吹けよ風!打てよアレン!!

カープと趣味の日記

6/24 ◯「打者9割投手1割」(カープ2018)

阪神タイガース6-11広島東洋カープ

11回戦(カープ8勝3敗)

阪神甲子園球場

 

勝利投手 アドゥワ2勝

敗戦投手 ドリス1勝3敗16セーブ

 

本塁打

(C)鈴木10号④

(T)福留6号①

 

打線が、初回に先制後中盤に集中打で勝ち越す展開。

先発、岡田は5回途中で崩れ降板後リリーフ陣も最大5点差を守れず追いつかれる。

最後は9回に相手エラーと鈴木誠也の満塁弾で勝ち越しカード3連勝。

---------------------------------------------------

崩壊が止まらないリリーフ陣は今日も今日はでやらかしてくれました。

「9点差を守れない男」こと先発、岡田明丈が5点差をつけてもらった直後に、得意の打撃投手ぶりを発揮して降板した事もありましたが、それを差し引いても3点差を守れずKOされた今村猛始め、5点差をあっという間に潰した罪は許しがたい愚行です。

今村の最低の投球は勿論、昨日は予想外の好投で待望の「左のセットアッパー」をファンの前に現出させたかのように見えた飯田哲也も、それが単なる夢であった事を証明しましたし、永川も昨日に続いて前任の投手にきっちり自責点をプレゼント。

唯一走者を背負った状態での登板から1回2/3を何とか勝ち越されずに凌いだアドゥワ誠こそは見るべきものはあったかもしれませんが、いずれもレベルの低い投球で心底ガッカリさせられました。

また、リリーフのあまりの酷さに隠れがちですが、先発も結局は大瀬良大地以外は、QSに届かず降板した事も見逃せません。

結局、これだけリリーフが崩れてしまった遠因は先発陣が試合を作れない展開があまりに多すぎて消耗した事が根本要因なのですから。

 

これだけ書くと逆転され大敗されたかのようですが、結果は逆で打線の再爆発でカード3連勝という奇妙かつ不可解なもの。

正直、困惑すらします。

しかし、あれだけあとは勝ち越すだけという展開に持ち込みながらあと一本が出なかった相手に対して何故か単なる送りバントが勝ち越しに繋がった事を見ると打線の勢いは凄まじいものはあります。

この3連戦は凄まじい威力を発揮した丸佳浩鈴木誠也は勿論、安打を重ね続けすっかり単なる依怙贔屓からスタメンに定着した野間峻祥と、調子を取り戻した西川龍馬と下位打線の充実ぶりも目を見張るものがあります。

もっとも、いくら得点を挙げても今日のようにあっさり追いつかれては何の意味もありませんし、相手が打ち難い好投手だった場合は苦しい展開に一気になるのは当然あるでしょう。

打者9割投手1割…しかもその1割はだいたいアドゥワ一人という今日のような試合では安定して勝つのはやはり無理というもの。

今、勝ててしまっているうちにその示唆をしっかり活かしたいものです。

6/23 ◯「不安しか残らない2連勝」(カープ2018)

阪神タイガース3-11広島東洋カープ

10回戦(カープ7勝3敗)

阪神甲子園球場

 

勝利投手 野村祐3勝1敗

敗戦投手 岩貞3勝3敗

 

本塁打

(C)丸10号②11号①西川2号③下水流2号②

 

先発、野村祐は中盤に打ち込まれ5回2/3を無失点で降板。

打線は丸の2試合連続弾で先制すると本塁打4本を重ねて加点。

リリーフ陣が一時3点差まで詰め寄られるも打線が突き放して2連勝。

---------------------------------------------------

雨の為、開催が危ぶまれたものの阪神園芸の素晴らしい匠の技により1時間遅れで試合開始に漕ぎ着けたこの試合。

しかし、カープファンにとっては試合の開催可否以上に、昨日の1アウトを取るのに勝ちパターンの投手を3人全て投入するという失態を犯したリリーフ陣への心配の方が勝っていたかもしれません。

そして案の定、その心配は杞憂にはおわってくれませんでした。

ここまで低調な投球を繰り返した挙げ句、2ヶ月もの間戦線を離脱していた「先発陣低迷の主犯」とも呼べた野村祐輔は中盤にバテてしまってQSに到達することは出来ませんでしたが、ここまでの程度の低い投球に比べれば上々とも言える出来。

打線も昨日に続いて丸佳浩の素晴らしい活躍で先行するという理想的な展開でした。

にも、関わらずまたして先発がマウンドを降りた後のリリーフ陣が最悪な投球で昨日に続いて危うく試合を壊しかけてしまう残念な展開。

唐突な野村祐輔の降板後にワンポイントで入った飯田哲也こそは好救援を見せ「左のセットアッパー」という「とうの昔に絶滅した筈の生き物をDNA操作で蘇らせたかの如く奇跡」を見せてくれましたが、その後がいけません。

1死はおろか、まともなストライクがほとんど取れないまま1失点で降板し、直後に登場したのはまさかの永川勝浩

 

「無死走者ありで永川」というシチュエーションから過去何回も救援失敗で悪夢をファンに提供してきた(それ以上に抑えてもいますが…。)彼の「実績」を思い出して大逆転負けを覚悟したのは私だけではなかったかと思います。

結果的に自責点を全てアドゥワに押し付けて何とか2失点で収め、その後の打線のダメ押しで大差で勝利する事は出来ましたが、リリーフ全員の安定感の無さに改めて愕然とする次第です。

昨日、考えられない投球を見せたジェイ・ジャクソンと今村猛は今日は普通の投球でしたが、信頼するのはまだまだ難しいです。

また、その場合の代役とも考えられたアドゥワも今日の体たらく。

はっきり言って僅差の試合を物にする絵がまったく見えなくなりつつあります。

非常に不安しか残らない2連勝と言わざるを得ません。

6/22 ◯「まるで下位の頃のように」(カープ2018)

阪神タイガース3-5広島東洋カープ

9回戦(カープ6勝3敗)

阪神甲子園球場

 

勝利投手 大瀬良10勝3敗

セーブ投手 中崎18セーブ

敗戦投手 秋山5勝7敗

 

本塁打

(C)丸9号①

(T)糸原1号②

 

先発、大瀬良は3回以外安定した投球で7回無失点。

打線は丸の先制弾で中盤以降から加点。

8回にジャクソン、今村が相次いで崩れるも凌いで交流戦明け初戦勝利。

大瀬良は2年連続二桁勝利を達成。

---------------------------------------------------

最後の7連戦で僅か1敗と最終的に惨敗に終わったばかりか、攻守全てのセクションで綻びが目立った残念極まりない交流戦明けの初戦でしたが、何とか勝利を挙げる事が出来ました。

しかし、先発の大瀬良大地が投げている間だけ切り取れば「何とか」などという表現を使わざるを得ないのが大変残念でもあり怒りすら感じる試合でした。

交流戦では12球団最悪の防御率を残した先発陣に不安しか感じられない状況にあって大瀬良は良い投球をみせてくれました。

6月での10勝到達は球団としては往年の200勝投手北別府学ぶ以来で、球界全体でも2013年に勝率10割を達成した田中将大以来の快挙だそうで、このまま推移すれば20勝ペースですから素晴らしい事。

なかなか先制出来ない展開でも十二分以上に試合を先発投手が作ってくれれば自ずと点差はこれだけ開くという交流戦ではなかなか見られなかった体現してくれました。

しかし、その大瀬良の活躍に水を差すどころか溝に投げ捨てるように酷い試合にしてしまったのが大瀬良降板後の8回。

ジャイ・ジャクソンが2死まで取りながら糸原健斗の本塁打で失点すると、打率.000の選手にすら四球という体たらく。

しかし、それに対して火に油を注ぐような真似をしでかしたのがベンチ。

慌てて今村猛を投入し打たれると、何と中崎翔太すら逐次投入しポストシーズンですらないイニング跨ぎを課すという考えられない事態。

直近7試合で僅か勝ち星1という状況で勝利が欲しいという気持ちはあったのでしょうが、明らかにパニックを起こしていた挙げ句の愚行でした。

まるで集団ヒステリーのような継投は2連覇を果たしたチームではなく、下位を彷徨っていた時代を見るかのようです。

目先の1勝より年間通して安定して勝利を目指せる試合をしてきたからこそ2連覇という果実を手にしたのがこのチームだった筈。

勝ちパターンの崩壊が止まらない状況は勿論、ベンチのそういう変節にこそ危機を感じてしまいます。

もしかすると、この試合が悪い意味での今季の分岐点になるかもしれません。

 

6/18 ●「惨敗の象徴」(カープ2018)

広島東洋カープ2-6北海道日本ハムファイターズ

3回戦(カープ1勝2敗)

広島市民球場(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)

 

勝利投手 上原1勝

敗戦投手 福井2敗

 

本塁打

(C)丸8号①バティスタ10号①

(F)大田泰12号②上原1号①鶴岡1号②

 

先発、福井は初回から被弾するとその後も不安定な投球で5回4失点で降板。

打線は繋がりに欠け、丸とバティスタの空砲2発のみ留まる。

攻守ともに振るわず惨敗で交流戦終戦を終える。

---------------------------------------------------

最終回、新井貴浩のまるで40代のベテランとは思えないおっちょこちょいの上にもう一つチョイをつけたくなるような馬鹿げた走塁ミスで今季の交流戦は終了しました。

最終成績は7勝11敗で全体の10位以下が確定と紛うことなき惨敗です。

今日の試合はその惨敗だった交流戦で毎試合のように見られた「試合を作れない先発」「序盤に十分な援護が出来ない打線」「綻びが目立つリリーフ陣」が全て見られた象徴的な試合だったと言って良いでしょう。

 

先発、福井優也は結果的には前回同様の5回4失点。

しかし、内容的には見るべきものが皆無でプロ入り後無安打だったパ・リーグの投手に本塁打で初安打をプレゼントするという離れ業まで見せる酷い投球。

前回、彼の登板は「悪くなかった」と言いましたがそれはあくまで「これまでの低迷を考えれば…」という補足がついての話。

結果的に5回4失点と試合を作れない結果しか残らなかった以上は、もはや彼に期待することは何もないと言い切って良いかと思います。

他に投手がいればさっさと二軍へ落として欲しいぐらいなのですが…まあ、こんな投手が先発ローテーションにいる事実がチームにまともな先発がいないという証という事でしょう。

 

一方、これまで田口麗斗、石田健太と広島ゆかりの左腕の凱旋登板に「とても協力的に尽くしてきた」打線でしたが、今日の上原健太相手にもその実績は揺るがなかったようです。

打線は繋がらず、丸佳浩本塁打以外にさしたる見せ場はなく5回にわずか1得点で、昨日のホークス戦の大量得点が所詮は「単なる偶然」である事を証明してしまった形です。

打線は水物という使い古された定型文を持ち出すまでもなく先発陣に足を引っ張られた挙げ句、この交流戦ですっかり調子を崩したという事実だけが残りました。

 

攻守ともにこの体たらくであり、交流戦最後の7連戦で僅か1勝しか出来なかったという事ですから、もはやチームそのものが崩壊寸前と考えても大げさではないかと思います。

もっとも、若手がまったく育っていない現状を見れば、だからと言ってドラスティックに何かを変えて好転するものでもないでしょう。

結局のところは淡々と試合を重ねてどうにか上向くのを今は待つしかないかもしれません。

6/17◯「意外すぎる試合と要素」(カープ2018)

福岡ソフトバンクホークス4-13広島東洋カープ

3回戦(カープ1勝2敗)

福岡ヤフー!ドーム(福岡ドーム)

 

勝利投手 九里2勝2敗

敗戦投手 中田4勝3敗

 

本塁打

(C)バティスタ9号③鈴木9号②

(H)デスパイネ15号①16号②塚田3号①

 

先発、九里は初回ピンチを切り抜けると以降8回まで無四球3安打の投球。

打線は初回に松山の適時打とバティスタ本塁打で先制すると6回は打者一巡の猛攻。

攻守共に噛み合い大差で勝利し連敗を5で止める。

九里がプロ入り初の完投勝利。

---------------------------------------------------

Bクラスに終わった2015年以来の交流戦負け越しと5連敗となったばかりか、内容的にも攻守で相手に圧倒される試合ばかりだった以上はそう簡単には連敗は止まらない…というより、交流戦はもう1勝も出来ないとすら思えたチーム状態で臨んだこの試合。

先週、好投したとはいえ、大瀬良大地や、クリス・ジョンソンに比べて格段に落ちる九里亜蓮では相手打線を止める事は無理な注文に見えましたし、一軍復帰以降、無安打のサビエル・バティスタの起用は単なる苦し紛れ以外の何物にも見えませんでした。

しかし、九里は初回のピンチを何とか振り切ると以降は、8回終了時点でアルフレド・デスパイネ本塁打による1失点のみと意外すぎる好投。

9回の100球超えた辺りから急にへばってポコポコホームランを打たれるところは相変わらずですが、無四球であった事からも分かる通り全体的には強気で小気味よい投球であったように思えます。

 

一方、バティスタ松山竜平により、32イニングぶりの適時打がもたらされた直後に豪快な3ランを放つと固め打ちで猛打賞とこれまた意外極まりない活躍。

初回の攻撃が、昨日同様に1得点に留まる程度であったのなら恐らくは九里があそこまで強気の投球は見せられなかった事は想像に難くない訳ですから、あのバティスタの一発は非常に価値ある一撃だったと言えるでしょう。

このバティスタの活躍を契機として、打線全体も初回に4得点の後、6回に中押しとダメ押し含めた8得点と理想的…というかやり過ぎにすら思える攻撃を久しぶりに見せる事が出来ました。

試合前は勝利すら難しかった試合がこれほどの結果となったのは意外ですが、それを攻守でもたらした要素も意外な物だったいう事です。

 

しかし、それでも先発の質の低さはこの九里の活躍をもって改善したとは言い難いですし、打線も久しぶりに繋がったとはいえバティスタのこれまでの活躍同様に継続性にやはり疑問があります。

従って、これをもって再び一気に立ち直ったとまでは言えないでしょう。

まあ、今日のところは1周間全敗が阻止出来た事を喜ぶだけで良いのかもしれませんが…。

6/16 ●「『全部盛り』」(カープ2018)

福岡ソフトバンクホークス6-2広島東洋カープ

2回戦(カープ2敗)

福岡ドーム(福岡ヤフオク!ドーム)

 

勝利投手 バンデンバーグ5勝5敗

敗戦投手 今村2勝1敗

 

本塁打

(C)鈴木8号①

(H)内川4号②デスパイネ14号①

 

先発、ジョンソンは四死球4ながら6回1失点も今村が試合を壊す。

打線は、相手エラーと鈴木誠也本塁打による2得点のみ。

勝利の方程式も崩壊し5連敗で3年ぶりの交流戦負け越し。

---------------------------------------------------

遂に『全部盛り』完成です。

「全部盛り」と言えばカープの本拠地名物「カープうどん」を思い出しますが、当然ながらこれはうどんの話ではありません。

昨日においては「繋がらない打線」「試合を作れない先発」という大型連敗に付き物の要素が全て揃ってしまったという話はしました。

中盤まで何とかリードを保ちながら終盤逃げ切り態勢に入った途端に大量失点という惨め極まりないこの敗北。

これにより遂に、「リードを守れないリリーフ陣」という「具材」すら揃ってしまった「全部盛り」という事です。

こういう事態になってしまった以上は首位からの転落を含める崩壊は避けられないようにすら思えます。

無様極まりない投球を見せた今村猛ですが、今季はここまで防御率は1.80とさほど悪いとまでは言えない成績ではありますから今日だけの結果でダメと判断は出来ません。

しかし、この今村に限らずジェイ・ジャクソンも中崎翔太も内容的には「何とか抑えている」レベルの投球である以上は、この躓きは大きいと言わざるを得ません。

何より先発は大瀬良大地と、クリス・ジョンソンと「まともに6回まで投げられる投手」2人が先発の試合で14失点を喫し、打線は32イニング連続で適時打なしと繋がりが無くなった事が改めて証明されるという状況に好守に活力の無い状況で多くを求めるのは無理というものです。

 

この文章を書いている最中に楽天ゴールデンイーグルス梨田昌孝監督の辞任のニュースが入りました。

今季、球団創設以来とも言える低迷を続けるイーグルスですが、よくよく考えれば昨季はあわや優勝と言える程の快進撃を見せたチーム。

そのイーグルスと、交流戦の順位がさほど変わらなくなってしまったカープも、あの転落劇は他人事ではありません。

というより、不安要素の「全部盛り」が完成してしまった現状においては、既にそれは始まってしまった可能性が高いという事です。

6/15 ●「条件は全て揃った」(カープ2018)

福岡ソフトバンクホークス8-0広島東洋カープ

1回戦(カープ1敗)

福岡ドーム(福岡ヤフオク!ドーム)

 

勝利投手 千賀5勝2敗

敗戦投手 大瀬良9勝3敗

 

本塁打

(H)デスパイネ13号高田2号②上林9号②江川1号①

 

先発、大瀬良は初回から崩れ被本塁打3で4回7失点KO。

打線も繋がりに欠け13三振を喫し無得点。

好守共に圧倒される惨敗で4連敗。

---------------------------------------------------

ここ数年を除いてカープにとって悪夢でしかなかった交流戦

その最大の象徴とも言えるのが、対戦成績が絶望的に悪いホークスと、丸5年近く負け続けた福岡ドームという最凶の組み合わせ。

対策といえば、ここに来る前に出来るだけ貯金を作っておくぐらいしか対処法がないとしか思えないぐらいな「超絶鬼門」とも呼べる場所でした。

 

しかし、そんな縁起じみた話をするまでもなく今日は紛うことなき惨敗でした。

崩壊している先発陣ではここまで唯一安定した投球を続けていた大瀬良大地。

自身の二桁勝利まであと1勝だった事以前に、望まれたのは「とにかく中盤までマウンドにいてくれる事」でしたがまるで打撃投手のように打ちごろのボールを投げ続けて被本塁打3でそれすら淡い願いにしてしまいました。

大変ガッカリさせられる内容と結果ですが、一方で実力のわりには今季ここまでよく先発陣を引っ張ってくれたこの右腕にこれ以上を望むのも酷というものかもしれません。

 

それにしてもこれにて4試合連続で先発陣はQSを果たせないばかりか、累計で31失点と考えられないぐらい悲惨な状況。

おまけにそれをフォローすべき打線もここ数試合は肝心なところで決められない場面が目立っている以上、明らかに繋がりが欠けて来てもいます。

 

まったく試合を作れない先発に下降線の打線。

 

大型連敗の条件は全て出揃った極めて危機的な状況がやって来たと断言出来るでしょう。

春先からの投手陣のレベルの低さからある程度予想されたとはいえ、早くも正念場です。