吹けよ風!打てよアレン!!

カープと趣味の日記

『選手とは去るもの、出ていくもの』(カープ2018-2019)

残念な事に、2018年11月30日は多くのカープファンにとって痛恨の出来事が起こった日と記憶される事となってしまいました。

 

兼ねてからFA宣言をしていた主砲・丸佳浩があろう事か同一リーグで今季、クライマックスシリーズでも対戦した読売への移籍を表明。

 

丸に関しては言うまでもありませんが、2年連続のリーグMVP含む攻守に渡る大車輪の活躍で前人未到のリーグ3連覇に貢献してくれた選手です。

というより、2015年シーズン以降、前田健太が抜けて、翌年には黒田博樹が抜けてと戦力の先細りが顕著だったカープが3連覇出来たのは間違いなくいわゆる「タナキクマル」の強固なセンターラインがチームに君臨していたからに他なりません。

また、丸といえば伝統的に早打ちを好むこのチームにあって抜群の選球眼で高い出塁率を誇る異色の選手でもありましたので、その他球団への流失は攻守の大きな範囲に渡って痛手としか言いようがありません。

 

もっとも、この事態でこれまでのように球団を責める事は出来ないでしょう。

一昔前と違い、今のカープは安定的に勝てているうえに観客動員においても日本でもっともチケット入手が困難ともいえるほどの人気球団です。

また、球団が丸に提示した条件もFA残留を認めたうえでこれ以上は出せないと言って良いぐらいのギリギリまで出した好条件と言えるもの。

むしろ、相手球団が提示した条件は明らかに過大とも言える代物だったと言った方が良いでしょう。

これだけやって彼が残留しないとすれば、それはもう仕方ない事です。

かつて新井貴浩大竹寛などが移籍した時にもそうでしたが、やはりこの球団にとって選手とは「出ていくもの」もしくは「裏切るもの」と考えるべきなのだと改めて感じざるを得ません。

 

もっとも、3連覇という大きな果実を我々に捧げてくれた以上は、丸を恨むのは筋違いというものです。

もはや、我々には彼を応援する義理など当然ありませんが、大きな成果を挙げた選手へのリスペクトはどういう形になっても残り続けて然るべきなのです。

一方で、「より良い条件の球団に選手が移籍できたのは良い事」という正論ぶった意見にも私は、賛同するつもりもありません。

結局のところ、今回の事例などは「資金力のある一部の球団が選手を好き勝手に選手を取れるうえに、年俸の高騰を招いているだけ」という現状の我が国のFA制度が欠陥制度である事を改めて示しただけにしか見えなのですから。

 

丸の抜けた大きな穴を完全に埋めるのは来シーズン中では恐らく不可能でしょう。

しかし、だからこそ常に新たな戦力を様々な手段を駆使してスカッドに加え続ける努力を球団が見せる事に期待したいと思います。

 

所詮、私達にとって、彼ら選手は「カープの選手であってもカープのファンではない」という事。

そういう割り切りが球団にも我々ファンにも改めて必要という事ではないでしょうか。

 

「無限のパワー」と「ジャクソンスマイル」に祝福を(カープ2018-2019)

大変残念な結果に終わってしまった日本シリーズから早くも半月ほど。

 

シーズンが終了してファンの注目が集まるのはドラフト含むチームの補強と、一部選手の進退についてかと思います。

中でも今週、特に話題になったであろうニュースはブラッド・エルドレッドと、ジェイ・ジャクソンの退団の件でしょう。

言うまでもありませんが、ジャクソンは25年ぶりの優勝を成し遂げた2016年以来、エルドレッドはチームが優勝はおろか、Aクラス入りからすら見放されていた2012年途中以来からと、長年チームの貢献し続けてくれた功労者です。

勿論、今季の成績と、彼らの年齢や年俸を鑑みれば契約を結ばないという球団の判断は賢明ですし理解できる事です。

しかしながら、功労者が退団するというのはやはりファンとして悲しみを覚えるのはまた別です。

特にこの二人に関しては数字の上でのチームへの貢献は勿論、自身の功績に奢ることのない優れたパーソナリティでもファンに大きな印象を与えていただけに尚更でしょう。

 

上記の通り、どちらも長い在籍年数でしたがエルドレッドに至っては球団記録となるぐらいの長さ。

今だから書きますが、入団当初はあまりに荒削りに見えるそのプレースタイルに「日本での活躍は無理」だと思ってほとんど期待していませんでした。

しかし、それが大きな間違いだと気づくまであまり時間はかかりませんでした。

過去、このチームで活躍した打者であるアンディ・シーツグレッグ・ラロッカなどの例を見れば分かる通りこのチームは資金力の問題から、基本的に活躍してもしなくて外国人選手が在籍できる期間はせいぜい2年から3年が相場。

ましてや、打撃主要タイトル2冠を達成したぐらいの選手がこれだけ長く在籍するというのはほとんど奇跡に近い事です。

むしろ、彼の活躍と献身がこの球団のそういう状況に風穴を空けた要因の一つとすら言えるでしょう。

好不調の波の激しさや、故障の多さから年間通して活躍出来ない事や、時折見せる道具の扱いの粗末さという欠点はありましたが、長所と美点がそれを全て大きく上回りました。

球場にはチャイルドシート付きの自転車で通勤したり、家族を地元の小学校に通わせたり、オフには県南部で釣りに興じるなどまさに広島を愛し広島に愛された「ビッグカントリー」。

チームが絶望的に弱かった時代から主軸として活躍し続けたその貢献度は新井貴浩黒田博樹と同様、むしろそれすら上回るものだと確信しています。

 

ジャクソンの加入はそれまで場当たり的だったブルペンにしっかりとした秩序をもたらしました。

彼の活躍なくして四半世紀ぶりの快挙はなかったのは言うまでもありません。

あの飛び跳ねるように飛び出してマウンドに上がるルーチンと、無事仕事を終えたら、自身への声援を噛みしめるように静かにマウンドを降りると共に見せてくれたあの「ジャクソンスマイル」がもう見られないと思うと寂しい以外の感情が出てきません。

特に印象深いのが2016年9月10日の東京ドーム。

この日の私は優勝が決まるかもしれないというプレッシャーから食事はおろか飲み物すら喉を通らず青白い顔をして内野2階席で試合を見ていたのですが、ジャクソンもプレッシャーからか、いつにもまして不安定な投球。

不安からか、私はほとんど気絶しそうになっていましたが、結果的には無得点に抑えていつもの「ジャクソンスマイル」。

他にも素晴らしい投球を見せて貰えた試合は無数にあるのにも関わらず、投げている最中は多くの不安と憶測を呼びながらも最終的にはファンを笑顔にさせる投手という彼の「らしさ」を一番濃厚に見せてくれたという場面という点で印象に残っています。

全然関係ないですが、この時に近くに座っていたジャクソンのお面を被ったお兄さんが周囲に何故か配っていたハイチュウとうまい棒は今でも記念に保管しています。

このジャクソンも安定感のなさとポストシーズンでの勝負弱さという欠点はありましたが、いずれもそれ以上にもたらしてくれた物の価値を毀損するものではありません。

 

エルドレッドと、ジャクソン…。

共通するのは、いずれも完全無欠な救世主というより欠点も抱えながら長所がそれを大きく上回るタイプの選手だったという事。

そして、この二人のどちらもなくしてカープの四半世紀ぶりのリーグ優勝もリーグ3連覇もあり得なかった事。

改めて感謝すると共にこの二人の前途が素晴らしいものである事を願っています。

そして、何よりこの二人の貢献にファンが感謝する為の機会を球団が作ってくれる事も願わずにはいられません。

日本シリーズ第6戦⚫「栄誉と恥はコインの裏表」(カープ2018)

広島東洋カープ0-2福岡ソフトバンクホークス

日本シリーズ第6戦(カープ1勝4敗1分)

広島市民球場(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)

 

勝利投手 バンデンハーク1勝1敗

セーブ投手 森3セーブ

敗戦投手 ジョンソン1勝1敗

 

本塁打

(H)グラシアル1号①

 

先発、ジョンソンは6イニングを3安打2失点で、リリーフ陣も無失点に抑える。

打線は散発4安打と拙攻を繰り返した末に無得点。

攻守ともに奮わず、為す術なく惨敗でシーズンを終える。

---------------------------------------------------

所用のため広島に帰郷した日曜日の朝。

人通りもまばらな球場のメインゲートの前に立って外から無人のグランドを眺めた後にチケット売り場の日本シリーズ第7戦以降の払い戻しの案内の張り紙を眺めてポツリと呟きました。

f:id:Allen1991_09:20181105213218j:plain


「ああ、これで全部終わったんだな…」と。

 

かくして、私達のチームは日本一を決める舞台でまたしても単なる引き立て役に終わり、日本シリーズに出場した事実という「参加賞」で満足するだけとなってしまいました。

1勝以下でのシリーズ敗退は初出場だった1975年以来で、8個にも及んだ盗塁失敗の数はシリーズワースト記録。

また、これで3連覇しながら一度も日本一になれなかったリーグ史上初のチームという不名誉な記録も達成してしまいました。

確かに勝者と敗者の明暗がくっきり分かれる1対1の舞台である以上は、最高の栄誉と惨め極まりない恥はコインの表裏。

しかし、これはあまりにも酷すぎる惨敗と言わざるを得ません。

今日の試合などはその最たるものでしょう。

クリス・ジョンソンの孤軍奮闘により点差こそは2点ですが、攻守ともにおっかなびっくりなプレーを連発した挙げ句、ミスばかり目立ち半ば自滅したような無様極まりない試合。

その点、相手チームが、シーズン当初からこの日本シリーズの期間まで絶えず故障者の続出に苦しみながら、一人一人の選手がほとんどミスなく、自身の仕事をしっかり果たしたこととは大違いです。

つまり、我々のチームは個々の選手の能力は勿論、ベンチワーク、ひいては球団そのもののあり方に至るまで全ての面において相手に劣っていたと…という事です。

 

従って、「感動をありがとう」とか「惜しかった」というような愚にもつかない言い訳を私は許すことは出来ません。

 

…ここまで書くと、なんと酷いファンもいたものかと思う方もいるかもしれません。

 

勿論、この結果を持ってしても前人未到のリーグ3連覇を果たしここ3年でどこよりも試合に勝ったチームであるという栄誉に疑いの余地は一切ないでしょう。

しかし、結果的にこの栄誉にカスリもしなかった大惨敗という恥ずべき結果は結果として同じように受け止めなければなりません。

 

これから先も何度でも何度でも最後の頂点を目指すつもりがあるのなら…。

 

f:id:Allen1991_09:20181105213219j:plain

日本シリーズ第5戦●「そこに希望を見出すかどうかは別としても」(カープ2018)

福岡ソフトバンクホークス5×-4広島東洋カープ
日本シリーズ第5戦(カープ1勝3敗1分)

勝利投手 加治屋1勝
敗戦投手 中崎1敗

本塁打
(C)丸1号②会澤1号①
(H)明石1号①柳田1号①

 

先発、大瀬良は4回1/3を3失点で降板し、フランスアもリードを守れず。
打線は丸の逆転本塁打などで4得点も終盤は沈黙。
3度のリードを守り切れず最後は中崎がサヨナラ本塁打を喫しシリーズ3連敗。

------------------------------------------------------------

スコアだけを眺めれば接戦の末にサヨナラ負けですから、なかなかの善戦もしくは惜敗に見えるかと思います。

しかし、実際のところは3度に渡るリードを守り切れずに逆転負けを喫している以上は、むしろ惨敗という名称の方が相応しいかと私には思います。
前回、第1戦で登板しバテバテの状態で5回に降板し、プロ入り以降ほとんど経験のない中4日登板に臨んだ大瀬良大地は2失点した時点で疲れ切った状態。
にも関わらず、逆転直後の5回に大瀬良がマウンドに上がったのを見た時は目を疑いました。
案の定、4回同様に崩れてピンチでさほどコントロールの良くないジョニー・ヘルウェグを逐次投入し同点を許しました。
元々、ヘロニモ・フランスアを僅差なら2イニング以上投入するという策は折り込み済みでしたので、
あそこはイニング当初からヘルウェグを投入すべきだったでしょう。
これに限らず、フランスアも中崎も前任の投手を無意味に引っ張った末にイニング途中で逐次投入するという酷い起用法。
これは上記の大瀬良の状況などを鑑みれば結果論でも何でもない単なる采配ミスです。
しかし、その采配ミスをベンチが選んでしまった要因が一部を除いて員数合わせでしかない質の低いブルペンなのも確か。
フランスアを9回まで引っ張り続けたり、あまり今季イニング跨ぎの経験が多くない中崎翔太を9回途中に投入したうえで、10回も続投させてしまわざるを得なかった事もそこに起因します。
その一方で、相手チームはシリーズ新記録のホールド数をブルペン陣が記録するという充実ぶり。しかも、故障者が続出し、相手ベンチも首を傾げるような起用を幾度か見せているという状況で…。

それを考えるとスコア以上の大きな開きがあると考えるのは自然の事です。

むしろ元々、両チームは所属リーグのレベルから考えて、実力差はあるとは思っていましたがさすがにここまで差があると愕然としてしまいます。
「この遠さはないだろう」と…。

 

私は基本的にこういう事態で無意味に楽観論を述べたり「ファンなら批判は控えるべき」というような綺麗ごとは大嫌いです。
ですから、もはや全ての投手が打たれて敗れ3敗目を喫した以上はもはや34年ぶりの夢は事実上断たれたと考えるべきでしょう。
しかし、諦めてもそこで試合が終わってくれないのが野球。
そうである以上は、個々の選手にはそれぞれ最後の意地を本拠地で見せてほしいとしか言いようがありません。


そこに希望を見出すかどうかは別としても。

日本シリーズ第4戦⚫「これが実力の差」(カープ2018)

福岡ソフトバンクホークス4-1広島東洋カープ

日本シリーズ第4戦(カープ1勝2敗1分)

ヤフオクドーム

 

勝利投手 東浜1勝

セーブ投手 森2セーブ

敗戦投手 野村1敗

 

本塁打

(C)鈴木3号①

(H)上林1号②デスパイネ2号①

 

先発、野村は中盤に被弾し4回1/3を3失点で降板し後続の今村も失点。

打線は散発4安打で鈴木の本塁打による得点に留まる。

攻守で終始圧倒された末の惨敗でシリーズ2連敗。

---------------------------------------------------

あっという間に4連敗で惨敗した一昨年前を思い出すような試合でした。

すなわち、先発が耐えている序盤に得点が出来ずに先制を許しリリーフ陣に抑えられる…。

昨日、驚異的な追い上げを見せはしたもののこういう展開にしてしまった以上は大変苦しいと言わざるを得ません。

特に酷いのが得点圏での弱さ。

昨日も8得点挙げながら適時打による得点はたったの1得点のみ。

この点、遮二無二得点をあげに来る相手チームとはレベルの差を改めて感じざるを得ません。

 

また、ビハインドを背負った場面での中継ぎの質の低さもまた目を覆うばかりです。

昨日は、恥知らずの岡田明丈と中田廉が最低最悪な投球を見せて試合をぶち壊してくれましたが、今日は今村猛がその変化のない表情そのままのやる気の欠片も見られない投球であっさり失点とただでさえ得点機会が少ない試合での勝機をますます遠ざける事となりました。

石川柊太が離脱し昨日8失点したにも関わらず、登板する投手全員が自身の役目を果たそうと必死に投げ続けた相手ブルペンとは試合への意気込みや、必死さ、ひいてはプロ意識において大きな大きな違いがあったという事なのでしょう。

幸い、さほどコントロール良くないにも関わらず走者を背負った難しい場面での投球にジョニー・ヘルウェグが耐えてはいますが、これだけブルペンの質が低いと序盤で得点出来ないとまず勝てないと言い切ってしまって良いかと思います。

まさに実力と選手層の差をまざまざと見せつけられた試合という事です。

一部のトンチンカンなマスコミがビハインドを背負ったうえに出塁機会が少ない試合であったにも関わらず「盗塁を決められないから得点出来ない」などと書いてますが、上記の事はそんな些細な問題以上に重要かと思います。

日本シリーズ第3戦 ⚫「遠すぎた橋」(カープ2018)

福岡ソフトバンクホークス9-8広島東洋カープ

日本シリーズ第3戦(カープ1勝1敗1分)

福岡ヤフオクドーム

 

勝利投手 ミランダ1勝

セーブ投手 森1セーブ

敗戦投手 九里1敗

 

本塁打

(C)安部1号①鈴木1号①鈴木2号②安部2号④

(H)デスパイネ1号①高谷1号①

 

先発九里はメヒアのエラーなどで4回1/3を3失点し、後続も失点を重ねる。

打線は中盤以降に安部の満塁弾などで1点差まで迫るも及ばず。

乱打戦の末、失策と投壊が響き今季、ポストシーズン初黒星。

---------------------------------------------------

2011年以降、本拠地での日本シリーズは全勝という対戦相手。

主軸である筈の3番がまったくの役立たずのお荷物でしかなかったにも関わらず、6点差から驚異の追い上げを見せた終盤。

それだけ見れば、惜敗や善戦という言葉が出てきてしまうのは仕方ないことでしょうが、私はそうは思いません。

 

結局のところ、それだけの物を見せながらもなお敗れたのは序盤のド拙攻に加え投手陣、特に2死から4失点という考えられない恥知らずな投球を見せた岡田明丈や、今季、打率1割台で本塁打も1本しか打てなかった選手にあっさり被弾したまったく緊張感の欠片も見られなかった中田廉のような質の悪い投手を投入せぜるを得なかった層の薄さゆえなのですから。

それらの要素を眺めると劇的な展開で1点差に迫ったとはいえ6点差はやはり「遠すぎた橋」だったという事なのでしょう。

 

この点、8回に思わぬ不覚を取ったもののそれでも要所はしっかり抑えて石川柊太の故障による離脱というアクシデントを乗り越えた相手投手陣とは雲泥の差と言えます。

また、層の薄さという観点では指名打者制を用いてクラッチヒッターであるアルフレド・デスパイネを投入できた相手と異なり、アレハンドロ・メヒアの如き打てない守れない選手のためにしかその枠を使えない点でもやはり層の違いを見せつけらました。

つまり善戦以上に守り負けであり地力の差という事です。

結果的に試合全体に響いたエラーを犯したメヒアについては勿論、彼だけのせいで試合に負けた訳ではありません。

しかし、ここまでの薄い実績と、CSでも同様のシチュエーションからのミスで失点を許しているという点で考えれば、「明日頑張ろう」というのはあまりに甘い考えではないでしょうか。

 

さて、これで星取りは1勝1敗1分。

終盤の追い上げで明日以降は分からないという期待はあるかもしれませんが…。

3番が完全にお荷物と化したままの、こちらに比べてあちらは同じく不審だった4番が完全に復活してしまいました。

第2戦は中軸がしっかりと序盤から得点を稼いで先発を援護して勝った点を考えると、今日のような劇的な展開を期待し続けるようでは厳しいでしょう。

要するにまあ、「最初からちゃんと試合に参加して欲しい」という事です。

日本シリーズ第2戦○「ジョンソンの導き」(カープ2018)

広島東洋カープ5-1福岡ソフトバンクホークス

日本シリーズ第2戦(カープ1勝1分)

広島市民球場(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)

 

勝利投手 ジョンソン1勝

敗戦投手 バンデンハーク1敗

 

先発、ジョンソンが7回1失点と好投を見せリリーフ陣も無失点に抑える。

打線は初回に鈴木の内野安打で先制すると中盤にも追加点を挙げて5得点。

先発の奮闘に打線が応えてシリーズ初勝利を挙げる。

---------------------------------------------------

昨日の打線の低調さと、過去の対戦成績を振り返ると最悪ともいえる対戦相手との相性の悪さから悪夢のシリーズ4連敗の可能性は、正直かなりの確率であったかと思います。

ですから、今日の勝利で結果的にシリーズ全敗の可能性は取りあえず阻止することに成功出来て一安心といったところ。

 

昨日の試合で持ち味が発揮できないままでも負けなかった要因が大瀬良大地の好投なら、今日のクリス・ジョンソンは「お日柄の良さ」にも助けられて、それ以上の好投でした。

序盤からコントロールミスが少なく、途中で丸佳浩が「野球を覚えたての小学生」のような考えられないエラーでピンチを招いてにも関わらず、我慢して最小失点で切り抜けてくれました。

今日の相手先発であるリック・バンデンハークはカープ戦では無敵の強さを誇る好投手で正直、「こんな投手からどうやって得点出来るのか?」という暗澹たる思いに駆られていただけにジョンソンの好投が上手く打線を導いたと言って良いでしょう。

もっとも、最後は明らかに疲労の色が強く最後の甲斐拓也の当たりも運良く松山竜平のファインプレーで防いだ以上は最後まで圧倒的だったとは言えません。

昨日の大瀬良もそうですが、短期決戦という過大なプレッシャーがかかる舞台でレギュラーシーズン同様に100球前後や多少の点差は投手の疲労を測る上であまり参考にはならないという事なのでしょう。

また、この日本シリーズはCSと違い移動日があり比較的潤沢にリリーフを投入できる日程でもあります。

そう考えるとやはり、観点からも6回できっちり交代させるべきだったと思えます。

基本的にこのチームにはかつての前田健太のようなスーパーエースクラスでない主戦レベルの投手ばかりですからその点を踏まえて継投を考えて欲しいものです。

 

打線に関して言えば、昨日は完全に打線を分断していた丸佳浩が待望の安打を放つなど1番から5番までの主軸が躍動してくれました。

もっとも、その後は昨日同様に相手リリーフ陣には軽くひねられた当たりは不安要素。

「逆転のカープ」とこちらが言われるのと同様にホークスも大逆転が大変多いチーム。

今日のようにジョンソンの導きが毎試合期待出来るほど先発投手陣に厚みがないだけに早めに対策を立てられれば良いのですが…。

 

それにしても相手の投手陣は本当に四球が少ないですね。

これは各投手がしっかりとストライクゾーンで勝負出来るだけの球威を持っているという事なのでしょう。

たいしてコントロールもないくせに逃げ回った挙げ句勝手に四球で自滅してくれていたセ・リーグの投手とはレベルが一枚も二枚も上手だと改めて感じると共に、高い出塁率に支えられてきたこのチームにとってはやはり難しい相手だと思えます。