吹けよ風!打てよアレン!!

カープと趣味の日記

5/22(日)○「最良の選択肢はない中で」(カープ2022)

広島東洋カープ1-0中日ドラゴンズ

11回戦(5勝6敗)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 

勝利投手 アンダーソン2勝

敗戦投手 柳4勝2敗

セーブ投手 栗林1敗8セーブ

 

本塁打

(C)堂林3号①

(D)-

 

打点

(C)堂林①

(D)-

 

投手

※数字は自責点

(C)アンダーソン-矢崎-森浦-栗林

(D)柳①-ロドリゲス

 

先発、アンダーソンは5安打を浴びながら3塁を踏ませない投球で6回無失点。

打線は5回途中まで無安打の拙攻で6回裏の代打堂林の本塁打による1得点に留まる。

7回以降は矢崎、森浦、栗林が無失点で凌いで逃げ切りでカード3連勝。

------------------------------------------------

貧打で3タテを食らった東京ドームから逃げ帰ってからの一昨日昨日の2試合で二桁得点と望外の結果を残したカープ打線。

しかし、やはり今日は現実を思い知らされる事となりました。

相手先発の柳裕也は今季2度の対戦で一度たりとも得点を得られていない苦手投手。

今日は、何とか代打堂林翔太の意外過ぎる一発最少得点をもぎ取る事こそ出来ましたが、全体を見ればこの2日間の勢いをもってしても及ばないという事実が残りました。

残念ですが、改めてこの投手に関しては、今季はカープ相手に登板して貰わない事をただただ祈るしかないでしょう。

 

一方で、好投手相手に打線の援護が全く望めない状況で得点はおろか、3塁すら踏ませない無失点での投球をドリュー・アンダーソンは続けてくれました。

前回登板時はストレートを狙い撃ちにされてノックアウトという憂き目にあいましたが、今日は変化球もしっかり制球出来ており、何よりドラゴンズがスワローズに比べてさほど研究していなかいように見えたのも幸いしました。

あまりにあっさり2戦目で攻略された為に今後の大きな活躍は望めないように見えましたが何とか立て直した形になったのは何よりです。

 

また、苦手投手相手に何とか得た先制点を先発の好投と、最大の懸念だった継投を無安打で凌ぐという素晴らしい結果により勝利出来たのは勿論ですが…6回裏の代打堂林に7回表での1点差リードでの矢崎拓也投入とお世辞にも信頼できるとは言い難い能力の選手を、リスクを覚悟で投入したベンチの決断には驚かされました。

大半が信頼できない限られた戦力だらけでアンダーソンの続投や、矢崎以外の投手の投入は決して間違いではない最良の選択肢がない状況でこの判断と結果とは…本当に火曜日の宇都宮でやらかした連中と同一人物かと思えるぐらいです。

どれだけ好調でも低迷は避けられないであろう交流戦が次週からは始まってしまいますが、森浦が8回を抑えた事と、コンディション不良の栗林がしっかりと抑えて事なきを経た事と並んでこういうベンチの起用をその前に見られた事には多少なりとも縁起の良さを感じられたかもしれません。

5/21(土)○「驚きの序盤に奇妙な終盤」(カープ2022)

広島東洋カープ10-1中日ドラゴンズ

10回戦(カープ4勝6敗)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 

勝利投手 森下4勝1敗

敗戦投手 岡野1勝2敗

 

本塁打

(C)西川5号③磯村1号②

(D)-

 

打点

(C)菊池涼①坂倉①磯村③西川③小園①

(D)岡林

 

投手

※数字は自責点

(C)森下-小林①-ケムナ

(D)岡野⑨-山本-藤嶋-田島-谷元-根尾

 

先発、森下は中盤以降にピンチを招くも凌いで7回無失点の好投。

打線は初回から打線が繋がり西川、磯村の本塁打などで2回までに9得点。

連日の序盤からの大量得点が効いて連勝でカード勝ち越し。

------------------------------------------------

貧打により3連敗を喫した前カードから一転して好投手から試合序盤に大量得点を奪う事に成功したのが昨日。

安定したパフォーマンスを続けられる選手が少ない故に今日はその反動が返ってくるのではと予想していましたが…そうはなりませんでした。

相手先発は前回登板時にあのスワローズ打線を5回無安打に抑えた岡野裕一郎でしたが、野間峻祥菊池涼介の連打でいきなり先制に成功すると以降も打線は繋がりました。

西川龍馬や小園海斗が復調しつつあるのに加えて上記の野間が4安打を放ったのに加えて磯村義孝が2年ぶりとなる意外過ぎる本塁打を放つなどで終わってみれば先発全員安打となる16安打。

調子が安定せず気まぐれな打線にあって連日序盤からこれだけ繋がるのは大変な驚きです。

上記の通り西川や小園の復調に加えてこれまで固定できなかった1番で野間が活躍を見せているのが効いているようには思えますが…全く期待してなかった事態に返って困惑してしまいますね…。

 

打線の援護が無かったおかげで好投を続けながら1ヶ月近く勝ち星に恵まれていなかった森下暢仁は序盤こそ気合十分の投球を見せましたが、大量得点を得た以降は再三走者を背負う不安定な投球。

これまで全く組んだ事がない磯村とのバッテリーに戸惑ったのか、はたまたこれまで自身の好投を台無しにしてきた打線からの思いもよらない大量援護に返って混乱してしまったのか…。

それでも昨日の大瀬良大地とは異なり結局、無失点で凌げたのは恐らくはフォーシームに力があったからかと思います。

まあ、せっかくだから2失点ぐらいはしても良かったようにも思えますけれども…。

 

もっとも、この試合。

カープが大量リードで勝利した事以上に、試合中盤では相手チームが高橋周平をプロ入り直後の一時期を除いて全く守った事がないショートに据えたのに加えて、終盤では外野手登録の根尾昴をマウンドに上げて来たのに対して、何故かこちらも代走に末包昇大に送り込む事で応じたりと双方のベンチが意図がよく分からない起用を見せるという奇妙な展開になった事の方が話題にはなっているようです。

もっとも、根尾のフォーシームはその前後に投げた小林樹斗やケムナ誠に比べると明らかに迫力があったようには見えたのは何とも…。

5/20(金)○「沈滞ムードを振り払う一発」(カープ2022)

広島東洋カープ11-5中日ドラゴンズ

9回戦(3勝6敗)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 

勝利投手 大瀬良5勝1敗

敗戦投手 大野雄2勝4敗

 

本塁打

(C)マクブルーム6号④小園2号③

(D)阿部5号①木下3号②

 

打点

(C)マクブルーム④坂倉②西川②小園③

(D)阿部③木下②

 

投手

※数字は自責点

(C)大瀬良⑤-森浦

(D)大野雄⑤-佐藤⑤-藤嶋-田島-山本①

 

先発大瀬良は初回から不安定な投球で6回に集中打を浴びるなどで5失点。

打線は初回にマクブルームの満塁弾で先制すると5回にも打者一巡の猛攻。

中盤までの大量リードに守られて大瀬良は8回まで投げ抜き連敗を4で止める。

------------------------------------------------

ベンチの采配ミスと連日の貧打が響いてあえなく3タテを食らって沈滞ムードが漂うカープは、今日から本拠地に戻って交流戦前最後のカード。

打線の低迷に関しては手の打ちようがなく、何かの気まぐれで勝手に打ち始めるのを待つしかない…というような事を昨日書きました。

一方で、相手先発は前々回の登板で延長10回2死までパーフェクトに抑えながら完全試合を逃し、1試合29者連続アウトという球史に残る記録を残した大野雄大

聞けばこの大野雄大は、実はマツダスタジアムでは2014年以降一度も勝ち星を挙げていないというこのレベルの投手にしては奇妙なジンクスを持ってはいるものの、今のカープ打線ではまず打てない以前に、果たせなかった大記録を達成する可能性が高かったように思えました。

しかし、初回からのその予想は大きく覆る事になります。

今季初の1番打者に座った「消息不明だったキャプテン」こと野間峻祥の幸運極まりない内野安打を放ちノルマであった「完全試合阻止」とその後も打線が繋がり無死満塁。

だいたい、現状のカープのような拙攻が続いているチームにとって無死満塁とは打者がかえってパニックになって1点も取れないという事はありがちな訳ですが…そういう悲観的な予想を特大の一発で振り払ったのはブライアン・マクブルームでした。

最近は好調で、近年の新外国人野手としては良い数字を残しているものの単打と四球が圧倒的に多く消極的かつ4番を任せるにしては迫力に欠ける打者という印象を個人的には持っていたのですが…なんとこれが自身の野球人生でも初となる満塁弾。

好投手相手に決定的な当たりが出た事で沈滞ムードに包まれていた打線が、これで一気に活性化したかのように繋がり、5回裏にも打者一巡の猛攻で5得点を挙げて、これまた予想外の二桁得点をあっさり挙げる事になったのは何よりです。

まあ、これが持続しないのがまた、このチームのダメなところなのですけれども…。

 

とはいえ、試合全体を見ればそれでも快勝と言い難い印象を残してしまったのは大瀬良大地が低調な投球に終始したからでしょう。

上記のように味方の援護に守られたものの6回には集中打を浴びて4失点を喫するなどはっきり言って今季先発した投手の中でも最悪レベルの酷さでした。

5月6日以来の中13日での登板と休養は十分な筈でしたが…序盤から球威が無く、まるでくたびれたかのような投球を見せたのですから登板間隔とは難しいものです。

また、そんな投手を得点差があるとはいえ8回まで続投させたベンチは相変わらず常識が通じない集団なのだと改めて思えます。

今日の相手がこちらと同じぐらい貧打に苦しむチームだっただけで、上位チームや交流戦なら間違いなく逆転されていた事でしょう。

久しぶりに大量得点を得て勝利した試合とは割り切れない思いは残ります。

5/19(木)●「芝生が育つのを待つように」(カープ2022&観戦記)

読売ジャイアンツ2-1広島東洋カープ

12回戦(4勝8敗)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 

勝利投手 菅野5勝3敗

敗戦投手 九里2勝2敗

セーブ投手大勢1勝1敗16セーブ

 

本塁打

(C)-

(G)-

 

打点

(C)野間①

(G)吉川①中山①

 

投手

※数字は自責点

(C)九里②-ケムナ-塹江

(G)菅野①-大勢

 

先発九里は7安打で逆転を許すも7回を10奪三振2失点の好投。

打線は2回に野間の適時打で先制も以降は繋がらず散発5安打。

最終回に1死満塁の好機も活かせず4連敗。

------------------------------------------------

試合が終わった瞬間、今日も私たちが見たのは歓喜で湧くグランドではなく少し汚れたドームの屋根でした。

スコアを見れば、接戦には見えますがそう思わせているのは九里亜蓮が見事な投球を見せてくれたからという事だけでしょう。

試合の初めから終わりまで終始、得点の予感はしませんでしたし野間峻祥のまぐれ当たりで幸運にも先制出来た事はむしろ奇跡としか言いようがありません。

 

「今日は勝ちたいですよね!」

試合中に笑顔でビールを手渡す売り子さんに言われても正直、曖昧な笑みを浮かべるしかありませんでした。

 

最終回は相手監督の明らかな采配ミスで掴んだ好機を活かす事が出来なかったばかりか、かえって新人クローザーに改めてプロの厳しさを叩きこまれただけの事でした。

こう考えると実際のところはかなり一方的な試合だったかと思えます。

適時打は放ったとはいえ上記の野間に加えて大盛穂や矢野雅哉とバレーボールにすらバットを当てる事を出来ないのではないかと思えるぐらいに絶望的な打撃センスの選手をスタメン起用した事や、最終回に結局野間に代打を出さずに私を含めて周囲の観客を苦笑いさせた事などベンチに対する文句はいくつかあるかとは思います。

ただ、今日は現地で見ていてそれらは些末な事に思えます。

要するに広島カープというチームに現在在籍する選手の大半には打撃に関するセンスも能力も感じられないという事。

そうである以上は、今はただただ待つしかないでしょう。

今日の試合で不振を極めていた西川龍馬が何となく2安打を放ったような気まぐれで繋がり始める事を、庭に適当に放置した芝生が綺麗に育つのを待つかのように…。

まあ、その前にシーズンは終わっていそうではありますが…。

一方で、上記の通り一方的だった試合を白熱した試合にしてくれた九里は最後は不覚を取ってしまった形ですがさほど好調とは言い難い立ち上がりから7回まで良く試合を作ってくれました。

この九里と言い森下暢仁といい、なかなか好投が報われないのが敗北以上に受け入れがたい事。

こちらはどこまで「味方の裏切り」に耐えてくれるものか…。

非常に苦しい日々はまだまだ続きそうです。

5/18(水)●「5回コールド負け」(カープ2022)

読売ジャイアンツ4-2広島東洋カープ

11回戦(カープ4勝7敗)

東京ドーム

 

勝利投手 山崎伊2勝1敗

敗戦投手 床田4勝2敗

セーブ投手 大勢1勝1敗15セーブ

 

本塁打

(C)-

(G)ポランコ8号①ウォーカー8号③

 

打点

(C)小園①マクブルーム①

(G)ポランコ①ウォーカー③

 

投手

※数字は自責点

(C)床田④-薮田-矢崎-塹江

(G)山崎伊①-高梨-鍬原①-今村-デラロサ-大勢

 

先発床田は毎回走者を背負う不安定な投球で本塁打2本浴びて5回4失点で降板。

打線は再三走者を出すも繋がりに欠けて中盤以降に2点返すも及ばず。

先発が試合を作れず打線も拙攻の展開で惨敗を喫し3連敗。

------------------------------------------------

先発投手の素晴らしい投球から一転してクローザーのコンディション不良と、指揮官の考えられない愚行により逆転サヨナラ負けを喫した宇都宮での悪夢から一夜明けて今日は東京ドームでの試合。

残念ながらその屈辱を払しょくする事は出来ないばかりかかえって相手チームとの戦力差を見せつけられただけに終わりました。

 

前回登板で完封勝利を挙げたほか、ここまで勝敗はともかく今季は読売相手に全ての試合でQS以上を記録していた床田寛樹ですが、今日は初回から不安定な投球に終始。

それでも、菊池涼介の信じられないような好捕や西川龍馬の好返球などに助けられて4回まで1失点で抑えていましたが…5回裏に遂に決定的な一発を浴びて5回4失点での降板となったのは大変残念です。

得点がリーグ1位という事実が何かの冗談にしか見えない不安定な打線と、失点を喫する為だけにブルペンで待機しているも同然な投手だらけのリリーフ陣を抱えるこのチームにあって先発が十二分に試合を作るのは勝利の為の大前提なのは言うまでもありません。

それが崩れた以上ははっきり言って5回終わった時点で試合の勝敗は事実上決した試合だったと言い切れるかと思います。

案の定、打線は申し訳程度に2点を返して接戦に持ち込んだふりはしたものの、最終回は無死1塁2塁からクリーンナップが連続三振を喫して相手チームの新人クローザーに遊ばれて試合終了という恥を重ねただけでした。

特に酷かったのが4試合連続で無安打となり完全に打線のブレーキと化した西川龍馬です。

元々、気まぐれでチームを引っ張るという気概の全く感じられない選手ではありますが、ライアン・マクブルームの調子が上向き、小園海斗がようやく復活しつつある状況でこれとは…本当に残念な事。

もっとも、野手の質も層も低いチームにあって外すことは出来ませんので、いつものように何かの気まぐれで立ち直って貰うのを待つしかないでしょう。

所詮は積極的な補強で真摯なチーム作りを継続している相手チームと漫然と編成されただけの私たちのチームの大きな差を埋める事など容易ではないのですから。

5/17(火)●「遠藤は最善を尽くした。でも監督は…」(カープ2022)

読売ジャイアンツ3×-2広島東洋カープ

10回戦(カープ4勝6敗)

 

勝利投手 畠2勝1セーブ

敗戦投手 遠藤2勝3敗

 

本塁打

(C)-

(G)-

 

打点

(C)末包②

(G)ポランコ①中島②

 

投手

※数字は自責点

(C)遠藤③-ターリー

(G)メルセデス②-高橋-畠

 

先発遠藤は初回から安定した投球で8回まで3安打無失点の好投。

打線は、2回表に末包の適時打で先制も以降は僅か3安打の拙攻。

遠藤が続投した9回裏に試合は暗転し逆転サヨナラ負けで2連敗。

------------------------------------------------

首位チームとの本拠内での対戦で全く勝てず、乗り込んだのは4年ぶりのプロ野球開催となる宇都宮。

個人的にはローマのコロッセオも模して設計されたというエピソードが同じ宇都宮駅前のギョーザ像がヴィーナスを模して造られた事を知った時と同じ驚きを感じますね…。

 

一方、試合は2点リードの9回裏で逆転サヨナラ負けを喫するという怒りと失望をファンに提供させる結果になりました。

非常に辛い結果となってしまった試合ですが、それでも先発を務めて8回まで3安打無失点と素晴らしい投球を見せた遠藤淳志は讃えられて然るべきでしょう。

雨天中止が2試合もあった影響で登板がスライドしたのは勿論、自身初の週初めの先発を任せられたにも関わらず、今日はその重責に十二分に答えてくれた形です。

同じく大瀬良大地の登板間隔が空いているのに、彼にわざわざこの役目を与えたベンチの考えは理解できませんでしたが…兎も角も茨城県出身の彼にとっては地元の隣県での凱旋登板。

両親も友人も応援に駆け付けたそうですが、それを力に変えたその投球は圧巻でしたし、感動的でした。

それだけに余計にこの結末は残念ですし納得がいきません。

たった2得点しか取れなかった打線がもっと打っていれば…。

栗林良吏のコンディションが万全であったなら…。

何より伊達や酔狂で指導者を務めているような匹夫が指揮官ではなければ…。

 

もはや言うまでもありませんが、9回表1死満塁の場面で…しかもわざわざ磯村義孝に犠打をさせてまで作った好機ですでに8回終わった時点で既にいっぱいいっぱいだった遠藤に代打を出さず9回裏も続投させたのは明らかな采配ミスです。

先週も週初めの試合でやはり疲れが隠せなかった床田寛樹を続投させて辛うじて上手くいったのに味をしめた監督が調子に乗った結果がこのザマです。

試合後に栗林がコンディション不良だった事を監督があっさり報道陣にバラしていましたが…それを加味してもあの状況では代打を出してより勝利を確実にする方法以外に最善の方法はなかったでしょう。

そもそも、高校野球ですら一人の投手が投げ抜く事が稀となった現代の野球において、遠藤のように実績の少ない投手にとっての完投・完封とは17点も取った前回登板時ほどでないにしても十分な援護が得られた試合でご褒美として与えるものと認識すべきなのです。

 

更にいえば、自身の酷い采配を誤魔化すかのようにチームの重大な内情をあっさり漏らす節操の無さはとても今季監督3年目の人物とは思えません。

一昨年前から再三に渡って佐々岡監督の指揮官としての資質に疑問を呈し続けてきましたが…遂に決定的なものが来たという感すらします。

5/15(日)△「野球偏差値の違い」(カープ2022)

広島東洋カープ5-5東京ヤクルトスワローズ

6回戦(カープ1勝4敗1分)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 

本塁打

(C)中村健1号②

(S)村上12号②

 

打点

(C)中村健②菊池涼①松山②

(S)村上②宮本①長岡①内山①

 

投手

※数字は自責点

(C)アンダーソン⑤-塹江-矢崎-ケムナ-栗林-森浦-薮田-ターリー

(S)石川③-石山②-大西-田口-今野-木澤-コール-マクガフ

 

先発、アンダーソンは初回に先制を許し6回表にも連打を浴びて5回5失点でノックアウト。

打線は5回6回に中村健人の同点本塁打などで2度のビハインドを追いつくも以降は繋がらず。

リリーフ陣が無失点で抑えながら再三のサヨナラの好機を逃し延長12回引き分け。

中村健人はプロ入り初の本塁打を記録。

------------------------------------------------

8回10回12回と再三の勝ち越しの好機全てで田中広輔が無様に三振に倒れた事もあり、勝利を収める事が出来ませんでしたが、試合全体を見れば本来負けが確定していたも同然な試合を引き分けに持ち込めたと見た方が良いかと思えます。

前回は準完全試合で7回無失点という素晴らしいデビューを飾ったドリュー・アンダーソンでしたが今日は初回から先制弾を浴び、以降も外野に鋭い打球を飛ばされるという不安定な投球。

それでも立ち直って5回まで2失点で収めてはいましたが…味方が逆転した直後に打ち込まれて6回途中でのノックアウトは期待していただけに大変残念です。

前回は威力を発揮したフォーシームも今日は明らかに狙い撃ちにされていましたが、しっかりとこの来日初登板間もない投手をリサーチしていたスワローズ首脳陣や、それをしっかりと個々人が意識して打席に立っていた相手選手たちの能力の高さには舌を巻くばかりです。

昨年は前年度最下位から一転して日本一に輝いたこのチーム全体の野球偏差値の高さは、はっきり言ってまだまだカープでは比較にならないと改めて思い知らされます。

また、アンダーソンはほとんど走者を出さなかった前回登板と異なり、今回はセットポジションで露骨に投球が悪くなる事もバレてしまったようですので正直、次回以降は期待するのは難しいでしょう。

 

一方、打線はここ5シーズンで実は負けていない石川雅規相手に好機すら作れない展開が続きましたが中村健人のプロ入り初本塁打で一気に追いつくと菊池涼介の適時打で一時逆転に成功出来ました。

中村健人といえば外野での安定した守備は勿論、その際に盛んにマウンドに向かって声をかけるひた向きな姿が好印象な選手。

そんな彼が今日は上記の本塁打含めて猛打賞と打撃でも活躍な姿を見せてくれたのは嬉しい事です。

何より、守備が安定している選手がしっかり打てるというのはやはりチームのとっても大きい事。

また、コロナ陽性での離脱以来初となる安打が起死回生の同点打となった松山竜平も、先週は本人よりも母親の活躍ばかりが目立っていたようですので何よりです。

また、相手の岩盤とも呼べる強固さとは対照的に豆腐のように脆弱なリリーフ陣が今日は何とか無失点で抑えた事も含めて、全体的に見れば上々の結果と言えるでしょう。

何より上記のようにベンチでも選手でも全てがこちらより上回っていて勝ち目がない格上相手に先発が試合を作るという勝利への大前提が崩れてしまった試合で高望みをしても無意味な事なのですから。

そんな事を考えるぐらいなら少なくとも今季もスワローズ相手にはカープは勝てないという事を改めて覚悟を決めて観戦すべきかと思います。