吹けよ風!打てよアレン!!

カープと趣味の日記

8/12 ●「誰とは言いませんが…」(カープ2018)

広島東洋カープ4-8読売ジャイアンツ

19回戦(カープ13勝5敗1分)

広島市民球場(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)

 

勝利投手 今村 4勝2敗

敗戦投手 福井3敗

 

本塁打

(C)下水流4号①鈴木21号①バティスタ18号①

(G)陽8号①マギー14号②

 

先発、福井は序盤から打ち込まれ5回途中6失点でKO。

打線は8回に2本の本塁打が飛び出すも反撃が遅く追いつけず。

先発の乱調と序盤の拙攻が響いて同カード本拠地で初の敗戦。

---------------------------------------------------

今更ですが、このチーム。

なんと昨年からこの球場ではこの試合まで読売相手に13連勝もしていました。

正直、内容的には明らかに負けていた試合も少なくなかっただけにこの状況は驚き…というより奇妙としか言いようがありません。

また、同じチーム1年通して勝ち続けるというのも難しい事ですから敗戦事態は仕方ない事かと思います。

 

しかし、そういう一言で済ますにはあまりに内容も結果も酷すぎる投手がいた事は、やはり残念ですし大きな怒りすら感じます。

奇しくも自身がエースとして甲子園を制覇した母校が劇的な勝利を甲子園で挙げた日と同じ日に2ヶ月ぶりに先発登板。

これまで今季2試合に先発して勝ち星はおろか、QSすらない結果で間違いなく崖っぷちと言えました。

にも関わらず、今日はそれまでに輪をかけたような酷い投球を見せてこれまで岡田明丈、野村祐輔、大瀬良大地と先発陣が続けていた良い流れを見事にぶった切った上に、上記の読売戦での連勝すら止めるという愚行。

確かに打線は今日はなかなか打てませんでしたが、これまでの試合の流れから考えれば5回3失点程度で纏めさえすれば勝機はある程度は、あったとは思えるだけに非常に不愉快な結果です。

特に5回の糸が切れたように力ない棒球を相手に投げ続ける姿は到底プロ野球選手にすら見えませんでした。

首位を走るチームにあってこの内容と結果はあり得ないし到底、許されるものではないでしょう。

 

以上、誰の事を言っているかは明らかに分かるかと思いますが、名前を書くのすら嫌なのであえて書きませんでした。

恐らく、彼の姿を一軍で見ることはもう二度とないでしょうし、そうあって欲しいとすら思えます。

かつての大学の同級生たちと同様に、実力的にも年齢的にももはや伸びしろは望めない彼に対して今、待っているのは励ましや慰めではなくお別れの言葉でしょう。

「現役生活お疲れ様でした。さようなら。」と。

8/11 △「大記録ならず」(カープ2018)

広島東洋カープ2-2読売ジャイアンツ

18回戦(カープ13勝4敗1分)

広島市民球場(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)

 

本塁打

(C)丸25号①

(G)陽7号①

 

先発、大瀬良は7回途中までノーヒットで7回1/3を1失点。

打線は大瀬良のスクイズと、丸の本塁打の2得点に留まる。

9回2死から中崎が被弾し延長の末に引き分け。

---------------------------------------------------

今季は、ここまで先発陣を引っ張ってきた大瀬良大地は、今日は素晴らしい投球を披露してくれました。

好投手との投げ合いに挑みながら、7回2死に岡本和真に2塁打を浴びるまで無安打1四球というこれ内容は、これ以上は望めないと言っても過言ではありません。

残念ながら、2012年の前田健太以来となる、大記録達成はなりませんでしたがここ最近は漸く立ち直りをみせつつある先発陣にあって勢いを与える活躍だったと言えます。

 

この大瀬良の活躍により、好投手相手になかなか得点が出来ない状況をこちらも先発がそれ以上の好投で乗り切りつつあるという非常に締まった試合にはなりました。

しかし、それだけに最後の最後で追いつかれて勝ちきれなかったのはやはり残念。

今週、プロ入り通算100セーブという偉業を達成しながらも、不安定な投球が続く、中崎翔太は今日も盤石と言える結果は残せませんでした。

ここ最近の結果を見ても、走者を出さずに終わらせた試合は皆無。

元々、きっちり3人で終わらせる事が少なく内容よりも結果だけを見るしかないというタイプの投手でしたが防御率2.80にWHIP1.42は首位を走るチームのクローザーとしては及第点とは言い難いかと思います。

やはりというべきか今季、入れ替わりが多いリリーフ陣にあって唯一年間通して登板してきた疲れが出ていると言わざるを得ません。

もっとも、だからといってヘロニモ・フランスアなど他の投手をクローザーにという事にもならないのも確かです。

やはり、本人が底力を発揮してくれるのを待つしかないかと思います。

8/10 ◯「好投手相手の勝利」(カープ2018)

広島東洋カープ9-3読売ジャイアンツ

17回戦(カープ13勝4敗)

広島市民球場(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)

 

勝利投手 野村祐輔 6勝2敗

セーブ投手 今村2勝1敗1セーブ

敗戦投手 メルセデス3勝1敗

 

本塁打

(C)鈴木19号②鈴木20号②田中9号②

(G)岡本21号①

 

先発、野村祐輔は序盤から安定も7回途中で力尽き3失点で降板。

打線は、鈴木の本塁打で先制するその後も加点する展開。

終盤に追い上げを受けるも今村の好リリーフが光り、6連勝で同カード年間勝ち越し。

今村は今季初セーブ。

---------------------------------------------------

初登板以来、3勝負けなしに加えて防御率も0.67と驚異的な成績を誇る相手先発C.Cメルセデス

かつてはドミニカカープアカデミーにも在籍した経験もあるこの左腕は大きな脅威であり、大変な苦戦が予想されました。

しかし、その予想を初回から鈴木誠也が一振りで覆しました。

のみならず今日の誠也は、2点差に迫られた7回にも野上亮麿からも本塁打と本当にいい場面で相次いで打ってくれました。

特に2本目の本塁打は外角よりの本塁打には難しいコース。

あれをスタンドに運ばれるようでは、投手は投げるコースがないのではと思えるぐらいに素晴らしい当たりでした。

今週始めのドラゴンズ戦でのオネルキ・ガルシアに続いて好投手もしくは苦手投手を序盤から攻略となり、打線は休むどころか、ますます大きく脅威を相手チームに振りまいているようにすら思えます。

 

その打線の援護を受けた先発の野村祐輔

今日は大変無難な投球でいつもの「定時」である6回を終えても続投する「残業」に久しぶりに望みました。

そこまでは素晴らしかったのですが、2死からバテて、あわや本塁打かという亀井義行の一撃を受けて降板する辺りはやはり頼りになる投手とは言い切れない弱さがまだあるように思えます。

最後は醜態を見せたのが祐輔ですが、それ以前の酷さなのが、4点差3番手で登板しながら1死も取れずに満塁のピンチを招いて降板したジェイ・ジャクソン。

昨日も、結果的には無失点でしたが内容的にはまったく見るべきものがなかったのですが今日に至ってはもはや一軍で投げるべき場所はないようにすら思えてきます。

一方で、そのジャクソンが招いたピンチを驚異的な集中力で防ぎ対象的な出来を見せたのが今村猛

現状、ヘロニモ・フランスア中崎翔太に繋ぐ「7回の男」が不在の状況であります。

しかし、ジャクソンがこの状態である以上は、上記の今村と7回途中得点圏に走者を置いた状態でやはり抑えた一岡竜司がその任につかざるを得ないでしょう。

8/9〇「久しぶりに守り切る展開」(カープ2018)

広島東洋カープ3×-2中日ドラゴンズ

18回戦(カープ10勝8敗)


勝利投手 一岡3勝5敗1セーブ

敗戦投手 ロドリゲス3敗

先発、岡田は序盤に2失点も以降は安定し8回2失点の好投。
打線は、序盤に反撃し追いつくも以降は沈黙し延長に突入。
延長11回に菊池のサヨナラ打が飛び出しカード3連勝。

-----------------------------------
この時期にマジック点灯の可能性があるぐらいに好調のカープ
ですが、投手陣に関してはその事実が信じられないぐらいに低調という側面もあるのはここまで何度も指摘してきました。
即ち、「先発が試合を作れない」「先発が試合を作ってもリリーフがそれを守れない」そして「それらの諸問題を驚異的な打線が補填してくれている」という事。昨日に関しても九里亜蓮が援護を活かせず逆転を許して4回で降板し、永川勝浩が逃げ切りに失敗して敢え無く二軍落ちになるという事態。
そんな状況で今日の先発はここまで酷い投球を繰り返した挙句、ローテーションに残っているのは「代わりがいない」という後ろ向きな理由しか思い浮かばない岡田明丈。
そうである以上は、序盤から打ちまくっても苦しい試合になる可能性はありました。
しかし、結果的に失点した2回以外はいつもの「発作」も影を潜め、ほぼ完ぺきと呼んでいい内容で8イニングを投げぬくという事態。
こういう打線がなかなか打てない展開だと何故か力を発揮するというのも、なかなか偏屈な事です。また、その後を引きついだリリーフ陣に関しても、相変わらず素晴らしいヘロニモ・フランスアはともかくジェイ・ジャクソンと一岡竜司という「セットアッパー失格」の二人が何とか無失点に留めてはくれました。
内容的には両者とも見るべきものはまったくありませんが、とりあえず「0で抑える」という結果を収められたのは何よりでしょう。
おかげで、ここまで連勝を重ねておきながら試合全体を眺めると「守り切る展開」というのがなかなか見られなかったチームが、言い方は悪いですが「もっとも頼りない先発投手」が投げる試合でそれを見せることができました。
そろそろ打線の威力だけに頼るのは苦しい状況ではありますから、これがより良いきっかけになることを祈るばかりです。

8/5●「賞賛と失望の間で」(カープ2017)

横浜DeNAベイスターズ5-6広島東洋カープ
15
回戦(カープ861)

勝利投手 中崎125セーブ
セーブ投手 高橋樹也1セーブ
敗戦投手 山崎2421セーブ

本塁打
(C)
菊池11号①鈴木17号①安部4号①

 

打線は、序盤に2本の本塁打が飛び出し先行する展開。

先発、高橋昴也は制球難で22/3で降板し中崎が2点差を守れず。

延長戦の併殺崩れで勝ち越しそのまま逃げ切り2連勝。

最終回に登板の高橋樹也がプロ入り初セーブ。

 

期せずして高橋樹也が、初のセーブ機会登板に加えて安部友裕のエラーという大きなプレッシャーを撥ねつけてプロ入り初セーブを記録する素晴らしい結末で勝利を手にした試合。

しかし、試合全体を眺めれば、はっきり言って賞賛する部分よりも失望する部分も多かったかと思います。

と言っても、最終回に自身のプロ入り通算100セーブを逃す事となった中崎翔太の投球に関してではありません。

彼は今季は良い時と悪い時の落差が大きい事に加えて、この試合で3連投という状況でしたから

、ここは割り切って考えるしかないのですから。

 

むしろ、大きな失望を覚えたのは先発の高橋昴也の落ち着きのない投球と、それ以上にさっさと彼をマウンドから降ろしてしまったベンチでしょう。

確かに、高橋昴也は先週の岡田明丈同様に、まとまった援護点を貰ったにも関わらず、制球難を露呈する冴えない投球。

逆転されるのは時間の問題であり、これが日曜日の試合という事もあったでしょうが…。

それでもこんなに短いイニングで若手の投手を降ろして後に残るものの少なさを考えれば、あまりに短絡的な判断だったと思わざるを得ません。

ただでさえ、首位を独走しているチームとは思えないぐらいに、まともな先発が少なく微妙極まりない状態の投手であっても起用しないといけない台所事情。

こういう仕打ちを受けるようでは恐らくこの投手のレベルアップを求めるのは無理でしょう。

また、何よりほとんどのリリーフ投手が登板過多気味で高橋昴也の後を受けてあえなく追いつかれたアドゥワ誠に至っては明らかに疲れているように見えます。

そうである以上はどこかで妥協して起用するしかない部分は少なからずある訳です。

それを忌避するかのようの今日の起用法は後々色々な意味で禍根を残すように思えます。

 

昨日、不振の菊池涼介8番に下げた後、1日で2番に戻すというアクロバティックな起用もあり、打線に関しては相変わらず上手くいきすぎている状況がそれを感じさせないようにはしてくれてます。

この試合全体を眺める限り、その攻守におけるアンバランスさはますます大きくなってきているようにしか見えません。

 

8/2 ●「足下にある問題」(カープ2018)

東京ヤクルトスワローズ10-4広島東洋カープ

15回戦(カープ11勝4敗)

明治神宮野球場

 

勝利投手 岡田 6勝5敗

敗戦投手 原 2勝6敗

 

本塁打

(C)メヒア1号①

(S)バレンティン26号③山田哲人25号②雄平4号②

 

先発、岡田は初回に集中打を浴び5回4失点で降板。

打線は4回までパーフェクトに抑えられ終盤の反撃も及ばず。

2番手以降も投手が打ち込まれ投手陣総崩れで連勝が2で止まる。

---------------------------------------------------

8月の…それも2戦目にして今日、勝てばなんと球団新記録となる優勝マジック点灯という試合。

託されたのは前回、大量援護があるにも関わらず3イニングで降板という醜態を晒した岡田明丈でしたが名誉挽回どころか初回から不信感ばかりが増す酷い投球でした。

昨日の、得点差に関係なく100球前後で唐突に集中力も球威も切れる「ソニータイマー」ならぬ「アレンタイマー」を発動させた九里亜蓮に続いて先発の質の低さが露呈した形です。

このカード既に打線の活躍により勝ち越しを決め、マジック点灯まで迫っているとはいえ、足下を見てみると、先発陣が7回完了まで持たず、ヘロニモ・フランスア始めリリーフ陣の負荷ばかり増すというバランスの悪さばかりが目につきます。

 

正直、岡田に関しては改善の見込みがないので、ローテーションから外して欲しいぐらいなのですが、その穴を埋めると目された2番手薮田和樹はそれに輪をかけた酷さで心底ガッカリしました。

6回に相手の拙攻と走塁ミスが重ならなければもっと失点していた事でしょう。

というか、こんな投手のどこを見てローテーションに復活させられると首脳陣は判断したのでしょうか?

今季に関しては昨年の「燃え尽き症候群」で、まったく戦力にならない事が改めて分かっただけかと思います。

 

一方、打線は中盤までは完全に抑えられたとはいえ、最終的に反撃して4得点でしたから好調は相変わらずかと思います。

昨日、猛威を奮ったメンバーに加えて今日はアレハンドロ・メヒアも来日初本塁打とアピールしてくれまして打線は層も質もなかなかの物になってきていると言えるでしょう。

もっとも、上記のような投手陣の事情から外国人投手を3人に増員する必要がある訳ですから近々、2軍へ戻さざるを得ないのは残念。

このメヒアの例を見るように先発陣がボロボロという状況の皺寄せが打線の質に影響を及ぼしかねない事態に発展しかねない状況です。

 

ここまで後半戦カード負け越しなしと好調の中で、かなり打線と特定のリリーフ投手の活躍に偏った最近の試合の傾向は改めて不安でしかありません。

7/28 ●「相手先発に好投されたら」(カープ2018)

広島東洋カープ1-9横浜DeNAベイスターズ

12回戦(カープ6勝5敗1分)

広島市民球場(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)

 

勝利投手 京山5勝2敗

敗戦投手 大瀬良11勝5敗

 

本塁打

(De)ソト16号②

 

先発、大瀬良は3回に逆転弾を浴びると6回にエラーがきっかけでくずれ4失点降板。

打線は、6回まで1安打と拙攻を見せ1得点に留まる。

エラーも頻発し、攻守ともに振るない内容で連勝が止まる。

---------------------------------------------------

横浜での前回の対戦時はあわや、完投すら狙えるという投球を見せた大瀬良大地でしたが、今日はエラー絡みとはいえあっさり6回に崩れるという内容でした。

しかし、それでも自責点は2ですから一応はクリス・ジョンソンに次いで今週二人目のQS達成者となった以上は、大変不本意ではありますが他の酷い先発投手に比べてこれでも幾らかまともだったと言えるでしょう。

あくまで「他の酷い先発投手に比べて」ですが…。

 

今日は、さすがに打線も小休止と言ったところでさすがに1週間ぶっ続けで打ちまくるという芸当は無理だったようです。

逆に言えば、今日はこういう打線が相手先発に抑えられた展開になるとこういう無様な結果になってしまう程度のチームという事実も改めて浮き彫りになってきてしまいます。

昨年、日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークスは先発陣が奮わない事で遂に勝率5割を切ったとの事。

さすがにすぐに同じようになるとまでは言いませんが、我々にとってもこれは他人事ではないでしょう。

一気に失速する材料ならまだまだあるという事です。

 

一方、こういう不利な展開というのは、登板機会の限られる投手たちの今の状態が見えてしまう機会にもなります。

7回に登板の飯田哲矢は見事な内容と結果で防御率0.00を守りましたが、中田廉佐藤祥万は相変わらずのボロボロの内容で防御率ももはや1軍にいて良いレベルとは呼べなくない事を改めて証明してしまいました。

明日、台風の接近が無ければ薮田和樹に代わって落ちるのはどちらかという事ですが、どちらも1軍に居場所はないと言えるでしょう。

特に祥万に至ってはこれまで同様に今回も、単なる人数合わせ以上の意味が見いだせず、もう既に投手として限界は過ぎているとしか思えません。

こういう投手を1軍に上げてしまう辺り、もはや下では出すべき投手がいないのではと疑ってしまいます。