吹けよ風!打てよアレン!!

カープと趣味の日記

9/30(水)○「不可解な勝利でも光る好救援」(カープ2020)

広島東洋カープ4-1読売ジャイアンツ

17回戦(カープ6勝10敗1分)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 

勝利投手 野村6勝2敗

敗戦投手 田口5勝4敗

セーブ投手 フランスア2勝3敗10セーブ

 

本塁打

(C)鈴木誠19号②

(G)岡本24号①

 

打点

(C)田中広①鈴木誠②長野①

(G)岡本①

 

投手

※数字は自責点

(C)野村-ケムナ-塹江①-フランスア

(G)田口③-田中①-大江-宮國-ビエイラ

 

先発、野村は与四球4で毎回走者を背負いながらも耐えて5回無失点に抑える。

打線は田中広輔の併殺崩れと鈴木誠也の2ランで先制5回裏以外は繋がらず。

2番手ケムナが好救援を見せて塹江、フランスアに繋いで僅差で逃げ切る

------------------------------------------------

勝ち越しは僅か2カードの一方でスイープを2回記録して最終的に9勝15敗2分。

また、チーム防御率は試合前の時点で実に5.35とおおよそプロ野球のチームとは思えないような数字が並んだ「破滅の9月」で最後の試合は意外にも最小失点での勝利となりました。

前回、今日と同じ対戦相手にボコボコに打ち込まれた野村祐輔は、今回も力のないボールでひたすら逃げ回るだけの見ていて残念な投球。

正直、あんな覇気のない投球で無失点に抑えたのは不可解かつ不公平としか言いようがありません。

もっとも、逃げ回るのに必死でとにかく際どいコースに球威のないボールを置きまくるような投球のせいか、5回終わった時点であっさり100球に到達してしまいマウンドを降りたのですから試合を作ったとも言い難い投球とも言えます。

そんな無失点とはいえ内容も結果も微妙極まりない先発のしわ寄せを一新に受けながらも奮闘を見せたのが2番手のケムナ誠。

先制した直後での僅差という場面から登板し、2イニング連続でしっかり3人で相手の強力打線を抑えた事自体が既に大きな仕事ですが、その間に得点圏で打席に立つことを余儀なくされながらも追加点にも貢献すらしてくれました。

苦しいチーム事情はあるものの、到底プロ野球の試合でのリリーフの起用とは思えないようなベンチが与えたメチャクチャな任務を完璧に遂行する姿は何だか見ているこちらも称賛以上に申し訳ない気持ちになります。

 

上記のケムナの起用法は勿論、他にもよく分からないタイミングで盗塁を試みてアウトカウントを相手に献上したり、中盤で代打にわざわざ犠打を試みさせたりと意図が分からない用兵が今日もベンチは目立ちました。

更に打線も打線で漸く鈴木誠也が意地を見せてくれたりもしましたが、全体的には低調な出来でした。

しかし、相手の守備のミスで先制点を貰えたり、ケムナを打席に立たせるというどう考えても失敗としか思えない起用も相手投手が突然ストライクを投げるのを止めたことで追加点になったりと不思議な事が続出したりもして良く分からないうちにある程度のリードを奪う事となりました。

これだけ負けるような要素がてんこ盛りな末に優勝を目前に控えた首位チームに勝利してしまうとなると「勝ちに不思議の勝ちあり」などという使い古された陳腐なフレーズは使いたくないですが…あまりにも訳が分からず脳ミソが腐りそうです。

しかし、それでも勝因を敢えて挙げるなら上記のケムナの素晴らしい活躍になるでしょう。

なんで彼がヒーローインタビューに選ばれないのかが私には理解できませんが…。

09/29(火) ●「戦う前から負けていた」(カープ2020)

広島東洋カープ6-1読売ジャイアンツ

16回戦(カープ5勝10敗1分)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 

勝利投手 菅野12勝

敗戦投手 遠藤2勝4敗

 

本塁打

(C)-

(G)-

 

打点

(C)田中広①

(G)松原①坂本①若林②ウィーラー①岡本①

 

投手

※数字は自責点

(C)遠藤③-中田②-中村恭-菊池保-島内-一岡①

(G)菅野①-鍵谷-高梨-中川-ビエイラ

 

先発、遠藤は3回に逆転を許すと以降も安定を欠き5回3失点。

打線は初回に田中広輔犠飛で先制も以降は拙攻で1得点に留まる。

攻守で見せ所がない試合展開で惨敗を喫する。

------------------------------------------------

開幕以来、リーグ記録となる11連勝を挙げ向かうところ敵なしの菅野智之

この現在、球界でもっとも対戦したくない投手相手に2週連続で相対する事となった遠藤淳志は改めてプロとして同じ土俵に立つ事すら能わないと思えるぐらいの格の違いを見せつけられました。

もっとも劇的な逆転弾を台無しにしてファンを失望させた前回も含めて、今月に入って3試合連続でまったく試合が作れない状態が続いていた中で今回は5回3失点ですから比較的良かった方かと思います。

これが劇的な反撃の開始にはなり得ないとは思いますが…。

 

前回対戦時に長野久義の劇的な本塁打で一時は逆転に成功した打線の方は今日はまったく菅野に歯が立たず開幕12連勝の日本記録をあっさり達成させる事に協力しました。

見せ場と言えば初回の大盛穂の3塁打程度の事でそれ以外は戦う姿勢すら感じられませんでした。

5回裏に手心を加えて貰ったかのように得た無死2塁3塁という好機においても得点の気配すらしない事からもそれは明白です。

特に前述の好機でも凡退した他、3番に「降格」となって以降は無安打と完全にやる気を失ってしまったかのような鈴木誠也の打席での無気力な振る舞いには心底ガッカリさせられました。

自身の不振やチームの低迷など非常にモチベーションが上がりにくい気持ちは分からなくはないですが、自他ともに認めるチームの中核としての自覚がさほど感じられないのは本当に残念です。

チームが低迷期にあっても黙々と結果を残し続けて今や球界を代表する打者となった相手チームの4番である岡本和真とは完全に水を開けられてしまったのは疑いようのない事実。

残り40試合を切った状況で残された時間はありませんが、決してそうでない事を結果で彼が見せてくれる事を祈ります。

09/28(月) ○「素晴らしい完封劇だが…。」(カープ2020)

広島東洋カープ4-0横浜DeNAベイスターズ

21回戦(カープ7勝12敗2分)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 

勝利投手 九里5勝5敗

敗戦投手 京山1勝1敗

 

本塁打

(C)菊池9号①

(De)-

 

打点

(C)鈴木誠①菊池涼②九里①

(De)-

 

投手

※数字は自責点

(C)九里

(De)京山③-伊勢-山崎①-三上

 

九里は序盤に4者連続奪三振など安定した投球を見せて9回を無失点で投げきる。

打線は初回に鈴木誠也犠飛で先制すると菊池涼介の2打点の活躍などで4得点。

最終回のピンチも凌いだ九里のプロ入り2度目の完封で連敗を止める。

------------------------------------------------

既に自身初の年間二桁勝利は届かぬ夢となり、前回登板でも4イニングで5失点とまったく良いところがなかった九里亜蓮

しかし、負ければチーム最下位転落となる今日は打って変わって素晴らしい投球を見せてくれました。

7安打2与四球ながら、力強い投球を見せて強烈なベイスターズ打線を抑えて終わってみれば自身2度目となる完封勝利というこれ以上にない内容と結果。

攻守に渡る菊池涼介の奮闘があったとはいえ、鈴木誠也を3番に置き松山竜平を4番起用するというやや思い切った打線の組み換えもさほど機能しなかった打線の援護は微々たるものという状況でしたから、余計に称賛に値します。

一方で、QSを達成するのが精一杯な最近の投球内容や、10連戦という過密日程の真ん中での登板という事を加味すれば、九里の完封を喜ぶファンに冷水をかけるようで申し訳ありませんが、今日は球数を100球超えた7回で降板をさせるべきだったでしょう。

しかも、7回裏で1死三塁という追加点の絶好の機会で九里に打席が回るというこれ以上にない機会であったのだから尚更です。

幸いにも九里が素晴らしい打棒を見せて自ら追加点を挙げましたが、そんな事は単なる結果論でしかありません。

そもそも、九里を球数関係なしに引っ張り続けて散々な目にあった先日のナゴヤドームでの出来事を忘れたのでしょうか?

案の定、九里は8インング目では、いきなり長打を浴びて得点圏に走者を背負う展開になってしまい贔屓目に見てもフラフラの状態で、どう考えても9回は中2日と登板が空いているヘロニモ・フランスアの助力を乞うべきでしたが…それにも関わらず無頓着に彼をマウンドに送り出すベンチにはただただ唖然としました。

勿論、投手…それも先発投手というものは好調な時では、なかなかマウンドを降りたがらないのは当たり前の事。

どれだけ好調でも次回以降を冷静に見極めて自らマウンドを降りる決断を下せる大人な先発投手などというのは私が知る限りではそれこそ前田健太ぐらいのものです。

そうなると、マウンドに降りたがらない投手を一時の感情に流されずに投手やチームの今後を考えて宥めたうえで次回以降も安定的に活躍出来るように仕向けるのがベンチの仕事の筈。

それを怠って今日のように一時の気分で投手を起用するのなら最初からベンチなど必要ありません。

今に始まった事でもなく就任当初から指摘してきましたが、本当に佐々岡真司という人物は絶望的に指導者として必要な資質が欠けていると改めて言わざるを得ないです

先に書きましたが九里の投球と気迫は本当に本当に素晴らしいものでした。

だからといって「監督が投手を信じて送り出して投手がそれに応えた」などという三文芝居じみた安っぽいフレーズでこの試合を語ることは私には到底認められるものではありません。

09/28(月) ○「素晴らしい完封劇だが…。」(カープ2020)

広島東洋カープ4-0横浜DeNAベイスターズ

21回戦(カープ7勝12敗2分)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 

勝利投手 九里5勝5敗

敗戦投手 京山1勝1敗

 

本塁打

(C)菊池9号①

(De)-

 

打点

(C)鈴木誠①菊池涼②九里①

(De)-

 

投手

※数字は自責点

(C)九里

(De)京山③-伊勢-山崎①-三上

 

九里は序盤に4者連続奪三振など安定した投球を見せて9回を無失点で投げきる。

打線は初回に鈴木誠也犠飛で先制すると菊池涼介の2打点の活躍などで4得点。

最終回のピンチも凌いだ九里のプロ入り2度目の完封で連敗を止める。

------------------------------------------------

既に自身初の年間二桁勝利は届かぬ夢となり、前回登板でも4イニングで5失点とまったく良いところがなかった九里亜蓮

しかし、負ければチーム最下位転落となる今日は打って変わって素晴らしい投球を見せてくれました。

7安打2与四球ながら、力強い投球を見せて強烈なベイスターズ打線を抑えて終わってみれば自身2度目となる完封勝利というこれ以上にない内容と結果。

攻守に渡る菊池涼介の奮闘があったとはいえ、鈴木誠也を3番に置き松山竜平を4番起用するというやや思い切った打線の組み換えもさほど機能しなかった打線の援護は微々たるものという状況でしたから、余計に称賛に値します。

一方で、QSを達成するのが精一杯な最近の投球内容や、10連戦という過密日程の真ん中での登板という事を加味すれば、九里の完封を喜ぶファンに冷水をかけるようで申し訳ありませんが、今日は球数を100球超えた7回で降板をさせるべきだったでしょう。

しかも、7回裏で1死三塁という追加点の絶好の機会で九里に打席が回るというこれ以上にない機会であったのだから尚更です。

幸いにも九里が素晴らしい打棒を見せて自ら追加点を挙げましたが、そんな事は単なる結果論でしかありません。

そもそも、九里を球数関係なしに引っ張り続けて散々な目にあった先日のナゴヤドームでの出来事を忘れたのでしょうか?

案の定、九里は8インング目では、いきなり長打を浴びて得点圏に走者を背負う展開になってしまいどう考えてもフラフラの状態で、どう考えても9回は中2日と登板が空いているヘロニモ・フランスアの助力を乞うべきでしたが…それにも関わらず無頓着に彼をマウンドに送り出すベンチにはただただ唖然としました。

勿論、投手…それも先発投手というものは好調な時になかなかマウンドを降りたがらないのは当たり前の事。

好調でも次回以降を冷静に見極めて自らマウンドを降りる事が出来る先発投手というのは私が知る限りではそれこそ前田健太ぐらいのものでしょう。

そうなると、マウンドに降りたがらない投手を一時の感情に流されずに投手やチームの今後を考えて宥めたうえで次回以降も安定的に活躍出来るように仕向けるのがベンチの仕事の筈。

それを怠って今日のように一時の気分で投手を起用するのなら最初からベンチなど必要ありません。

今に始まった事でもなく就任当初から指摘してきましたが、本当に佐々岡真司という人物は絶望的に指導者として必要な資質が欠けていると改めて言わざるを得ないです

先に書きましたが九里の投球と気迫は本当に本当に素晴らしいものでした。

だからといって「監督が投手を信じて送り出して投手がそれに応えた」などという三文芝居じみた安っぽいフレーズでこの試合を語ることは私には到底認められるものではありません。

 

09/27(日)●「僅差だが一方的」(カープ2020)

広島東洋カープ1-3横浜DeNAベイスターズ

19回戦(カープ6勝11敗2分)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 

勝利投手 大貫7勝4敗

敗戦投手 中村祐2敗

セーブ投手 三嶋1勝1敗11セーブ

 

本塁打

(C)松山5号①

(De)梶谷15号①

 

打点

(C)松山①

(De)梶谷①佐野①

 

投手

※数字は自責点

(C)中村祐②-ケムナ-塹江①

(De)大貫①-平田-パットン-三嶋

 

先発、中村祐太は2試合連続で先頭打者本塁打を浴びて初回から失点も以降は抑えて6回2失点。

打線は、大貫を前回対戦に続いて打ち崩せず松山の本塁打による1得点のみ。

先発が試合を作るも連日の拙攻で惨敗し2連敗で2カード連続の負け越し。

------------------------------------------------

Jスポーツの中継が始まった途端に見た光景から「お、今日は試合前の打撃練習から中継してくれているのか」と勘違いしてしまいましたが…そうではありませんでした。

前回登板において、プロ野球史上四半世紀ぶりとなる先頭打者から3者連続で本塁打を浴びるという記録を残した先発の中村祐太はなんと今日も2試合連続先頭打者本塁打により失点。

2試合連続で先頭打者本塁打を浴びた投手というのはあまり聞いた事がない記録で恐らく球団史上でも初なのではないでしょうか?

正直、この時点で試合を見る気が無くなってしまいましたが、これまた前回同様に中村祐太は2回以降では無失点の投球。

前回とは異なり途中で足を吊る事もなく6回まで投げ抜いて今週に入ってたった2人しか達成者がいないQSを記録しました。

その甲斐あって今日は3失点のみで終わりましたが、その割には一方的な展開に見えたのは連日の貧打を見せる打線の低調さでしょう。

前回対戦時にプロ入り初完投を許し、その後は今日まで1勝も出来ていない大貫晋一にまたしても歯が立たず6回2/3で3安打しか打てない体たらく。

福谷浩司などと対戦している時もそうですが、一旦苦手になると何度も何度もリクエスト時の検証動画のように同じ事を繰り返す様は、改めてこのチームに学習能力も修正力もベンチ、選手ともに欠如している事を示しているという事でしょう。

 

また昨日、久しぶりのスタメン出場で先頭打者安打を放ったもののその後は尻すぼみだった野間峻祥と今週に入ってまったく安打を打てず打率も2割を切りそうなアレハンドロ・メヒアをスタメンに据えるという意図が行方不明な起用がかえって混乱を招いたように思えます。

そもそも勝った負けた以前に、今季キャリアハイの堂林翔太や、今一番注目の若手である大盛穂を差し置いて一軍の打席に立っているのが不可解でしかないレベルの彼らのような選手をスタメンに出すなど、制限解除でようやく球場に来ることが出来た…次いでに言えば球団の販売システムのショボさから壮絶な争奪戦を強いられたチケットを勝ち取った来場者に失礼とは思わなかったのでしょうか?

まったくもって理解できないです。

09/26(土)●「カープに入団さえしなければ…」(カープ2020)

広島東洋カープ2-5横浜DeNAベイスターズ

19回戦(カープ6勝11敗2)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 

勝利投手 濱口6勝4敗

敗戦投手 森下6勝3敗

セーブ投手 三嶋1勝1敗10セーブ

 

本塁打

(C)-

(De)宮崎12号①オースティン9号①

 

打点

(C)田中広①鈴木誠

(De)宮崎①倉本①オースティン①ロペス②

 

投手

※数字は自責点

(C)森下④-菊池保-中村恭-一岡①

(De)濱口②-エスコバー-石田-三嶋

 

先発、森下は初回から不安定な投球で11安打を浴びて7回4失点で試合を作れず。

打線は初回に田中広輔鈴木誠也の適時打で先制も以降は2安打の拙攻。

2回以降は投打で圧倒される惨敗で今季のベイスターズ戦での負け越しが確定。

------------------------------------------------

そういえば、ちょうど2年前の今日は球団史上初のリーグ3連覇と27年ぶりの本拠地優勝を決めた日。

あれから僅か2年しか経ってないのに随分と遠い昔の思い出のように感じてしまうのはその間にチームがすっかり変わり果ててしまったからでしょう。

「優勝」という言葉を唱える事自体が冗談でしかなかった4年前の今頃と同様に昔の栄光に縋り付くしかなくなった「惨めなファン」である私達にとって今季残された楽しみは新人・森下暢仁の新人王ぐらい。

しかし、期待に反して森下は前回ノックアウトされてベイスターズ打線にまったく歯が立たず初回から走者を出すと以降も低調な投球。

あっさり序盤に追いつかれると暴投による失点というらしくない形であっさり逆転されてQSすら達成出来ず。

また、7回以外は全てのイニングで走者を背負い内容的にも見るべきところはほとんどありませんでした。

それでも打線の援護がある程度あればまだ可能性はあったかもしれませんが…。

打線も打線で初回こそはもはや大変珍しい光景と化した鈴木誠也の適時打などで幸先よく2点を奪取したものの、濱口遥大に完璧に抑えられて2回以降はたった2安打という体たらく。

前回、前々回で森下が投げている間に入った援護点は今回あわせても都合僅か5得点。

正直、どれだけ良い投手でもこれだけ援護が無ければ勝ち星を挙げる事など不可能でしょう。

残り40試合を切った状態で6勝という事と、現状のチーム状況に過密日程。

これらを客観的に考えますと、上記いずれの点でも目下の対抗馬である戸郷翔征と比べて圧倒的に不利なのは明らかです。

残念ながら森下の新人賞の可能性は今日をもって完全に消滅したと見なした方が良いかと思います。

こういう事は言いたくないですが「入団したチームがカープでさえなければ二桁勝利も新人王も思いのままだったのに」と思わざるを得ません。

彼が今後どのような野球人生を送るかは分かりませんが、プロ野球投手としてたった1度しかない機会を潰された恨みが数年後に禍根を残す事になるかもしれません。

 

09/25(金)○「消極的かつ無神経で怠惰」(カープ2020)

広島東洋カープ5-3横浜DeNAベイスターズ

18回戦(カープ6勝10敗2分)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 

勝利投手 床田2勝6敗

敗戦投手 井納6勝5敗

 

本塁打

(C)田中広6号②

(De)佐野13号①

 

打点

(C)ピレラ①田中広②松山①大盛①

(De)佐野①ソト②

 

投手

※数字は自責点

(C)床田①-塹江-フランスア

(De)井納⑤-平田-三上-パットン

 

先発床田は再三のピンチを凌ぎきり7回1失点の好投。

打線は、序盤にピレラの適時打などで3得点を挙げると6回裏も加点。

最終回にフランスアが2失点を喫するも逃げ切りに成功し連敗を4で止める。

------------------------------------------------

コロナウイルス感染防止の為の制限が解除され今季初めて定員の半分の観客を入れる事となったマツダスタジアム

しかし、その矢先にウエスタン・リーグで対戦しているタイガースやバファローズの選手やスタッフからコロナウイルス陽性者が相次いで判明するというニュースが影を落としました。

両チームとも厳格に選手たちに外食の制限を設けていたとの事ですから、その範囲内でこういう事態が起きた以上は、大変不幸な事故としか言いようがありません。

とにかく改めて無事にシーズンを終了出来る事を祈るのみです。

 

試合は、防御率6点台という悲惨極まりない床田寛樹と、今季の勝ち星の半分をカープから奪取している井納翔一という先発の組み合わせを見た時点で勝負は決まったようなものに見えましたが、意外にも床田の好投がそうはさせませんでした。

被安打8と打たれまくりながらも何とか耐えて、9奪三振に7回1失点と、昨年の活躍を僅かながら思い出させる投球。

もっとも、おおよそプロ野球チームの一軍で先発ローテーションを務めているのが悪い冗談にすら見えるぐらいにここまで打たれに打たれまくっていた投手ですからたまにはこんなマグレもあるのだろうぐらいにしか今は思えないのもまた確かです。

それだけの6回終えた時点で球数が100近くになっており追加点の好機で打順が回ってきた床田に代打も送らず犠打を試みさせて失敗し続投させあわや逆転という危機のまで陥らせた信じがたいほど消極的かつ無神経で怠惰なベンチの采配には慄然としました。

これに比べれば最終回のヘロニモ・フランスアの不安定な投球など取るに足らない事象です。

上記の通り防御率6点台でまともに5回すら持たない投手が何とか6回まで耐えたにも関わらず、それを意図的に台無しにするかのようなこの振る舞いは言語道断で「床田を信じた結果」などという頭の悪い妄想など、愚にもつかない言い訳にすらならないでしょう。

監督や投手コーチは、苦手投手からどうにか5点を奪取した野手陣から試合が終わった後のロッカーで2、3発張り倒されるべきとすら思えます。