吹けよ風!打てよアレン!!

カープと趣味の日記

6/16(日) ○「解決策たり得ない」(カープ2019)

東北楽天ゴールデンイーグルス2-4広島東洋カープ

2回戦(カープ1勝1敗)

楽天生命パーク

 

勝利投手 ジョンソン6勝4敗

敗戦投手 岸2勝1敗

セーブ投手 フランスア4勝2敗2セーブ

 

本塁打

(C)-

(E)-

 

打点

(C)バティスタ②西川①會澤①

(E)ブラッシュ①島内①

 

投手

※数字は失点

(C)ジョンソン②-中村恭-レグナルト-フランスア

(E)岸③-ハーマン-青山①-高梨-森原

 

先発ジョンソンは序盤に2失点も6回2失点でリリーフ陣も得点を許さず。

打線はバティスタの2本の適時打で追いつくと中盤に西川の適時打で逆転。

投手陣が耐え抜いて接戦を制し、連敗を3で止める。

------------------------------------------------------------------------------------

引き分け挟んで3連敗に加えて、1週間未勝利というどん底の状態のカープ

今日も、打線が奮わず先発の立ち上がりもいまいちという惨状でしたが、運良く勝利を掴む事に成功しました。

異論はあるかと思いますが、適当にバットを出した西川龍馬の当たりが何故か適時打になったり、一打同点の場面の8回に相手走者がスリップしたりという出来事があった以上は運以上に勝利に貢献した要素があるとは私には思えません。

とはいえ、その運を掴む要素を見せたのはやはり投手陣の奮闘でしょうか。

先発のクリス・ジョンソンは試合開始前から降りしきる雨に案の定不機嫌な表情を隠さない幼稚な態度と投球を見せた時は先が思いやられましたが、失点した3回以降は無安打で天気の回復と共に機嫌もどうやらよくなったようでした。

また、逆転直後の1点差で中村恭平が登場した時は目を疑いましたが、8回のカイル・レグナルトの投球に比べても遥かに安定した投球を見せてしまうのですから分からないものです。

何しろ、私は彼に対しては3年前から「戦力外になって然るべき」と断言して戦力とは見なしていなかったのですから。

私の見る目がないと言えばそれまで何でしょうが…この予想外過ぎる最近の活躍ぶりは何とも薄気味の悪さすら感じてしまいます。

もっとも、私には彼がこの良い状態を今季最後まで続けられるとは到底思えませんけれども…。

 

一方、週初めの「吉田ショック」から立ち直れない打線。

今日はサビエル・バティスタを7番に下げ3番に西川龍馬をそして、5番指名打者會澤翼を投入するという組み換えを見せました。

特に會澤を指名打者で起用した為に途中で指名打者解除をしたという事は、今日のような僅差の試合では不利な状況を自ら作っている側面もあるので、なかなかのギャンブルではありました。

しかし、今日のその組み替えた3番5番7番が、それぞれが適時打を放ち交流戦初の二桁安打も記録したので一応、成功したかのように見えます。

しかし、猛打賞に適時打2本のバティスタや同じく猛打賞の會澤はともかく、西川の3番は上記の通り、止めたバットに当たったボールが外野まで転がっただけの運だけに頼ったセコい適時打1本だけである以上はそうとも言い切れないでしょう。

また、1番4番がまったく試合に参加出来ておらず全体的に見ればやはり拙攻が目立った部分を眺めるとこのような打順変更も解決策たり得なかったという事です。

にも関わらず、ヒーローインタビューに呼ばれて「父ちゃん俺やったよ」などとほざける西川の神経が正直、私には理解出来ません。

大型連敗の始まりという私の予想はあっさり覆されたのは何より。

しかし、それでも来週以降も非常に苦しい試合が続くのは恐らく確実でしょう。

6/14(金)●「みなさん準備は宜しいでしょうか?」(カープ2019)

東北楽天ゴールデンイーグルス11-2広島東洋カープ

1回戦(カープ1敗)

楽天生命パーク

 

勝利投手 辛島5勝3敗

敗戦投手 床田5勝4敗

 

本塁打

(C)會澤7号②

(E)茂木7号①ブラッシュ18号③ウィーラー12号①太田1号①浅村15号①浅村16号①辰巳2号②

 

打点

(C)會澤②

(E)茂木①ブラッシュ③ウィーラー②太田①浅村②辰巳②

 

投手

※数字は失点

(C)床田⑦-薮田④-遠藤-島内

(E)辛島②-森原-久保

 

先発の床田が2回7失点でノックアウトされ2番手薮田も大量失点。

打線は會澤の2ランでの得点のみの散発6安打。

対戦相手に球団記録となる1試合7本塁打を許す歴史的惨敗で3連敗。

床田は球団ワーストタイ記録の1試合5被本塁打

------------------------------------------------------------------------------------

3カード連続負け越しに単独最下位と、悪い流れが続く交流戦ですが遂に緊張の糸がプッツリと切れてしまったように見えます。

試合開始僅か20分で試合終了という最悪の試合でまたしても恥の上塗りとなりました。

僅か1回2/3で5本の本塁打を喫するという常人離れした記録を「達成」した床田寛樹はもはや投球と言っていいのかどうかすら分からない酷い事態。

自身初の開幕ローテーションに入って以降、大瀬良大地と共にチームの屋台骨を支えて来てくれた投手ですが、ここ最近の試合と今日の結果を照らし合わせるともはや限界を超えたと言って良いでしょう。

何よりも残念なのは降板してベンチに戻った後に涙を見せて安い同情を買おうとするような女々しい姿。

ここまで開幕で絶望的な試合をしていたチームを主軸として救ってきた投手なのですから、堂々とあそこは振る舞って欲しかったです。

ああいう場面に貰い泣きするような心の美しい優しいファンには大変申し訳ないですが、ああいうメンタルである以上、残念ながらこの投手が、もはやこの大きな躓きから立ち直る事は恐らくはないでしょう。

一度躓いてから立ち直る事の困難さはやはり無様に打ち込まれた2番手の投手の姿を見れば分かるというものなのですから。

 

結局、ローテーションは再び崩壊しました。

おまけに打線も出口の見えないトンネルに入って誰もフォローする事すら出来ません。

こうなるともはや苦手な交流戦云々以前の問題で、今後どこと対戦しても今季は勝利を納めるのは困難に見えます。

さて、再び転落劇の「始まりの鐘」はなりました…みなさん準備は宜しいでしょうか?

6/13(木) △「『呪われた大地』と『職場放棄』」(カープ2019)

北海道日本ハムファイターズ2-2広島東洋カープ

3回戦(カープ2敗1分)

札幌ドーム

 

勝利投手-

敗戦投手-

セーブ投手-

 

本塁打

(C)-

(F)-

 

打点

(C)菊池①鈴木①

(F)横尾①王①

 

投手

※数字は失点

(C)山口①-中村恭①-一岡-レグナルト-フランスア①-中崎

(F)加藤①-浦野-宮西-井口-石川直-公文①-玉井-吉田

 

先発、山口が5回1失点で切り抜けリリーフ陣も無失点で終盤に持ち込む。

打線は初回に長野と菊池の連打で先制も中軸が無安打で奮わず。

延長10回に押し出しで勝ち越しもフランスアが救援に失敗し引き分け。

------------------------------------------------------------------------------------

3年前の悪夢を彷彿させるようなカープファンにとっての「呪われた大地」での3連戦は漸く終わりました。

結果はごらんの通り打線が総崩れとなり、この先の大型連敗はほぼ約束されたも同然のものと行って良いでしょう。

前回のライオンズ戦で見事にプロの洗礼を浴びた先発の山口翔はこの試合が同様の結果ならば恐らくはもう今季、一軍で登板する機会を見ることはなかった筈でしたが…。

今日は意外にも好投を見せて見事ノルマである5イニングを1失点という素晴らしい投球を見せてくれました。

もっとも、実力的に考えればここから更に飛躍するという虫のいい期待をかけるのは酷というもので、恐らくはシーズン途中で消える事は確実でしょうが…どれだけ粘れるか次回以降の登板に期待できたのは良かったと思えます。

 

一方、交流戦に入ってから先月の威勢の良さはどこへやら。

空振りに見逃し、ポップフライの山と低レベルな打棒を見せつけている打線は今日も初回に1得点を取るとお得意の職場放棄。

特に3番から5番は北海道にはそっくりさんたちが試合に出ていて本人たちは家でくつろいでいると言われても容易に信じられるぐらいの酷さでした。

やはり昨日、高卒ルーキーに軽く捻られた無様な姿を何度も何度も何度も何度もテレビやネットで流されたトラウマは大きかったようで、今にも泣き出しそうな自身なさげな表情で打席に向かう鈴木誠也や、西川龍馬の姿は大変象徴的だったように思えます。

特に昨日の醜態からファイターズファンや秋田県民の方々から絶大な知名度を獲得した「三球三振のお兄ちゃん」こと西川に至っては試合に出して良い状態ではなかったのではないでしょうか。

まあ、2試合に渡って相手チームの中軸を抑えた形の吉田輝星が大物すぎただけなのかもしれませんけれども…。

 

2016年から3年。

両チームの実力の差は狭まるどころかますます大きくなっているという現実に苛立つファンは私も含めて少なくはないでしょうが、一旦落ち着いた方がいいかもしれません。

上記の通り、まだ大型連敗は始まったばかりなのですから。

6/12(水)●「プロの厳しさ」(カープ2019)

北海道日本ハムファイターズ2-1広島東洋カープ

2回戦(カープ2敗)

札幌ドーム

 

勝利投手 吉田輝1勝

敗戦投手 大瀬良6勝3敗

セーブ投手 石川直1勝

 

本塁打

(C)-

(F)大田12号

 

打点

(C)長野①

(F)大田①西川①

 

投手

※数字は失点

(C)大瀬良②

(F)吉田輝①-井口-公文-ロドリゲス-石川直

 

先発、大瀬良は初回に先制本塁打を許すなど序盤に2失点も8回まで投げ抜く好投。

打線はプロ初先発の吉田輝相手に初回の好機を活かせず5回1失点で抑えられる。

貧打で高卒ルーキーに白星を献上する惨敗で2連敗を喫し、3カード連続負け越し。

------------------------------------------------------------------------------------

今日の対戦相手は、ファイターズの昨年のドラフト1位ルーキーの吉田輝星。

昨年の甲子園での活躍が記憶に新しい投手ですが、ドラフト会議では外れ1位指名とその人気の割には決して評価がずば抜けて高いとは言えず、入団後も二軍で未だに未勝利という状況。

一方で、カープは今日の試合で主戦投手の大瀬良大地を投入し、打線も長野久義を1番で、好調の磯村嘉孝指名打者でスタメン起用するなどテコ入れをして臨み、「プロの洗礼」をこの甲子園のアイドルに見せつける…筈でした。

しかし実際に、この高卒ルーキーに「プロの厳しさ」を教えられたのはカープの野手共の方でした。

この「教育」の内容は難解だったらしく「ちょっと見ない直球だった」などと愚にもつかない下らない言い訳を試合後に並べる鈴木誠也などはまったく理解できなかったようです。

また、初回に1死満塁の好機であろう事か、直球のみで無様に3球三振に倒れた西川龍馬に至っては、今後当分は「27試合連続安打を達成した選手」でなく「甲子園のアイドルに3球三振したショボい選手」として全国的な知名度を獲得する事となりました。

何より驚くべきなのは昨日、野間峻祥を守備面でのリスクも無視して懲罰交代したにも関わらず、初回からこんなやる気のない打棒を見せた選手が今日は最後まで試合に出ていた事でしょう。

はっきり言って、こんな無様な醜態を晒したこの集団を「噛ませ犬」と呼ばずに何と呼べばいいのか私にはまったくわかりませんし、未だに怒りが収まりません。

 

一方で、先発の大瀬良大地は初回にいきなり失点するなどこれまたどちらがプロ初登板か分からない場面が目立ちましたが、その後は一人で8回を投げ抜いて悪いなりにイニングを消化した辺りは結果的には良い投球でした。

これで勝ちがつかないという事でまた違った意味で「プロの厳しさ」を教えられた形です。

何度も書きましたが、交流戦に入ってこのチームの先発ローテーションは急速にボロボロの状態となり、まともにQS以上を期待出来そうなのがこの大瀬良ぐらいのもの。

その大瀬良を擁してこのような無様な負けを喫した以上は、このカードの3タテは勿論、大型連敗は避けられないとすら思えます。

6/11(火) ●「再び取り繕えるか?」(カープ2019)

北海道日本ハムファイターズ5-4広島東洋カープ

1回戦(カープ1敗)

札幌ドーム

 

勝利投手 上沢5勝2敗

敗戦投手 野村3勝3敗

セーブ投手 石川直1勝1セーブ

 

本塁打

(C)バティスタ18号②

(F)-

 

打点

(C)鈴木①磯村①バティスタ

(F)中田②王②中島卓①

 

投手

※数字は失点

(C)野村⑤-島内-菊池保-遠藤-中崎

(F)上沢②-ロドリゲス②-宮西-石川直

 

先発野村が初回にいきなり5失点で試合を壊すもリリーフ陣は無失点。

打線は序盤に2得点も以降は拙攻続きで追いつけず。

終盤にバティスタの2ランで1点差に迫るも及ばず3カード連続の初戦敗戦。

------------------------------------------------------------------------------------

昨年、日本シリーズでコテンパンに叩きのめされた相手に惨敗した直後に、長時間の移動の果てに、一昨年の日本シリーズでやはり叩きのめされた相手との対戦という罰ゲームのようなカードに臨んだカープ

先週に無様な投球を見せた野村祐輔は、今日は更に輪をかけて酷い投球で初回から相手打線に打者一巡を許し試合を壊してくれました。

このやる気のない投球を淡々と続けているだけの無様で惨めな匹夫は、3週連続でQSすら守れない投球となり、防御率はなんと5点台に手が届くという考えられない体たらく。

ここまで先発の駒不足から止む無く起用せざるを得ない状況でしたが、ここまで来るともはやローテーションを剥奪する以外にないでしょう。

というより、もはや私は今季に関しては彼がマウンドに上がる姿を見たくありません。

むしろ、こんな投手が来週以降も未だにローテーションに留まるようならこのチームが優勝云々を語る資格などもはやないとすら思えます。

 

それにしても困った事です。

先週は大瀬良が辛うじて6回1失点を投げた以外でQSを守れた投手は存在しない先発陣。

4月中盤からなかなか調子の上がらない打線に代わってチームを牽引し奇跡的な逆襲に大きく貢献してくれていましたが、元々ベースになる投手がこの野村祐輔クリス・ジョンソンと頼りない投手揃いだった事もあり、完全にすり減ってしまった印象です。

こうなると、今日揃って無失点と、ビギナーズラックを見せた島内颯太郎や、遠藤淳史などを抜擢するしかありませんが先々週の山口翔のような奇跡を起こせる可能性はほとんどないでしょう。

現に、その山口でさえ早々とプロの壁にぶち当たっているのですから…。

再び大きな亀裂が入ってしまった投手陣ですが、上手く繕えるか?

交流戦云々以前に本当に頭が痛い問題です。

 

一方、打線は8回に飛び出たサビエル・バティスタの素晴らしい個人技で1点差に迫り辛うじて繕った形ですが、先発投手に100球程度で7回2失点に抑えられた挙げ句、今季未セーブの投手にあっさり3者凡退を許した以上はこれまた惨敗と言っていいでしょう。

むしろ、ここ1週間はほとんど全ての試合で相手先発に「こんな奴らに俺が負ける訳がない」という自信すら感じられる堂々たる投球を許しています。

それもその筈、適時打が極端に少なく所詮は一発頼みで緻密さがなく、相手を焦らせるようなしぶとさもない攻撃がここ最近は増えているのですから。

これでは試合巧者揃いのパ・リーグには通用しないのは当然かと思えます。

6/7(金) ~6/9(日)「年3戦で済むという幸福」(カープ2019)

広島市内に夏の到来を告げる「とうかさん祭り」と重なる形となったホークスとの3連戦。

日本シリーズの復讐戦」と意気込んだファンも少なくはなかったでしょうが、結局は敢えなく返り討ちという結末に終わり、カープファンに現実の到来を告げる事となりました。

この3連戦はまともに試合を作れない先発に、盗塁死を重ねる自滅同然の拙攻と、改めて両チームの実力差を無残なまでに見せつけられた形。

幸いな事に3戦目は九里亜蓮が「苦手な」先発を5回2失点と無難にこなしたことと、中崎翔太を追放した勝ちパターンの継投に中村恭平を加えた投手リレーが意外にも機能した事で何とかスイープは免れました。

とはいえ、我々にとっての一番の幸いはこれだけ実力差が違いすぎる強豪と年に、たったの3試合しか試合をしなくて良い事かもしれません。

他のセ・リーグ各球団共々、散々ごねた挙げ句まんまと交流戦の試合数削減を勝ち取ったカープ球団の努力が実ったと言えるでしょう。

それぐらい結果も内容も絶望的なほどの開きを感じました。

 

また、この3連戦のみならず今週通して、6イニング目を3失点以内で完了できた投手は大瀬良大地のみという再び目に見えて綻びが出てきた先発陣を眺めたら、カープにとって苦難でしかない交流戦がまだ半分も終わっていない以上、一気に再度転落する可能性が見えた気すらします。

6/6(木)●「偉大なるかなパ・リーグ」(カープ2019)

埼玉西武ライオンズ9-2広島東洋カープ

3回戦(カープ1勝2敗)

交流戦1勝2敗

メットライフドーム

 

勝利投手 郭1勝

敗戦投手 山口1勝1敗

 

本塁打

(C)-

(L)秋山11号①山川24号②山川25号①栗山3号②外崎11号①

 

打点

(C)西川①

(L)秋山①森①金子侑①山川③栗山②外崎①

 

投手

※数字は失点

(C)山口⑤-アドゥワ④

(L)郭②平井-ヒース-マーティン

 

先発、山口は初回から打ち込まれ3回5失点で降板し、2番手アドゥワも4失点。

打線は初回に2点先制も最終的には4安打と振るわず。

攻守ともに圧倒される展開で惨敗を喫し10カードぶりのカード負け越し。

西川の連続試合安打記録は27で止まる。

------------------------------------------------------------------------------------

昨日、最終的にあれだけ盛り上がった試合であったにも関わらず、この惨敗。

改めて「パ・リーグに滅法弱いカープ」という図式が浮き彫りになった試合かと思えます。

「まだ1カード目だろ!!」と言う方もおられるかもしれませんが、これまでの戦績から比較的勝率では善戦できているライオンズ戦でこの結果ということは他のチームとの対戦も推して知るべしという意味で…。

 

先週、衝撃的な先発デビューを果たした山口翔でしたが、今日は1週間遅れでプロの洗礼を浴びた形。

あわやノーヒットノーランかという前回の登板が出来過ぎだっただけと言えばそれまでですが、多少の投手陣の不安を吹き飛ばして優勝してしまうぐらいに12球団屈指の猛打を誇る相手チームには分が悪かったのかもしれません。

また、ローテーション剥奪からミドルリリーフに復したアドゥワ誠も試合を落ち着かせるどころかまるでホームランを打たれる為だけにマウンドに上がったような酷い投球。

確実に先発が質も層も落ちつつあるという現実を目の当たりにした気分です。

 

打線は、一昨日昨日と固め打ちをする時はするがそれ以外はさっぱりという不安定さを今日も露呈。

今季初登板の相手先発を無死満塁にしながら適時打が出ず、その後の拙攻を見ると初回に隙きを見せなければ中盤以降まで無安打で終わっていた可能性すらあったかと思えます。

中軸が打てなかったのも勿論ですが、昨日の松山竜平に今日の長野久義指名打者があまりに頼りないのが目に付きます。

正直、彼らのような「何のために試合に出ているのかよく分からないレベルの選手」を起用するぐらいなら、共に打撃が好調でありながらポジションの関係上通常は併用出来ない會澤翼磯村嘉孝を起用しても良かったとすら思えます。

 

先発、指名打者…とかねてから懸念されていた要素をごまかせるほどパ・リーグは容易い相手ではないという事が改めて今日の試合で分かった次第です。

それにしても元号が代わって以降、カード負け越しはおろか連敗すらしていなかったチームが、あっさりひねられてしまう実力差という現実。

まさに「偉大なるかな、パ・リーグ」という思いを改めて抱かずにはいられません。

そして、同時にこの苦しい戦いがあと15試合もある事に暗澹としてしまいます。