吹けよ風!打てよアレン!!

カープと趣味の日記

4/17(水) ○「数打てば当たるの論理」(カープ2019)

読売ジャイアンツ4-5広島東洋カープ

5回戦(カープ2勝3敗)

藤崎台県営野球場

 

勝利投手 フランスア1勝1敗

敗戦投手 クック1敗4セーブ

セーブ投手 中崎2敗2セーブ

 

本塁打

(C)菊池2号①

(G)丸5号②

 

打点

(C)菊池②西川②石原①

(G)亀井②丸②

 

投手

※数字は失点

(C)野村②-一岡-フランスア②-中崎

(G)高橋①-田原①-吉川光-宮國-中川-クック③

 

先発、野村は初回に失点もその後は抑えて6回2失点。

打線は序盤から再三走者を出すも決め手を欠く展開。

8回裏に丸に勝ち越し弾を許すも、最終回2死から菊池、石原の連打で逆転し連敗を止める。

------------------------------------------------------------------------------------

今日の試合の舞台はレジェンド前田智徳の故郷の球場であり、共に古くは山崎隆造が右膝蓋骨粉砕骨折という重傷を負った場所でもある熊本県藤崎台県営野球場

また、2016年の熊本地震以降ではカープにとっては初の熊本県下での公式戦でもあります。

ここまで今季は散々な試合を繰り広げてきたカープは今日も9回まで敗色濃厚という状況でしたが久しぶりに劇的な逆転劇を見せてくれました。

菊池涼介の土壇場での適時打は2016年夏の読売戦…あの、あと1アウトでカード3タテを決められて四半世紀ぶりの優勝が遠くなってしまうと思われた土壇場の場面での同点打を思い出させるような素晴らしいものでした。

また、ウエストしたボールが何故かど真ん中に来た幸運を見逃さなかった石原慶幸の幸運極まりない逆転打も「最高に素晴らしきインチキ」とも形容すべき劇的な怪打…ではなくて快打。

しかも、それが今季ここまで無敗の相手クローザーのライアン・クックからというのですから余計に奇跡的です。

まさに「逆転のカープ」の復活!!…と言いたいところですが試合全体を眺めれば、これまでと同様の冴えない試合に過ぎません。

 

打線は、ここまでチーム唯一の3割打者である野間峻祥を外して、どちらも打率1割台

の3番にサビエル・バティスタと5番松山竜平を並べる不可解極まりないオーダー。

粗悪なバットとボールでプレーしていた戦前のプロ野球でもあり得ないぐらいの酷い成績の選手二人に挟まれて、ようやく復調の兆しが見えてきた鈴木誠也も身動きが取れない状態になってしまっていました。

それでも8つの四死球をくれた相手の助けもあってほぼ毎回走者を出すことは出来ていました。

しかし、それでも9回以外の得点は菊池の本塁打と西川龍馬の変態的な打棒による3塁打によってのみで連打はなし。

そう考えると今日の逆転劇も勝負強さが戻ってきたというよりは相手のミスもあって作り続けた好機を「数打てば当たる」の理論で何とかものにしたに過ぎないでしょう。

また、ヘロニモ・フランスアは前回登板に続いて致命的な当たりを簡単に打たれてもはや信用できない投手に成り下がりましたし、最終回の長野久義の幼稚極まりないエラーに代表されるように2失策と守りのミスも歯止めが効いていません。

結局のところ、今日は先発の野村祐輔がそれなりに試合を作った事で何とか試合を序盤から決められる惨事を防ぐ事が出来た以外はいつもどおりという事です。

 

あの未曾有の災害からの復興に励む熊本県の方々に最後まで声援を送って頂き、勇気を与えられた末に劇的な結末はもたらされましたが、チームが崩壊したカープ自体の再建の道はまだまだ険しいと言えるかと思います。

4/16(火) ●「先発と打線あっての」(カープ2019)

読売ジャイアンツ8-2広島東洋カープ

4回戦(カープ1勝3敗)

鹿児島県立鴨池球場

 

勝利投手 山口3勝

敗戦投手 ジョンソン2敗

 

本塁打

(C)鈴木7号①

(G)岡本6号①陽1号①

 

打点

(C)鈴木①西川①

(G)ゲレーロ①丸②ビヤヌエバ②小林①岡本①陽①

 

投手

※数字は失点

(C)ジョンソン④-アドゥワ-菊池保②-矢崎②-中村恭

(G)山口②-中川-クック

 

先発、ジョンソンは初回から崩れ3回4失点でノックアウト。

打線は山口から6四球を得ながら鈴木の本塁打などの2得点に留まる。

序盤から投打で圧倒される惨敗で2連敗。

------------------------------------------------------------------------------------

開幕からカードが1巡するなかですっかり無様な試合で負ける姿おなじみになったカープ

2巡目最初の試合でも容赦のなく酷い試合でファンの落胆を誘いました。

 

先発のクリス・ジョンソン…に顔が似ている左手でボールが投げられるだけの態度の悪い外人は初回から制球すら定まらずあっさりと試合をわずか2回で終わらせました。

先週、ノックアウトされた試合の後も、今季のジョンソンは故障も含めて何らかのコンデション不良で到底試合に出られる状態ではないと書きましたが…ますますその認識に確信が持てた気がします。

やはり、彼は早々に登録を抹消するべきでしょう。

仮にそうでないなら、上記の通りにやはり顔が似ているそっくりの見知らぬ外人がジョンソンの名を騙って投げているという事ですから、来週の火曜日に球団は球場の入り口でしっかりと彼の身分証明書を確認するべきかもしれません。

 

さっさと試合を壊したのが先発なら、早々に試合を放棄してしまったのが打線。

特に酷かったのが先発の山口俊が4点の援護を早々に貰いながら下位打線相手に四球連発で1死満塁という好機をプレゼントしてくれたにも関わらず無得点に終わった3回表。

事実上、あの時点で試合は終わってしまったと考えて良いでしょう。

その後も鈴木誠也の2試合連続の本塁打でようやく1点を返した直後にまたも四球連発で好機をプレゼントして貰いながら西川龍馬のしょぼい犠牲フライのみという体たらくで恥の上塗りを重ねる始末なのですから。

 

全員がほとんど酷い野手の中でも特筆すべきは地元・鹿児島での試合で攻守ともに無様なプレーを連発した松山竜平

守備では正面のライナーを後逸するという考えられないプレーで試合をぶち壊し、打席では3タコで途中交代と怒りを通り越して滑稽ですらある酷さ。

「竜平会」なる自身の個人応援団が大挙して駆けつけてくれたそうですが、これだけ酷いと球場から抜け出して誰にも会わずにさっさと明日の試合場所である熊本行きの電車に乗った方が無難にすら思えます。

 

攻守ともに無様なチームにおいてそれなりのクオリティを見せて目立ったのがミドルリリーフで登板し2イニング無失点でビハンドの維持に成功したアドゥワ誠。

しかしミドルリリーフという役割はそれなりに試合を作る先発と十分な反撃が期待できる昨年までのカープのようなチームにあって輝くものです。

今日の彼の活躍も、先発がこれだけ早く降板して打線も全くの無力ならば何の意味もありません。

こういう投手が頑張っているうちに上手く立て直したいところですが…まあ、望むべくもない事は書いても仕方ないですね…。

4/14(日) ●「『もっとも恥ずべきチーム』という現実」(カープ2019)

f:id:Allen1991_09:20190415213245j:plain

横浜DeNAベイスターズ4-2広島東洋カープ

3回戦(カープ1勝2敗)

横浜スタジアム

 

勝利投手 井納2勝

敗戦投手 九里2敗

セーブ投手 山崎1勝2セーブ

 

本塁打

(C)鈴木6号①

(De)ロペス2号②ソト6号①

 

打点

(C)鈴木①

(De)ロペス②嶺井①ソト①

 

投手

※数字は失点

(C)九里③-レグナルト-一岡-フランスア

(De)井納①-エスコバー-パットン-三嶋-山崎

 

先発、九里は中盤に連打を浴び4回3失点で降板。

打線は鈴木の7試合ぶりの本塁打で先制後は貧打の山で3安打1得点。

打線の不振から抜け出せず球団史上ワースト記録の開幕5カード連続負け越し。

------------------------------------------------------------------------------------

開幕戦以降は負けに負け続けた末に遂に開幕5カード連続負け越しという球団記録が更新されました。

70年近い歴史を持つ球団においてのワースト記録ですから数年前までの暗黒期は勿論の事、食うや食わずで試合に望んでいた創成期ですらも超えた「史上もっとも恥ずべきチーム」がここに誕生したという事になります。

 

先発の九里亜連は前回同様に集中力は勿論、闘志も見られない適当な変化球でひたすら逃げ回るだけの投球で昨日の試合で負傷退場した筒香嘉智に代わって4番に座ったホセ・ロペスに感動的な本塁打をプレゼントしてあっさり降板。

今季ここまでQSはおろか5回すら持たない無様な投球を続けている以上は、もはやローテーションにいる理由はない筈ですが、そこはこの「恥ずべきチーム」の現実が立ち塞がります。

既に当分は帰ってくることはない「自分探しの旅」に岡田明丈が旅立った以上は、代わりにいれる先発ははっきり言って見当たりません。

一部ではアドゥワ誠や、中村祐太を推す声もありますが正直、大きな違いを作れる程の実力があるとは思えません。

結局のところ「他に投手がいないから」という消極的な理由で九里がローテーションにしばらくは居座る事になるでしょう。

もっとも、今日のように彼を先発ではなく「3回から4回までの最初のイニングを投げるミドルリリーフ」という捉え方をするなら比較的に潤沢にリリーフを投入しやすい日曜日ならまだ戦えるかもしれませんが。

 

打線は昨日、ようやく「決定力はともかく好機そのものは作り続ける」という基本が出来るようになっていましたがやはりここも「恥ずべきチーム」の悲しい現実。

結局、一つのきっかけを簡単に継続できる程度の能力の選手たちが揃っているならこんな記録は作らないという事でしょう。

7回に1死2塁3塁という好機で今季は不振が続くスペンサー・パットンをイニング途中で投入するという正直、良策とは言い難い相手の継投にもつけ込む事すら出来ず相手ファンにまたまた感動をプレゼントするあたり、本当にこのチームはどの投手のどういう条件でも得点するのが困難だと実感します。

最終的にまともに得点を挙げたのは昨日の幸運としか言いようがないしょぼい適時打とは異なり久しぶりに完璧な当たりを見せた鈴木誠也だけでしたがその鈴木にしても恐らくは今日をきっかけに当たりを取り戻す事はないでしょう。

チーム全体で継続性がなくひたすらみんなで足を引っ張り合う事こそが「恥ずべき記録をもつ恥ずべきチームの現実」たる所以なのですから。

f:id:Allen1991_09:20190415213257j:plain

4/13(土)○「基本を守ったが故の」(カープ2019)

f:id:Allen1991_09:20190413215403j:plain

横浜DeNAベイスターズ1-6広島東洋カープ

2回戦(カープ1勝1敗)

横浜スタジアム

 

勝利投手 床田2勝1敗

敗戦投手 京山2敗

 

本塁打

(C)-

(D)神里3号①

 

打点

(C)野間①西川①安部①鈴木③

(D)神里①

 

投手

※数字は失点

(C)床田

(D)京山③-浜矢③-笠井-砂田-藤岡-三嶋

 

先発、床田は初回に先頭打者本塁打を浴びるも以降は安定し4回以降は無安打で投げきる。

打線は初回に野間の適時打で先制するなど再三の好機を活かして6得点。

先発が好投し打線が序盤から援護する展開を見せて連敗を止める。

3安打で9回を投げきった床田はプロ入り初の完投勝利。

------------------------------------------------------------------------------------

ここ最近のカープは連敗も去る事ながら内容的にももはや試合とは思えないぐらいに酷い状態ですが…。

そうなってしまうの要因の一つはどれだけ戦力が拙いチームでも勝利するために必要な基本的な試合展開が全くできていないからです。

即ち、先発がしっかりと試合を作り、それを受けて序盤から打線が好機を作って援護点を稼ぐ。

あの「遠い思い出」となった素晴らしき開幕戦も含めてそれがまったく出来ていなかったのが今季のカープでしたが例外と言えば先週の土曜日の阪神戦。

今日はその試合と同じく床田寛樹が先発を務める試合でそれを久しぶりに見せてくれました。

基本的にこのチームの攻撃における基本は「好機を確実に決める」ではなく「好機そのものを相手がうんざりするぐらいに反復して作る」事にある訳ですが今日のカープは9イニング中6イニングで得点圏に走者を進める事に成功できました。

特に初回は田中広輔の安打と盗塁に菊池涼介の安打で作った好機を野間峻祥が上手く叩きつける打撃で適時打にして先制した場面が印象的。

負けがこんでる状況で積極的に振る舞ったのが功を奏した好例かと思います。

しかしこれをもってして「昨年のカープが帰ってきた」というのは勿論、早計です。

結果的に得点をある程度取れたとはいえ上記の先制以降は無死1塁3塁で無得点であった事からも分かる通り勝負強さはまだまだです。

また、23打席ぶりに適時打を放って結果的に決定的な一打となった鈴木誠也にしても平凡な打ち損ないが偶然いいコースに飛んだ結果にすぎませんし、松山竜平は最初から最後までブレーキでした。

願わくば、今日の結果が今後の好転に繋がる事を祈るばかりです。

 

一方、先発の床田寛樹はいきなり先頭の神里和毅に同点弾を浴びたり、投げ損ないの投球が筒香嘉智の肘に直撃して負傷退場に追い込むハプニングなど実績からいえば崩れても仕方ない出来事が幾つかありながら最後まで投げぬいてくれました。

基本的に球種の引き出しが多い投手ではありませんが、今日はスライダーが最後まで冴え渡っていました。

好打者が多いベイスターズ相手2回以降は最後まで決定的な当たりを許さなかったのはスライダーとフォーシームがどちらも素晴らしくかつほとんど同じ軌道に見えていたからでしょう。

また、筒香を負傷退場に追い込んだが故に少しでもインサイドにボールを投げると飛び交う相手ファンからのブーイングと怒号にも惑わされない強さも特筆すべき事。

まさにその姿は救世主と呼ぶに相応しいものでした。

彼がこの状態を維持しているうちに他の投手がしっかり立ち直って欲しいものです。

 

f:id:Allen1991_09:20190413215422j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その床田について…。

私は普段、あまり他球団のファンにとやかく意見する事は控えているのですが、ちょっと最後に書いておきたい事があります。

床田のようにトミー・ジョン手術と辛いリハビリを乗り越えた投手が結果的に相手チームの主砲を負傷退場に追い込んだのは不幸な事故としか言いようがありません。

とはいえ、試合中ならともかくわざわざヒーローインタビューを受けている最中にもブーイングが飛ぶのは異常以外の何物でもありませんし、あまりにこの苦労を重ねた左腕への慎みを欠いた振る舞いと思わざるを得ません。

私は以前、この球場で會澤翼が頭部死球を受け緊急搬送された際も、神宮球場前田智徳死球で現役生活を事実上終えてしまった際も現地にいましたが、ぶつけられた瞬間こそ怒りがえわいたものの、試合が終われば結果はどうあれ不幸な事故として受け止めるしかない…その時はそう考えた筈です。

しかし、横浜スタジアムで今日、私の反対側の座席にいた人たちはそうは思わなったようで大変残念ですし、非常に憤りを覚えています。

勿論、上記のような行為に及んだ人たちはごく一握りに過ぎず私の学生時代の恩師(湘南出身)も含めてベイスターズファンの大多数は素晴らしい尊敬するべきファンの鑑である事も言うまでもありません。

 

 

4/12(金) ●「特効薬はない」(カープ2019)

横浜DeNAベイスターズ6-0広島東洋カープ

1回戦(カープ1敗)

横浜スタジアム

 

勝利投手 今永2勝1敗

敗戦投手 大瀬良1勝2敗

 

本塁打

(C)-

(D)伊藤光1号②ソト5号②

 

打点

(C)-

(D)楠本①伊藤光③ソト②

 

投手

※数字は失点

(C)大瀬良④-中村恭②

(D)今永

 

先発、大瀬良は毎回走者を背負う投球で力尽き6回4失点。

打線は今永の前にまったく刃が立たず1安打完封を許す。

攻守ともに実力差を見せつけられる惨敗で5連敗。

------------------------------------------------------------------------------------

開幕から対戦チームが一巡するのを経たずにボロ雑巾のようになってしまったカープの最後の相手は開幕から好調を維持するベイスターズ

もはや勝ち負け以前にまともな試合を見せるぐらいしか期待できませんでしたが、今日もそれすら果たせず惨めに敗れ去る事となりました。

 

先発の大瀬良大地はここまでボロボロの先発陣を牽引してきてくれましたが、遂に我慢の限界に達したかのような不安定な投球。

せっかく相手打線の強打者を抑えても下位に打たれるというツメの甘さは集中力が持続できなくあっている証拠でしょう。

正直、内容も結果も散々なのですがそれでも今週の他の試合で先発している愚かで惨めなろくでなし共に比べれば幾分か見られる投球ではありました。

これだけチームが転落している状況だと次回以降の登板は立ち直ってくれるとは到底思えませんがそれでも飲み込まれないように信じるしかありません。

 

前回の登板時同様に大瀬良だけに試合をさせていた打線…。

いや…もはや線とは呼べた代物ではないので「打者ども」とでも呼びましょう…。

その打者どもは今日も試合に参加する事すら放棄したかのような展開。

まあ、前回の試合は3年間で3勝しか出来なかった程度の投手に手玉に取られた程度の能力ですから今日は相手が悪すぎました。

今季好調の今永昇太と今のカープの打者どもでは大人と子供ぐらいに実力差がかけ離れています。

せいぜい、完全試合されなかっただけでも運が良かったと思うしかありません。

今日は遂に田中広輔を8番に下げるなど色々と手を加えてきましたが、もはや不振でない選手を見つける事すら困難で穴しか見当たらない今の状況を考えるとほとんど無意味な小細工に過ぎないように見えます。

これだけ総崩れの状況ではてっとり早く立て直す特効薬はないという事なのでしょう。

そうである以上は、少しずつきっかけを探すしかありません。

まあ、それが出来る前にあと何連敗するか分かったものではありませんが。

 

4/11(木) ●「健気な期待すら」(カープ2019)

東京ヤクルトスワローズ6-2広島東洋カープ

3回戦(カープ3敗)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 

勝利投手寺原1 勝

敗戦投手 岡田2敗

 

本塁打

(C)松山2号②

(S)

 

打点

(C)松山②

(S)バレンティン①雄平②太田①青木①山田哲①

 

投手

※数字は失点

(C)岡田⑥-矢崎-レグナルト-菊池保

(S)寺原②-マクガフ-近藤-石山

 

先発、岡田は初回から四球連発で自滅し2回途中でノックアウト。

打線は序盤から拙攻を続け中盤に松山の本塁打による2得点のみ。

好走守で連夜の崩壊を見せつけスイープを喫し4連敗。

------------------------------------------------------------------------------------

連日連夜、ド派手にぶち壊れた挙げ句、見事な転落劇を見せているカープ

今夜もその汚名を返上するどころか恥に恥を重ねて更に恥を上塗りして焼き固めるかのような酷い試合を見せてくれました。

これだけチームが崩壊してしまった以上は、「もはや勝ち負けに以前にせめてまともな試合ぐらい見せて欲しい」というのがファンの願いの筈ですが…。

そんなささやかで健気な期待すらぶち壊したのが先発の岡田明丈。

彼が見せたのは、いきなり初回から四球を連発し打者10人に対してなんと与四球6と到底プロ野球選手に見えない投球というのもおこがましい何らかの行為と呼ぶべき代物でした。

それでも初回からろくでもない投球を見せられたにも関わらず、球場のファンは3者連続四球で無死満塁となってももはや名物となった投手への激励の拍手を送り続けていました。

それに対して砂を後ろ足でかけるように押し出しで応えるという許しがたい行為には、この期に及んでこのチームに怒っても仕方ないという諦観を持った私でさえ怒り以外のなにものも感じません。

もはや失点云々以前に公認野球規則で禁止されている「敗退行為」としてNPBから何らかの制裁が課せられても良いレベルです。

少なくとも今季は1軍の試合で彼が投球する事は絶対に許してはならないでしょう。

 

もっとも、この匹夫の愚行だけで5回裏終了して試合が成立した時点で試合を中止してチケット代を全額返金するべきレベルだったこの酷く醜い試合が演出された訳ではありません。

昨日は漸く「繰り返しチャンスを作る事が出来つつある」と感じた打線も今日は、ここ3年で3勝しかしてない投手相手に拙攻を繰り返して逆戻り。

あまりの守備の酷さにレフトと守備位置を試合中に交代させられるという高校野球以下の恥さらしな醜態をさらした松山竜平が適当に振ったバットにボールが当たった事により完封負けこそ避けられましたが、これまた悲惨以外の表現のしようがありません。

何より目立つのがここ4試合で無安打という鈴木誠也の惨状。

先週までの勢いはどこへやら、周囲に呑まれて完全にやる気を失ってしまっているかのようにすら見えます。

まさにチームとしては勿論個人の記録ですら見るべきものがない悲惨な現状を物語っているかのようです。

こうして繋がりが最後までほとんどなかった打線を見る限り明日以降も適当にバットを振って相手投手に自信を生むだけなのは明白です。

もはや日本記録の18連敗を超える凄まじい記録を生む準備すら整えてしまったカープ

まだまだ転落は続くという事でしょう。

4/10(水)●「完全崩壊の夜」(カープ2019)

広島東洋カープ3-15東京ヤクルトスワローズ

2回戦(カープ2敗)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 

勝利投手 マフガフ1勝

敗戦投手 中崎2敗1セーブ

 

本塁打

(C)-

(S)-

 

打点

(C)野間②菊池①

(S)雄平④バレンティン②西浦①大引①中村①荒木②田代③

 

投手

※数字は失点

(C)野村③-アドゥワ-一岡-フランスア-中崎⑤-中田⑦

(S)ブキャナン③-ハフ-梅野-近藤-マクガフ-五十嵐

 

先発、野村祐は序盤から走者を背負う投球で、4回3失点で降板。

打線は再三好機を作り中盤に同点に追いつくも3得点に留まる。

7回無死1塁3塁を活かせず延長10回に打者一巡の猛攻を受けチームが崩壊し3連敗。

------------------------------------------------------------------------------------

開幕第2戦目以来不振不振と言われていたチームは、いよいよ完全崩壊というところまで来てしまいました。

延長戦での12失点は勿論、日本ワースト記録。

延長までもちこんだうえでのこの惨めな結末は控えめに言っても「終わり」を意味する以外の何ものでもないでしょう。

ある程度予想がつかなかった訳ではありませんが、リーグ3連覇と栄華を誇ったチームがこうも簡単に音を立てて崩れる姿は見ていて物悲しい物があります。

最後はここ3年、再三の好守でチームの勝利に貢献してきた菊池涼介の衰えを感じざるを得ないようなエラーで試合が壊れるというのもなんとも象徴的。

 

先発の野村祐輔は前回の登板とは異なり制球難を露呈する内容。

所詮は変化球で逃げ続けるだけのストライクゾーンで勝負できない軟弱な投手の悲しさ。

相手打者にとってはとにかく際どいボールは全て落ち着いて見送って打ち頃のボールを待つだけでしたから気楽なものだったかと思います。

打線は打線で、一岡竜司が一つ間違えば大怪我になりかねないような闘志溢れる好プレーで失点を防いだ直後の7回無死1塁3塁の好機を決めきれない事に代表されるように今宵もただただ勝負弱さだけが際立つ事になりました。

ここまで散々、チームの足を引っ張っていた田中広輔が漸く安打を放ちはしましたが、今度は鈴木誠也がここ3試合無安打で打率3割も切ってしまう不振ぶり。

結局のところ足の引っ張り役が交代しただけの事でした。

こうやってよってたかってみんなで足を引っ張り合う姿はまさに最下位のチームに相応しいものと言えるでしょう。

 

もっとも9回までは同点であった訳ですから先発がさっさと降板したわりには多少の見どころはあった事も確かです。

今季初登板で5回から登板したアドゥワ誠は2回無失点とまずまずの投球。

先発が脆弱で打線も序盤からの爆発が期待出来ないチームにとって彼のようにミドルリリーフでビハンドを維持出来る投手は何人いても不足ではありません。

好調とは言い難い中崎翔太を水曜日からイニング跨ぎをさせる程度の知性しかないベンチに酷使される事が心配ですが、どうにかきっかけの一つになってほしいものです。

また、勝負弱いとはいえ今日の打線は昨年までのように1試合で「何度も何度も好機を作る」という事は出来ていたと思います。

完全崩壊という悲しい現実が横たわってはいますが、全てを失ってしまった以上は、こういう小さなきっかけを大事にしていきたいものです。

もっとも冷酷に言い切ってしまえばそういうきっかけすらすぐに失ってしまうのが弱いチームの定めという事も賢明なるファンなら覚悟しているのでしょうが。