吹けよ風!打てよアレン!!

カープと趣味の日記

8/17(土)●「バティスタショック」(カープ2019)

横浜DeNAベイスターズ8-3広島東洋カープ

20回戦(カープ10勝9敗1分)

横浜スタジアム

 

勝利投手 石田3勝

敗戦投手 モンティージャ2敗

 

本塁打

(C)鈴木23号①西川13号②

(De)筒香24号②柴田2号②筒香25号①

 

打点

(C)鈴木①西川②

(De)戸柱②細川①筒香③柴田①

 

投手

※数字は失点

(C)モンティージャ⑤-島内-塹江-レグナルト③

(De)石田-国吉-三嶋①-山崎②

 

先発、モンティージャは2回5失点でKOで4番手レグナルトも3失点。

打線は石田に6回無失点の好投を許し終盤に鈴木、西川の本塁打も空砲。

序盤から好守共に圧倒される惨敗で3位転落。

------------------------------------------------------------------------------------

試合開始前にサビエル・バティスタがドーピング検査で陽性反応が出た為、登録抹消されるという驚くべきニュースが入った直後の試合。

3番打者としてチームを支えてきてくれたドミニカンが抜けてオーダーは大幅な変更を余儀なくされたうえに、チーム内外も困惑が広がる試合前の状況でしたが、残念ながら試合でそれを払拭する事は出来ませんでした。

それもそうでしょう。

バティスタと言えば大変な努力から契約を勝ち取り、スタメンへの定着を果たした真面目な選手。

そして、日本で稼いだお金で早速母国の家族へ家一軒をプレゼントした優しい男。

そんな彼がドーピング検査で陽性などという事態になるとは誰も予想してなかったでしょうし、私自身も未だに信じたくない思いでいっぱいです。

もっとも、先発は久しぶりの登板で前回の雪辱を目指しながら失敗に終わったエマイリン・モンティージャの場合は動揺以前にそもそも実力不足なだけかと思いますが…。

 

昨年オフに丸佳浩が抜けた直後から様々な試行錯誤を重ねた末にバティスタという最適解を得た打線ですが、これでそれも一からやり直し。

元々、打線は好不調の波が激しすぎる側面が大きいですからこの混乱からシーズン終了前に抜け出せるとは思えません。

残念ながらプレーオフ以上の結果も相当難しい事も覚悟する必要があるでしょう。

同時にこのような事態にチームを陥れる形となったバティスタには本当に残念な気持ちしかありません。

 

もっとも、故意か過失かは未だに分からず本人からも何らかの弁明がなされる声明が出ています。

そうである以上はマスコミの偏見と憶測に満ちた記事を鵜呑みにするのはファンとして賢い振る舞いとは言えないでしょう。

何より私にはあれだけ真面目で心優しいバティスタという選手が故意に薬物で競技の公平性を壊すような真似をするなんて思えません。

私はバティスタを信じます。

8/14(水)●「秋の気配と共に」(カープ2019)

広島東洋カープ1-7読売ジャイアンツ

20回戦(カープ12勝7敗1分)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 

勝利投手 菅野9勝5敗

敗戦投手 野村6勝4敗

 

本塁打

(C)-

(G)-

 

打点

(C)松山①

(G)小林①坂本勇①岡本①菅野①増田大①陽①

 

投手

※数字は失点

(C)野村③-レグナルト-島内①-岡田③-遠藤

(G)菅野①-大竹

 

先発、野村は6回まで1失点も7回に力尽き以降は3失点でリリーフ陣も打ち込まれる。

打線は松山の適時打含む3安打の活躍も繋がりに欠け1得点のみ。

中盤まで接戦も終盤に試合を決められ2カード連続負け越しで3年ぶりに自力優勝消滅。

------------------------------------------------------------------------------------

リーグ3連覇をしていたから当然といえば当然ですがここ3シーズンに渡って存在し続けていた自力優勝の可能性が消滅とあいなりました。

7月に11連敗を喫して以降、時間の問題でしかなかったのですから仕方ないといえば仕方ないですが、改めてその現実を突きつけられると何とも物悲しいものです。

現実といえば、このチームの今日の戦いぶり。

先発の野村祐輔が何とか6回まで1失点とボロボロの内容ながら踏ん張ったものの7回に力尽きると、カイル・レグナルト、島内颯太朗、岡田明丈と論外が論外な投球に終始するなど元来不安定だったリリーフ陣も当然の如く崩壊。

また、打線も打線でサビエル・バティスタとアレハンドロ・メヒアを外して坂倉将吾を3番起用するという不可解な選手起用もありましたが、全体的には好不調の波の激しさを露呈。

まさに最後は首位チームとの実力の差を見せつけられたと言えます。

残念ながら、今季のカープは優勝に値するチームでもなければ相手チームの監督がシーズン前に語ったとおり「たいしたチームではなかった」という事なのでしょう。

これまた無念ではありますが、事実は事実として受け止めなければなりません。

 

自力優勝消滅と一気に「秋の気配」を感じる事になりましたが、それでも3位以上の確保という戦いはまだ続きます。

とはいえ、4位とのゲーム差は僅かに4.0ゲーム。

最終的にはかなりの混戦が予想される為、上記の如く現在のチーム状況ではそれすら困難かもしれません。

8/12(月)●「投手陣総崩れという現実に」(カープ2019)

広島東洋カープ7―8読売ジャイアンツ
18
回戦(カープ1161)
マツダzoom-zoomスタジアム広島


勝利投手 大竹3
敗戦投手 アドゥワ35
セーブ投手 デラロサ13セーブ


本塁打
(
C)
菊池10号①

(G)ゲレーロ15号②



打点

(C)鈴木②菊池③松山①西川①

(G)ゲレーロ③若林②小林①坂本②



投手

(C)アドゥワ⑥-島内-レグナルト①-一岡①-今村

(G)山口俊④-田口-鍵谷-戸根-大竹-澤村①-高木-デラロサ



先発、アドゥワは46失点でKOで、リリーフ陣も終盤に失点。

打線は序盤から反撃を見せ91点差に迫るも及ばず。

投手陣が大きく崩れて惨敗を喫し3連敗。

-------------------------------------------------

先発が試合を作れない展開も打線が徐々に追い上げる。

これを見て、前回の同じ場所での同じ対戦相手での初戦での起死回生の展開を思い出した方もいたかと思います。

しかし、結果はそうはなりませんでした。

前回の大逆転劇の呼び水となったのは打線の奮起と共に得点を許さなかったリリーフ陣の奮闘があったのですが、今日はむしろリードを広げられるばかりで追い上げムードに水を差すことに終始してしまいました。

もっとも、それは仕方ない事かもしれません。

現状のカープのリリーフ陣は4点以上のリードも守れないばかりか、おまけにブルペンの柱だったヘロニモ・フランスア2軍落ちとまさにどん底の状況なのですから。

そんな中で初回から4点ビハンドとなると、さすがに試合は序盤から事実上決まっていたとも言えるでしょう。

それしにしても困りました。

フランスアの代わりに上がったカイル・レグナルトも低調な投球を披露してまったく頼りにならない事が分かりましたし、一岡竜司も今村に続いて限界説を証明した形。

現状のブルペンの惨状を見て「あまり打つ手はない」と前回書いてしまいましたが、解決策の糸口すら見当たらない状況。

こうなると、1試合1試合出たとこ勝負で調子の良さそうな投手を入れ替えつつ戦うしかないという事になります。

しかし、突出した救世主が現れでもしない限りは臨機応変な対応を大の苦手とするのがカープのベンチワークですからそれも難しいでしょう。

ここでまた崩れたら目標である3位以上の確保も難しい状況ですから、何とか知恵を振り絞って欲しいところです。

8/11(日)●「次の要因」(カープ2019)

阪神タイガース6―5広島東洋カープ
21
回戦(カープ1011)
京セラドーム大阪


勝利投手 浜地21
敗戦投手 フランスア656セーブ
セーブ投手 藤川416セーブ


本塁打
(
C)―

(T)―



打点

(C)會澤②鈴木①松山①

(T)福留①梅野①大山②糸原①



投手

(C)九里②-中村恭-菊池保-今村③-フランスア

(T)望月⑤-守屋-能見-浜地-藤川



先発九里は走者を背負う投球で51/3 2失点で降板。

打線は序盤から打線が繋がり5得点も終盤は追加点を挙げられず。

8回に今村、フランスア3点差を守れず、連夜のブルペン崩壊で2連敗。

-------------------------------------------------

昨日に続いて大変やるせない結末の試合になってしまいました。

疲弊が顕著と昨日指摘したリリーフ陣は今日も3点差のリードを守れずという内容。

ここに来てここまで安定してきたブルペンが遂に完全崩壊してしまいました。

いわゆる「勝ちパターン」を担っていたヘロニモ・フランスアは明らかに疲労の極みに達していますし、今村猛も限界説を改めて証明した形。

また、菊池保則や、中村恭平中崎翔太がまずまずの結果は残しているものの正直、彼らの今の実力では好調を維持できるとは到底思えません。

つまり、正直打つ手は見当たらないというのが現状です。

 

もっとも、現状ではカード負け越しは7カードぶりで4位との差も4.5ゲーム。

11連敗を喫した時点で目標は3位以上の確保に切り替わっている訳ですから、その部分で考えればさほど落胆する事ではないかもしれません。

 

とはいえ安定しない先発陣に、好不調の波が激しすぎる貧打と様々な要因で、快進撃と同じぐらいに長い低迷も見せてきたのが今季のカープ

残念ながらシーズンに本格的に幕を引く次の大型連敗の要因はこれで確定したといえるかと思えます。

継投において約束事がないチームが上を目指すのは無理な話というものですが果たして…。

 

8/10(土)●「疲弊するブルペン」(カープ2019)

阪神タイガース6×―5広島東洋カープ
20
回戦(カープ1010)
京セラドーム大阪


勝利投手 岩崎20
敗戦投手 フランスア646セーブ


本塁打
(
C)―

(T)大山12号③



打点

(C)小園②バティスタ①松山②

(T)梅野①近本①糸原①大山③



投手

(C)床田②-遠藤①-中村恭-菊池保-中崎-フランスア

(T)西⑤-能見-島本-岩崎



先発床田は序盤に崩れ2回で降板も、遠藤が31/31失点で試合を作る。

打線は3回に集中打で逆転に成功も以降は追加点を挙げられず。

最終回にフランスアが逆転3ランを浴びてサヨナラ負けを喫する。

-------------------------------------------------



ここまで対戦戦績が奮わない苦手な西勇輝との対戦でかつ、先発投手が早々に降板するという非常に苦しい展開であるにも関わらず9回までにリードは2点。

マウンドには、久しぶりにセーブ機会のあるシチュエーションでの登板となったヘロニモ・フランスア

誰もが「このままつつがなく試合終了すれば」と思った矢先にまさかの逆転3ランで劇的なサヨナラ負けという結末が待っていました。

フランスアの土壇場での逆転弾と言えば、どん底だった交流戦に追い打ちをかけたあのオリックスバファローズ戦での吉田正尚に浴びた逆転弾を思い出した方も少なくはないでしょう。

基本的に3人であっさり終わる事が少なく、直球が主体である投球スタイル故にこういう事が起こりえる事はある程度予想はできましたが、しかい1死も取れずにあっさり逆転被弾というのはあまりにも残念過ぎる結果です。

とはいえ、やはりリリーフ陣に彼以上の投手は存在しない訳ですから、「フランスアで打たれたなら今日は仕方ない」と割り切るしかないでしょう。



そういえば、前回のフランスアによる逆転被弾は床田寛樹の勝ち星を消してしまったという点でも印象的でしたが、今日に関しては床田はまったく先発の役割を果たせなかったのでそういう事を気に掛ける必要はないというのは前回との違いですが…。

床田は悲願のオールスター戦出場以降は6回までにマウンドに立つのが精一杯な内容で夏場に来て明らかに疲れを隠せずにいます。

前に何回か書いた気がしますが、1年間ローテーションを守った経験のない投手故に後半戦に入ると失速してしまうというのはよくある話ですが、床田もその例外ではないようです。

ここで何とか立て直して欲しいところではありますが、やはり苦しいかもしれません。



床田が早々に降板した事でそのしわ寄せが来たのがブルペン

再びミドルリリーフに回った遠藤淳史や逆にセットアッパーに回った菊池保則、中崎翔太の好投があったもののやはり全体的に疲弊しているように見えます。

また、ここに来て外国人枠の問題もあり、更なるフレッシュな戦力を投入できないでいる状況。

あの劇的なフランスアの被弾も言わばその象徴なのかもしれません。

9連戦は半ばに差し掛かっていますが、ブルペンが今のような状況では勝ち越すのは困難かもしれません。

8/9(金)○「機動力の効能」(カープ2019)

阪神タイガース5-11広島東洋カープ

19回戦(カープ10勝9敗)

京セラドーム

 

勝利投手 大瀬良9勝6敗

敗戦投手 高橋遥2勝4敗

 

本塁打

(C)メヒア4号③

(T)-

 

打点

(C)バティスタ①メヒア③鈴木①安部②會澤②田中①

(T)高山①近本①糸井②マルテ①

 

投手

※数字は失点

(C)大瀬良④-菊池保-今村①-中村恭

(T)高橋遥⑤-守屋①-浜地⑤

 

先発、大瀬良は2回に集中打を浴び6回4失点で降板。

打線は4回にメヒアの3ランで逆転すると終盤に追加点を挙げて2ケタ得点。

最大4点差を1イニングでひっくり返す逆転劇で2連勝を飾る。

------------------------------------------------------------------------------------

8月9日というと、8月6日の「広島の日」と同じくカープには特別な意味をもつ「長崎の日」。

そんな日の試合で期せずして先発を務めたのはその長崎県出身の大瀬良大地。

前回の登板では同じ対戦相手に完封で勝利を収めるという素晴らしい投球を披露しましたが、今日は2回に大きく崩れて4失点という失態で、同じく長崎県出身ながら僅差での登板で失点した今村猛ともども輝きを放つ事はできませんでした。

もっとも、その後は無安打で6回までは投げ抜くという投球で次回への期待は残した形なのは不幸中の幸いでしょうか。

 

一方、序盤から4失点という大変厳しい状況で打線は4回表に一挙5得点を挙げるという離れ業で逆転に成功。

特に2死2ストライクからのアレハンドロ・メヒアの一発はまさに起死回生と呼ぶに相応しい素晴らしいものでした。

一旦、サビエル・バティスタを落として彼を上げた時期はチームも本人の打撃も低迷していた事もあり、エマイリン・モンティージャと入れ替わる形での再度の昇格はどう考えても「次に投手上げられるまで空いた助っ人枠を埋めるためのもの」と呼ぶしかないものだった事も含めると大変価値ある一発だったかと思います。

 

しかし、そのメヒアの一発の呼び水となったのはサビエル・バティスタの適時打の直前と直後に塁に出た菊池涼介鈴木誠也によるダブルスチールでしょう。

その直後の安打で會澤翼が出塁し同じ1塁3塁の場面でメヒアに投じられた投球はいずれも直球。

これは先のダブルスチールで「また何か仕掛け来るかも」というバッテリー心理を植えつけられ変化球を忌避する事になったようにも見えます。

貴重2点目をあげた事や、技術的に非常に決めるのが難しいダブルスチールを2試合連続で決めるという事も驚異的ですが、後に続く打者が戦いやすい状況を作り出した事を考えてもあそこで見せた機動力は貴重なものだったかと思えます。

これには長年語られてきた「機動力野球」などというこのチームの偽りの看板にうんざりしていた私のような物もその効能を認めざるを得ません。

もっとも、それを活かす長打力があってこそという前提もまた重大ではありますが…。

8/8(木)○「3年間で最高」(カープ2019)

広島東洋カープ4-1横浜DeNAベイスターズ

18回戦(カープ9勝8敗1分)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 

勝利投手 野村6勝3敗

敗戦投手 京山5敗

 

本塁打

(C)バティスタ26号③

(De)-

 

打点

(C)バティスタ

(De)筒香

 

投手

※数字は失点

(C)野村①-フランスア

(De)京山①-櫻井③-斎藤-武藤-藤岡

 

先発、野村は1人しか走者を許さない好投で8回1安打無失点。

打線は、2回に菊池と鈴木のダブルスチールで先制すると5回にバティスタの3ランで追加点。

拙攻続きも、野村の好投が光りカード勝ち越しを決める。

------------------------------------------------------------------------------------

交流戦序盤で二軍落ちを経験した後の野村祐輔は一軍復帰以降2連勝。

とはいえ、その内容は6回100球満たずにマウンドを降りるいわゆる「定時退社」続きで試合を支配しているというよりも、何とかフラフラになりながら6回までたどり着くという印象でした。

前回の登板も立ち上がりが最悪に近く、何故1失点で済んだのかがよく分からないような投球だっただけに今日はさほど期待はできませんでしたが…。

主力である宮崎敏郎の故障離脱もあり相手チームに混乱が生じていたことを差し引いてもベイスター相手に8回無四球1失点の文句なしの投球。

まさにここ3年間で最高とも呼べるぐらいの価値ある104球だったかと思えます。

特に8回の投球に至っては下位打線とはいえ、圧巻とも呼べるもので点差を考えても3年ぶりの完封を狙うには十分でしたが…まあ、そこまで望むのはさすがに贅沢というものかもしれません。

 

もっとも、試合全体を眺めるとこの野村の好投があったとはいえ非常に苦しい展開でもありました。

その原因は勿論昨日、完封負けを喫した打線によるものなのは言うまでもありません。

今日も4イニングで5四球と制球が明らかに悪かった京山将弥相手に菊池涼介鈴木誠也によるダブルスチールによる得点で先制するのが精一杯。

中盤にサビエル・バティスタが自己最多記録を更新する今季26本目となる3ランで何とか追加点を手に入れたものの、それ以外はまったく見せ場すらありませんでした。

上位チーム相手だと簡単に追加点は手に入らないものですからある程度は仕方ないかもしれませんが、安定感の欠片もなく勢いだけの打線ですからどうしても気になってしまいます。

 

気になるといえば、1日おいてまたしてもセーブがつかない場面での投球となったヘロニモ・フランスア

前回に続いて2試合連続となる失点でさすがに疲れが出てきたように見えます。

中崎翔太今村猛が復帰する一方で一岡竜司や、中村恭平が調子を大きく落とし、カイル・レグナルトなどの助っ人投手も上げにくい状況でありさほどリリーフ陣も層が厚いとは言い難くなっているだけに心配になってきます。

正直、フランスアの起用に関してももう少しどうにかならないものかと思えます。