここまで先発したこのチームの投手の大半と同じく、とにかく初回から制球が定まらず逃げ回った挙げ句ポコポコ打たれるという惨状。

改めて九里は先発というポジションが向いていない投手と感じたファンはそれほど少なくないでしょう。

やはり、彼はミドルリリーフというポジションでこそ輝く投手であり、彼が先発をするという事はこのチームに先発投手が枯渇している象徴であるとすら思えます。

従って、この投手の先発する試合が無くせるかどうかが先発ローテーションの復旧具合を図るバロメーターになりそうですね。

 

その九里が先発する原因を作った張本人であり後を受けた2番手の薮田も1回2/3という短いイニング数で被安打4という酷さ。

はっきり言って大量失点をしてもおかしくない内容でしたが、不可解ともいえる相手の拙攻にとにかく助けられました。

この試合に限らず、先発ローテーション落ちして以降も復活の兆しすらなくどんどん酷くなっていく薮田…。

正直、もはや1軍で登板できるレベルではないと思います。

まあ、「他にいないから投げさせている」というチーム状況は分からなくもないですが…九里の先発同様に低調な投手陣の象徴を見る思いです。

 

何だかこれだけ書くとまるで負け試合のような文面ですが…今日は呉のカープファンにも勝利を見せる事が出来た試合。

5回以前は毎回得点圏に走者を背負うという投手陣の惨状にあって、打線は序盤から援護点を与え続けてくれました。

ここまで毎試合出塁と驚異的な打棒で打線を引っ張り続けた丸佳浩こそは無安打でしたが、その周囲が活躍した印象。

なかでも九里が初回から無様な投球を見せつけた直後に同点弾を放って試合を降り出しに戻した松山竜平と、再三の得点圏で決定力を見せた田中広輔、猛打賞の會澤翼がその原動力と言えるでしょう。

特に荒れ気味の試合にあって、自身の打順の前に「障害物」としか思えないような打者が居座っていたにも関わらずチャンスメイクを行い、「タナキクマル」に得点圏で繋いだアツと、それをしっかり得点に繋いで見せた田中の存在は大きかったかと思います。

その点、好機を作りながら決定的な場面でポップフライや犠打の失敗があった相手チームとは対象的でした。

 

とはいえ野球はやはり「まず守備ありき」のスポーツ。

これだけ打線が効率よく援護してくれてかつ、相手が攻撃で失敗してくれる展開を前提で戦うなんてあり得ない事です。

そういう点では、「頭」からこれでは今週の戦いぶりに不安を感じてしまいます。

4/15 ◯「完璧は求められない」(カープ2018)

読売ジャイアンツ4-5広島東洋カープ

3回戦(カープ2勝1敗)

東京ドーム

 

勝利投手 大瀬良 2勝1敗

セーブ投手 中崎 5セーブ

敗戦投手 上原 2敗

 

本塁打

(C)菊池2号①

  菊池3号①

(G)亀井1号①

 

先発、大瀬良は初回から四球連発で6回2失点の投球。

打線は、菊池の2打席連続本塁打で逆転すると集中打で加点。

最終回に中崎が乱調も凌いで2連勝。

---------------------------------------------------

さすがに大瀬良大地は昨日のクリス・ジョンソンのような活躍は求められないのは分かっていましたが…。

それにしても5四球は酷すぎでしょう。

この大瀬良もですが、このチームの先発の大半は上手くQSを達成できたところで内容的には「これでよく6回までもったな」という投球ばかり。

というより四球が3以内で留めている先発を探すことが困難ですね…。

この投手に完璧を求めるのは無理な相談ですが、それでもこの内容では次回も期待とは到底思えません。

 

打線は、昨日同様に決勝打は本塁打でしたが、終盤リードした時点で更に畳み掛けられたのだけ昨日よりは良かったかと思います。

今日の5得点も原動力は当然ながら「タナキクマル」。

特に菊池涼介は2本塁打と大きく活躍しました。

今季は打撃に関しては低調な場面が多く昨日は無安打でしたから、本人は勿論、多くのカープファンも溜飲を下げた事でしょう。

しかし、逆に好機を作りながらも無得点だった9回表に代表されるようにその「タナキクマル」抜きで得点は相変わらず困難とも思えます。

そろそろ鈴木誠也や、サビエル・バティスタの復帰も近いとの情報もありますが、改善するキッカケが欲しいものです。

 

最終回に多くのファンを楽しませた…ではなく気を揉ませた中崎翔太に関してはまあ、仕方ないでしょう。

この試合に限らず今季は精彩を欠く投球が多いですが、この3年で200近い登板試合数を重ねてきただけあって疲労の蓄積はあるかと思います。

そうである以上は、これまた完璧は求められないですし何とかリードを維持して試合を終えてくれるのを今は祈るしかありません。