吹けよ風!打てよアレン!!

カープと趣味の日記

06/03(水) ●「劇的変化を望めないのは理解しても」(カープ2020)

阪神タイガース10-3広島東洋カープ

練習試合

阪神甲子園球場

 

本塁打

(C)メヒア②

(T)ボーア②福留①江越①

 

打点

(C)メヒア②磯村①

(T)糸井②ボーア②福留①小野寺①近本②熊谷①江越①

 

投手

※数字は自責点

(C)九里-中田②-一岡⑦-藤井-フランスア①-スコット①

(T)ガンケル-藤川②-飯田①

 

先発、九里が4回無失点も一岡が7失点を喫するなど合計10失点。

打線はメヒアの本塁打で先制も3得点のみと低調。

投打で振るわず大敗を喫し3月以来対外試合11連敗。

------------------------------------------------

試合開始直前に急遽、東京ドームでの読売-ライオンズ戦が中止になるというニュースが入ってきました。

後の発表で選手へのコロナウイルス陽性が判明したとの事でファンは勿論、選手たちも改めて今、置かれている状況の過酷さを思い知らされた事かと思います。

開幕の予定を急遽変更するなどの措置を現状では取るつもりはないNPBの判断は現状では大きな問題はないものの、やはり長いシーズンを通じて一人も感染者が出ないという甘い前提は成り立たないようです。

また、練習試合と異なり公式戦となると、無観客でも放映権料など多額の費用や人員が動く事になる訳ですから今日のように急遽中止という判断をすぐに出して良いものか主催者たる各球団独自で判断は困難に思えます。

そうなると、やはり今のうちに選手が感染した場合の対応や、その後のシーズンの進め方の判断基準などが開幕までに早急に準備する必要となってきます。

もっとも、そんな事は私が言うまでもなくNPB初め関係各所が懸命に準備を進めている最中かと思いますが…。

とにかく今は無事に開幕を迎えられる事を祈るしかありません。

 

まあ、こういう暗い話題を振り切る為にも気を取り直して今日のカープの試合に目を向けみるとしましょう。

今日の先発の九里亜蓮は4回無失点で抑えて上々の滑り出しを見せた他、打線ではアレハンドロ・メヒアが練習試合では2試合連続となる本塁打を放ち、ホセ・ピレラも2安打などそれぞれ活躍を見せてはくれました。

しかし、結果からすればそれだけで全体的に見れば打てず守れずの惨敗で純粋に競技面だけを見れば開幕に希望がもてるものではありませんでした。

特に酷いのが3月末の時点で「開幕前から崩壊」の呼び声が高かったリリーフ陣。

中田廉一岡竜司ヘロニモ・フランスアと本来ならいずれかがブルペンの柱とならなければならない投手が失点と散々な内容と結果。

特に1イニングを完了もできず7失点も喫した一岡に関しては開幕にはもはや間に合わないかとすら思える惨状です。

3月にあれだけ酷い状況だった訳ですから劇的変化は望めないのは当然ですし、練習不足が祟って余計に酷くなるのは仕方ないかもしれませんが…正直、プロ野球としての興行が成り立つレベルに達しているのかですら不安になってきてしまいます。

勿論、練習試合という投手に勝ち負けもつかなければ記録にも残らない試合に大勝したとしても何の意味もないのは分かりますが…これだけまったく内容も結果も散々な試合を繰り広げるとそうとも言えないでしょう。

内外において今日は本当にどん底に突き落とされるような日だったと改めて思えます。

6/2(火)●「はじめの一歩として」(カープ2020)

阪神タイガース3-2広島東洋カープ

練習試合

阪神甲子園球場

 

本塁打

(C)メヒア①高橋大①

(T)ボーア②

 

打点

(C)メヒア①高橋大①

(T)ボーア②糸井①

 

投手

※数字は自責点

(C)K・ジョンソン-藤井②-高橋樹①-DJ・ジョンソン-菊池-塹江

(T)青柳-谷川-守屋-小川①-高野①

 

先発、K・ジョンソンは3回無失点も藤井、高橋樹が失点し3失点。

打線は試合後半にメヒアと高橋大の本塁打が飛び出すも2得点に留まる。

2ヶ月ぶり対外試合も3月オープン戦以降で10連敗を喫す。

------------------------------------------------

世界中のアスリートとそれを愛する私達にとって悪夢としか言いようがないコロナ禍により長期の開幕延期を強いられてきたカーププロ野球

無観客でのオープン戦に無期限の開幕延期を経た後、検討に検討を重ねた末に考え出されたのは西日本と東日本でブロックを作って開催する練習試合に、場所を集中する為に長期のホームとロードを繰り返す歪なかつ過酷な試合日程でしたが…。

正直、ここまで公平性をかなぐり捨ててまで日程消化に万全を期さないといけない以上、優勝云々などという目標は今季に関してはあまり大きな問題にはならないようにすら思えます。

 

しかしともあれカーププロ野球が2ヶ月の沈黙の末に帰ってきました。

その事実に私含め多くのファンが喜びを噛み締めた事かと思います。

 

そして、カープに用意された最初の舞台は期せずして多くの歴史上初となる春夏大会いずれも中止という高校球児たちにはあまりに残酷な結末を経た甲子園球場となったのもまた因果な事です。

 

こういう開催する事自体が奇跡にすら思えるこういう特別な試合を寸評する事の意義があるのかどうかは分かりませんが…敢えて言わせて貰えれば試合自体は内容も結果も低調なだけの凡戦ではありました。

試合は普通に負けてオープン戦から対外試合10連敗を記録。

もっとも、K・ジョンソン、菊池保則ら主力が無難に抑え、アレハンドロ・メヒアと高橋大樹本塁打でアピールはしましたし、失点したのは藤井皓哉や高橋樹也といった能力的に大きなアピールなしではどう考えても開幕1軍はなさそうなレベルの投手のみ。

DJ・ジョンソンがオープン戦の時期同様にまったく期待外れに見えるという事以外、当たり障りは特になかったように見えます。

春先にあれだけ酷い試合を繰り広げたチームがまともな練習も出来ない状況で改善する事はまずあり得ない事ですから、まずは選手たちが曲がりなりにも試合をしている姿に今日は大いに喜ぶべきと余計に思えてきます。

本当に開幕を迎えられるかまだまだ余談は許さない厳しい状況ですが、シーズン開幕と完遂という希望へのはじめの一歩として…。

6月19日に向けて(カープ2020)

世界的な新型コロナウイルス蔓延に伴い、今季のオープン戦終了直後に無期限で延期されていたプロ野球が6月19日に開幕との方針がNPBによって決定されました。

選手の感染防止の為の試合のレギュレーション変更や無観客開催の段階的解除の方針など詰めるべき議論は無数に存在しますが、まずは目指すべき目標が決まったのは喜ばしい事です。

 

思えば、ウイルス蔓延が世界的な問題となって以降、カーププロ野球のみならず、世界中でありとあらゆるプロアマ問わないスポーツ関連の興行や行事が延期や中止を余儀なくされ歌も踊りも歓声も失われて久しい状況が続いています。

それは第二次世界大戦以降では最悪とも呼べる世界的なスポーツ文化の危機をもたらし、多くのプロスポーツ興行が経済的な危機に立たされたという事を意味しますし、プロ野球自身も観客動員が増加傾向で史上最高とも呼べる活況を呈していたなかで突如として真っ暗なトンネルに放り込まれてしまったとも言えます。

また、無数の無効になったチケットの山を眺めながら、愛すべきチームや選手たちが社会から「不要不急な存在である」と名指しされたかのような-これはスポーツに限った話ではありませんが…-現実への無力感と焦燥感に打ちひしがれたのは恐らくは私だけではない筈です。

このように物心共に深く傷ついたカーププロ野球ですから、当然6月19日開幕で全てが好転するとは到底思えません。

むしろ、感染防止の関係上、公平なレギュレーションでの開催は困難でしょうし、一度はチームを解散してしまった関係上、選手のコンディションに不安があります。

また、何よりもシーズン終了を待たずにウイルス蔓延の第二波が来る可能性は十分にあるのです。

そう考えますと、私達カープファンにとっては今季のシーズンは優勝などよりも、選手や関係者が無事に全日程をつつがなく消化してくれる事が目標であり真の勝利であると言えるかとすら思えます。

とにかく今は開幕出来そうという一筋の希望が出てきただけでも満足するしかありません。

 

私が言うまでもありませんが、現在の我が国は東日本大震災に続く「3度目の敗戦」とも呼べるウイルス蔓延に伴う経済的、文化的な危機が続いています。

恐らくはこれからも単純なウイルスによる死者と共に経済的な理由等で多くの人が命を落とす事になるでしょうし、国際機関、政府、それに社会や文明に対する不信感はもはや払拭することは不可能な状況なまで深刻化しています。

そんな誰も望まなかった絶望的な世界がやってきてしまった状況で、先駆けて再開への道を探るカーププロ野球

そうである以上は正直、「プロ野球が世の中を照らす灯りとなると信じて」などと呑気な期待を持つのは難しいですが、その手腕に私も期待と注目を続けると同時に自身に何が出来るかを改めて考えていきたいと思います。

同じくこの悲惨極まりない世界に生きる事になった者として…。

3/15(日) ●「寂しき祭典」(カープ2020)

広島東洋カープ0-6福岡ソフトバンクホークス

オープン戦(カープ5勝5敗2分)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 

勝利投手 尾形1勝

敗戦投手 森下1敗

 

本塁打

(C)-

(H)リチャード2号①中村晃2号①周東2号①

 

打点

(C)-

(H)中村晃②リチャード①上林①西田①周東①

 

投手

※数字は自責点

(C)森下⑤-塹江-高橋樹①-藤井-菊池保

(H)尾形-古谷-川原-津森-泉

 

先発、森下は初回から失点を重ねて4回5失点で降板。

打線は初回の田中の1安打のみに留まる拙攻。

投打で圧倒される惨敗で、引き分け挟んで4連敗でオープン戦を終える。

------------------------------------------------

史上初となる無観客試合で行われたオープン戦も今日が最終日。

今日は、スタジアム外のカープロードに新たに建設された球団創設70周年を記念したメモリアルモニュメントがお披露目され、本来なら来週に控えた開幕を前に新たなチームの船出を祝う祝祭が賑々しく行われる筈でした。

しかし、ご存知の通り新型コロナウイルス蔓延の影響で、今日もすっかり見慣れてしまったミットの音と打撃音が虚しくこだまするだけ。

あまりに寂しく虚しい光景を嫌って、オープン戦の中継を視聴するのが耐えられなくなったのは私だけではないでしょう。

また、70年という歴史を刻んだモニュメントの除幕式もほぼ関係者しかいない閑散としたもので人影もまばらだったと聞いております。

改めて突如として舞い降りた世界的な伝染病の蔓延という、このプロ野球史上未曾有の危機の根の深さを思い知らされます。

 

こうなると、選手たちには中継越しにそのプレーで盛り上げて欲しいという思いもありましたが、こちらも球場の雰囲気に負けないぐらいに寂しいものとなりました。

オープン戦の「トリ」を飾るべく登板した森下暢仁はただただその実力不足を露呈させるだけでしたし、オープン戦序盤は調子に乗りまくっていた打線もフルメンバーで戦いながら1線級とは言い難い相手投手陣に軽くひねられる始末。

常々「パ・リーグセ・リーグの完全上位互換」と感じる私ですが、今日に限らずこのホークス相手の3連戦は同じプロ野球チームとは思えないぐらいの、あまりの実力の違いと遠さに呆然とさせられます。

というより、毎年毎年この実力が離れすぎている「球界の覇者」をわざわざ招いてオープン戦最後の試合をするのは今季限りにするべきとすら思えます。

いくらお互いの本拠地が近いからと言って到底勝ち目のない実力差のありすぎる相手に無謀な挑戦をしても、開幕1週間前に選手にただただ自信を失わせるだけでしょう。

幸いな事に散々他のセ・リーグのチームとごねた甲斐あってこの「1部リーグ」のチームとはたった3試合しかレギュラーシーズンしか対戦しなくて済むのが慰めになるぐらいです。

 

…とにかく、史上稀に見る異常事態で混乱した今季のオープン戦は6試合勝ち星なしという結果でオープン今日で終了。

とはいえ開幕まで1ヶ月近くの空白があり、現在の国内外の混乱ぶりを見ると最短である4/10に開幕が出来るかも分からない大変不安な状況ですが、チームの調子自体もそれに負けないぐらいに不安定です。

練習試合などを合間合間に行うでしょうが…いつ始まるか分からないシーズンに向けて打線の好調を維持しつつ、ほぼ壊滅状態のブルペンを整備するという事はかなり困難かと思えます。

社会的な情勢は勿論、チーム自体の状態から見ても、今季に関しては優勝争いやAクラス云々という事を論ずるのは、二の次になるのではないか?

正直、そう危惧しております。

3/14(土)△「持続したい競争」(カープ2020)

福岡ソフトバンクホークス4-4広島東洋カープ

オープン戦(カープ5勝4敗2分)

福岡PayPayドーム(福岡ドーム)

 

本塁打

(C)安倍2号①鈴木誠3号①坂倉1号②

(H)-

 

打点

(C)安倍①鈴木誠①坂倉②

(H)バレンティン①佐藤①高谷①

 

投手

※数字は自責点

(C)床田②-藤井-一岡②-DJ・ジョンソン-スコット

(H)松本①-二俣-サファテ-岩嵜③-森

 

先発、床田が初回に連打を浴びて失点するなどで5回2失点。

打線は中盤までは2回の安倍の本塁打本塁打のみに留まりリリーフ陣も一岡が3失点。

8回に鈴木誠、坂倉の1発攻勢で3点差を追いつき引き分けに持ち込む。

 

------------------------------------------------

本来なら開幕へ向けての最終テストとなる予定だったこの3連戦。

しかし、開幕が1ヶ月以上の順延を余儀なくされてしまった以上は、今日のスタメンのようにオープン戦序盤と同様に色々と試すオーダーになってしまうのは当然の事でしょう。

 

とはいえ、昨年同様に不振を極め、打率1割台にも満たない長野久義のようなやる気の欠片も見えないロートルを1番で起用した理由が何とも解せません。

案の定凡打の山で打率は遂に0.90台にまで低下。

いくらオープン戦とはいえ、本来なら守備固めぐらいしか起用法がない上本崇司のような選手の方が、まだやる気を感じられるだけマシに見えるレベルでレギュラーはおろかベンチにすら彼の居場所があるとは私には到底思えないです。

 

この長野の起用は勿論、堂林翔太を3番右翼で出場させるというシーズン中ならまず考えられない…というか想像すらしたくないぐらいの悪ふざけに等しいオーダーでしたからいつも以上に得点の予感すらしなかったのは当然の帰結ではあります。

しかし、それでも2安打を放った高橋大樹本塁打の坂倉将吾のようにこれまでの試合でも結果を積み重ねて来た選手たちが素晴らしい活躍を見せてくれました。

特に終盤ビハインドという場面で起死回生の同点弾となった坂倉は、不動のスタメンである會澤翼の存在によりシーズン通してこのようなシチュエーションでの起用が予想されるだけに大きな飛躍の予感を感じさせてくれるようになりました。

とはいえ、オリンピック開催に伴う例年より開幕が早まった事による短いオープン戦期間での調整から一転して今度は新型コロナウイルス蔓延による開幕延期に伴う史上最長ともいえるプレシーズン期間への対応を余儀なくされる状況。

ただでさえ安定感があるとは言い難いこれらの実績なき選手たちが、いつ始まるかすら分からない開幕までに好調を維持できるかは疑問です。

この長い仕切り直しの期間で、チーム全体でどれだけ競争力を持続出来るか。

この点でも私達のチームは未知との戦いを強いられていると言えるでしょう。

3/13(金) ●「プレシーズンのやり直し」(カープ2020)

福岡ソフトバンクホークス10-5広島東洋カープ

オープン戦(カープ5勝4敗)

福岡PayPayドーム(福岡ドーム)

 

勝利投手 川原1勝

敗戦投手 岡田1敗1セーブ

 

本塁打

(C)-

(H)-

 

打点

(C)松山②ピレラ②鈴木①

(H)中村晃①明石①牧原④リチャード②佐藤①

 

投手

※数字は自責点

(C)大瀬良④-岡田④-塹江①-菊池①

(H)東浜⑤-古谷-川原-嘉弥真-津森

 

打線は松山、ピレラの適時打で初回に4点先制も以降は適時打なく計5得点。

先発、大瀬良が5回4失点を喫すると以降はリリーフ陣が打ち込まれ逆転を許す。

守備のミスも要所で飛び出し5点差をひっくり返される惨敗。

------------------------------------------------

新型コロナウイルス蔓延の影響で開幕戦が4月10日以降の延期が決定したプロ野球

シーズンの開催可否についてはまだまだ予断は許さない厳しい状況ですが、プレシーズンに関してはひとまず仕切り直しとなった形です。

東西に分かれてのオープン戦の事実上の「延長」も取り沙汰されてはいますが、いつ決まるか分からない開幕戦に向けては好調なセクションの維持と共に延びた開幕までの猶予を使ってのウィークポイントの修正が各チーム課題となるのは言うまでもありません。

カープにとって、前者にあたるのは打線であり後者にあたるのが投手陣とりわけ昨シーズンから継続しているブルペンの惨状である事に異論はないかと思えます。

 

岡田明丈のリリーフ起用はそのブルペン立て直しの目玉の一つであった筈ですが…もはやこの試みは完全な失敗に終わったと断言して良いでしょう。

6回から登板して最初のイニングは何とか無失点に抑えたものの内容はボロボロで案の定次の7回には持ち前の集中力の無さを発揮して火だるまになってしまう醜態は目を覆うばかりです。

ここまで何の驚きも発見もないままダラダラとオープン戦で登板してきましたが、早々に二軍でやり直しさせるのが妥当なのは言うまでもありません。

ついでに周囲のあまりの悲惨から相対的に過度な期待を受けてしまっている状況の塹江敦哉も案の定、馬脚を現したうえに菊池保則も一向に状態が上がらない苦しい状態に変化がありません。

正直、ここまでブルペン総崩れとなると例え開幕までの準備期間が延びたとしても好転するとは到底思えない酷さです。

開幕が1ヶ月以上延びて事実上のプレシーズンのやり直しが決まった状態であるからこそ、投手陣…特にブルペンに関しては一から作り直すぐらいのドラスティックな取り組みが必要かと思われます。

 

一方で打線は故障で出遅れた松山竜平が調子を取り戻し、何故かここに来て当たりが出始めたホセ・ピレラと共に好材料を提供してくれました。

こちらはブルペンとは逆に来週が開幕でないのが返す返す悔やまれます。

何とか調子を維持できる集中力と努力を持続してほしいものです。

 

もっとも、本職である筈の外野ですら守れないピレラの守備の酷さには愕然としましたが…。

 

3/11(水)●「試練を前に」(カープ2020)

横浜DeNAベイスターズ7-1広島東洋カープ

オープン戦(カープ5勝3敗1分)

横浜スタジアム

 

勝利投手 上茶谷 1勝

敗戦投手 遠藤 1敗

 

本塁打

(C)-

(De)佐野1号③梶谷1号①ロペス1号①佐野2号①

 

打点

(C)安倍①

(De)佐野④梶谷①ロペス①伊藤①

 

投手

※数字は自責点

(C)遠藤⑤-高橋樹-塹江①-藤井-一岡-スコット①

(De)上茶谷-伊勢-山崎-国吉-パットン

 

先発の遠藤は3回に2者連続含む3被弾5失点で降板し、打線も適時打なしの1得点に留まる。

リリーフ陣も塹江、スコットが失点を喫し投打で圧倒される大敗。

------------------------------------------------

今日で東日本大震災からちょうど9年を迎えるこの日。

9年前は電力不足の影響で平日昼間の公式戦をカープが戦った横浜スタジアムでの試合となりました。

しかし、試合をのんびり眺めながらあの日の午後に唐突に訪れた惨劇とその後の苦労に思いを馳せる…というような事を我々が行う事は許されません。

何故なら客席に私達ファンの席はありませんし、何よりカーププロ野球にはあの時と同じ、もしくはあの時以上の危機が現在進行系で進んでいるからです。

世界的な新型コロナウイルス蔓延に伴う政府からのイベント自粛要請を受けてあの日の大地震のシーズン以来9年ぶりにプロ野球は開幕順延が3日前に決定したばかり。

ただでさえオリンピック開催に伴う休止がある今シーズンですから、延期により全試合日程の消化は困難な状況と考えて良いでしょう。

場合によってはプレーオフの中止やレギュラーシーズンの短縮なども想定されますし、無知と恐怖による他のスポーツやエンターテイメント系の興行に対するイメージ低下の影響で動員数そのものの減少など、その損失は9年前を遥かに凌ぐ事が予想されます。

もっとも未知のウイルスと人類の戦いという世界的な非常事態の前ですからカープ含めプロ野球界とそのファンで出来る事などありません。

個人的にも苦労の末に運良く手に入れた開幕カードのチケットが紙切れになってしまった事を含めて非常に歯がゆい気持ちはありますが、今は結果を受け入れていち早い開幕を願うしかありません。

 

試合に関しては先発6人の頭数すら揃わない状況で、昨シーズンは一時崩壊したブルペンをその細腕で支えてくれた遠藤淳志が先発しましたが、見事に力不足を露呈しました。

リリーフ陣もここまでまずまずの出来だった塹江敦哉と、DJ・ジョンソンの不振で開幕1軍が早々と確定しつつあるテイラー・スコットがあっさり失点。

はっきり言ってリリーフに関しては何一つ発見がないままオープン戦を終了することになりそうな勢いにすら思える酷いレベルになってきました。

開幕が順延となり新たな日程も未だに決められない中で選手たちがモチベーションと調子を維持していくのは大変な困難でしょうが、このセクションに関してはそれ以前の問題でしょう。

また、2回で降雨により終了してしまった昨日の試合で先制点を二人で上げた長野久義とホセ・ピレラが今日も1番2番を務める変則的なオーダーを組みましたが不発。

そもそもこの二人の同時起用。

佐々岡新監督の柔軟な起用法の現れと喜ぶ声もあるようですが、どうでしょうか?

ただでさえ、守備では守れるポジションが皆無に近いこの二人の同時起用というのはさほど実用的でも無ければ現実的とも私には思えません。

そんな無意味な実験をして限られたオープン戦の無駄使いをするようならもっと現実味のある試みをした方が良いかと思えます。